まんが

2018年1月 2日 (火)

須藤佑実さん「ミッドナイトブルー」★夜空を見上げながら友を想ふ


新年あけましておめでとうございます。
2018年は、穏やかに優しい一年を
元気に明るく過ごせたらいいですね。

今夜は、2018年で最初の満月fullmoon
冷たく澄んだ空気の中で、
月がとっても明るく光っています。


そんな夜空を見上げながら、
今年最初に手に取った漫画は、

須藤佑実さんの「ミッドナイトブルー」

FEEL YOUNGに連載された7話の短編を
2016年にまとめて出版された単行本。
私の大好きな、大切な一冊。
切なさが胸に沁みてくる作品たちconfident

Pict1


ミッドナイトブルー
「ごく暗い紫みの青」
ほとんど黒に近い濃紺。

どの話も、
切なくて、寂しくて、悲しくて
でも深く優しい読後感。
どんなに暗くとも、
その中にわずかな希望の青がある。

単行本の最後に掲載され、
本のタイトルにもなっている「ミッドナイトブルー」
2003年、
高校生活最後の夏を過ごす天文部の4人。
卒業しても2年に一度、
火星が地球に最接近する時に
集まることを約束した4人だったが
その直後、発案者の女の子「みのる」が
交通事故で他界してしまう。


大学進学し、
社会人となり、
結婚し、
30歳も過ぎ、
部室も解体され、


それでもなお、約束を守り
2年に一度、集まり続ける3人。
そしていつもそこに寄り添う幽霊の「みのる」。

残された人たちと、
2年に一度の日を待ち続ける人の、
切なさと、恋しさと、愛おしさが混ざり合って、
不思議な雰囲気を作り出しています。
須藤さんの描かれる話は、
なんとも言えない優しさがある。

大好きな作家さんですが、
寡作なんですよね。。。
2年前のこの本以来、
まだ次の本が出ていないweep
ああ、早く次回作が読みたいです。

 

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村


2017年12月31日 (日)

2017年にブログに書かせていただいた漫画たち


今年もなんとかそれなりに過ごす事ができました。
数ヶ月ブログを書かなかったりと、
かなりサボった一年でしたが、
漫画の記事を並べてみると、意外と書いてる。
というか、ブログでほぼ漫画のことしか書いていないsweat02


笑ったり、涙したり、
感動したり、感心したり。
今年完結だったり、
今年から連載が始まったり、
読み切りだったり。


今年もいっぱいのものを
いっぱいの方からいただきました。
全ての作品、作家の方々に感謝です。


来年もいっぱいの素敵な作品に
出会えますようにconfident



★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜



大今良時さん「不滅のあなたへ」★雰囲気がかなり変わった?
増田里穂さん「スタンドバイミー・ラブレター」★瑞々しさ満載の夏の恋
「木根さんの1人でキネマ」3巻★エヴァの終わりはいつなのか?
増田里穂さん「メイビー・ビタースイート」★「STAND BY ME, LOVE LETTER」の対になる作品
「ダンジョン飯」4巻★マルシルの正体は。。。
「とんがり帽子のアトリエ」の掛け替えカバーが可愛すぎる♪
Kiss 4月号「逃げ恥」番外編は百合ちゃんで♪
「それでも町は廻っている」16巻★いつか終わりは来るけれど、、、
はしゃさんの「フィリピンではしゃぐ。」★最高に楽しいフィリピン留学記
「彼女のひとりぐらし・大盛」★自堕落って素敵♪
「僕らはみんな河合荘」9巻★いきなり、青春ラブコメ化ですか!?
で、クラシック・ロックとは?★冬目景さん「空電ノイズの姫君」
横槍メンゴさん「めがはーと」★心理描写にゾクッと
tMnRさん「たとえとどかぬ糸だとしても」★いつか救いがあってほしい
仲谷鳰さん「やがて君になる」4巻★燈子のすきなもの、侑のすきなもの
魔女はホリデー快速で上京する★丸紅茜さん「おくたまのまじょ」
実力者が継続するとすごい事が起きると実感★谷川史子さん「告白物語おおむね全部」
高野ひと深さん「私の少年」3巻★聡子の閉塞感がリアルすぎて怖い
「私の少年」15話★グッとくる。そして表紙がネタバレだ。。。
「淡島百景」2巻★情念にあふれた志村貴子ワールド・第二幕
次の一歩へ★筒井百々子さん「たんぽぽクレーター」
「からかい上手の高木さん」6巻★結末知った上で読むと更にドキドキです。
段々と飯率が減ってる「ダンジョン飯」5巻
やっぱり設定解説が細かすぎて読めない : 「ウィッチクラフトワークス」11巻
今回も、さよちゃんの優しさ100%です : 平方イコルスンさん「スペシャル」2巻
今回のヒロインも色々背負ってる、淡島百景・14話「大久保あさ美(前編)」
「青春しょんぼりクラブ」15巻 : デレる隠岐島先輩が可愛い
「パレス・メイヂ」7巻 : 彰子と御園の未来を読みたくなる結末
二駅ずいさん「レンチンガール」 : 頼む、連載してください!
ミニ画集付き特装版が素晴らしすぎる! : 白浜鴎さん「とんがり帽子のアトリエ」2巻
「私の少年」16話 : 聡子さんの救世主?登場!
あきづき空太さん「綻びのランプ」 : 5年ぶり!の読み切り
丸紅茜さん「上海は月の影」 : ひとり旅の素敵が溢れる本
子育てあるある大全! 吉川景都さん「子育てビフォアアフター」
それは愚者の選択なのか? : 「魔法使いの嫁」8巻
弥生美術館の「命短し恋せよ乙女」 : マツオヒロミさんの大正浪漫に包まれて
「波よ聞いてくれ」4巻 : 釧路のスパカツって?
「私の少年」17話「ラジオ」 : 真修と菜緒ちゃんの青春も
水谷フーカさん「満ちても欠けても」 : ラジオを愛する人へ
冬川智子さん「深夜0時にこんばんは」 : 人生にはいつもラジオがいる
コマツシンヤさん「午后のあくび」★大切な人に贈りたくなる本
「大上さん、だだ漏れです。」★大上さんの可愛らしさが大好き!
田村茜さん「モブ子の恋」★人生は誰もが主役
「たとえとどかぬ糸だとしても」2巻★好きな人に必要とされる事
「私の少年」4巻★美中学生・真修のかわい優しさがたまらんです
「からかい上手の(元)高木さん」★並行世界の話と思って読もう
はしゃさん「さめない街の喫茶店」★絶品の絵で、絶品のスイーツを
忘れられないコト★優さん「五時間目の戦争」

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村


2017年12月29日 (金)

忘れられないコト★優さん「五時間目の戦争」


今年も多くの漫画やイラスト、
そして、それらに関係する様々な出来事に接してきましたが、
2017年という一年を振り返った時、
どうしても脳裏に焼き付いて離れない本があります。

優さんの「五時間目の戦争」

全4巻。
ヤングエースで3年間かけて連載された、
優さんの初オリジナル単行本。
(先に出版された「おおかみこどもの雨と雪」はコミカライズ作品だったので)

Pict1


まだ暑さが残る9月に、
優さんの旦那様のTwitter投稿で、
優さんが7月に他界されていたことを知りました。
SNSで、優さんが体調崩されていたことは
知っていたのですが、、、
時期的にも「五時間目の戦争」の後半は、
お辛い中での執筆だったのかもしれません。

”何かよくわからない敵”との戦争になった日本(全世界?)。
瀬戸内の、のどかな離島で暮らす中学生にも
次第に戦争の足音が忍び寄り、
戦況が悪化する中、
ついに金曜日の五時間目の授業が
「戦争」
という科目に変わる。
戦う相手も分からないまま順番に戦場に送り出される子供達。
何も語らないまま子供達を戦場に送り出す大人達。
そして次第に、相手の目的が
”侵略”では無いことに気がついていく。


優さんのとてもほのぼのと柔らかい絵柄、
子供達の屈託のない笑顔が、
楽しい青春時代を過ごすはずだった彼女・彼らの
かけがえのない日々を奪っていく
戦争の凄惨さを突きつけてきます。


読むだけでも結構しんどい話なのに、
体調優れない中、これを描かれた優さんは
どれだけしんどかっただろう。


”あとがき”の最後に書かれた言葉

「また新しい作品でおあいしましょう」


優さんの作品、ずっと忘れません。

 

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村

2017年12月18日 (月)

はしゃさん「さめない街の喫茶店」★絶品の絵で、絶品のスイーツを


強い寒気に包まれた冬の日。
こんな日は、この本で温かく。

はしゃさんの「さめない街の喫茶店」

大好きなはしゃさん初の商業単行本。
はしゃさんの本を本屋さんで手に取れるなんて、
嬉しいわぁheart
すっごくオススメな本ですshine

Pict50


ルテティア第4区にある
小さな喫茶店”キャトル”
いつもどおりにアパートのベッドで眠りについた
スズメちゃんは、
目が覚めると、このさめない街に。
現実世界で目が覚めるまでの、
小さな喫茶店での、
しばしの空想の世界を。

はしゃさんの繊細な線で描かれた
女の子はとても可愛く、
スイーツはとても美味しそうで、
コーヒーは素敵な香りが。
本当に味や匂いを感じそうな、
とても美しい絵と優しいお話confident

世界を旅しながら絵を描かれるはしゃさん、
今はニュージーランドにいらしゃるんですよね。
次は、旅の話も
商業紙で出して欲しいなぁ...

 

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村


2017年12月16日 (土)

「からかい上手の(元)高木さん」★並行世界の話と思って読もう


テレビで年賀状のニュースをやっていて
ああ、もうそんな季節かと思いながら、
ああ、今年もギリギリまで書かないんだろうなぁ
と、ちょっと憂鬱になるcoldsweats01

現実逃避で今日も漫画の本を。

稲葉光史さん(原作:山本崇一朗さん)の
「からかい上手の(元)高木さん」1巻

山本崇一朗さんの「からかい上手の高木さん」の
スピンオフ作品。

Pict11


中学生の「西片くん」と「高木さん」の物語が
まだ続いているのに、
二人が結婚して、「高木さん」が「西片さん」になり
子供もいる話が並行して別に描かれているのは、
なんか不思議な感じ。
普通、中学生のこの二人は将来付き合うんだろうか?
などと想像しながら話が進むのに、
結末が先に描かれてるとは。

稲葉光史さんは、すごく原作に絵柄を似せてるけど、
巻末のおまけで山本崇一朗さんの(元)高木さん読むと、
ああ、やっぱり高木さんの

西片が大好きすぎて思わずからかっちゃう

あの可愛らしさは、
残念ながらちょっと及ばないなー、
って思った1巻でしたhappy01

並行世界の話と思って読むと、
ちょうどいい塩梅かな。

 

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村


2017年12月14日 (木)

「私の少年」4巻★美中学生・真修のかわい優しさがたまらんです


昨日、寒いなーって思ったけど、
今日はさらに寒い。。。
むちゃくちゃ寒い。
朝、車のフロントガラスがカチカチに凍ってた。


で、帰宅後に家でぬくぬくと

高野ひと深さんの「私の少年」4巻

を読む。
真修、いきなり”美”中学生です

Pict10


4巻の冒頭を飾る
15話”再開”
をブログに書いたの、7月の暑い最中でした。
あの時「単行本のお楽しみ」と書いた
ネタバレ話が懐かしい。

ので、コメント欄に書いたネタバレを再掲載coldsweats01

いや、もう、
真修の”美”中学生の姿と優しさがたまらないです。
そして今回も一生懸命”常識的な大人”に振舞おうと
苦悩する聡子さんが切なくも、可愛らしいですheart




(ネタバレ再掲)



二人で会っていたのが親にバレて
聡子さんが仙台に飛ばされ、
会えなくなった真修ですが、
届かなくても、
2年間聡子さんへメッセージを送り続けます。
むちゃくちゃ切ないです。。。
そして中2の修学旅行で仙台に行った真修は、
聡子さんと奇跡の再会を!
(ここが3巻ラストシーンでしたね)。

自分を責め、聡子さんに謝り続ける真修weep
ぎこちないままサヨナラをした二人ですが、
真修を追いかけてきた聡子さんは、
冷え切った真修の首に、
自分のマフラーをそっとかけてあげます。
その時真修が聡子さんに伝えた言葉

「全部かなわなくて全然いい」
「会えたから」

可愛くて、もうたまらないですconfident
真修から連絡先を渡された聡子さんが、
苦悩し、
渡した真修も苦悩し。
さてこれからどうなるか!?
な、4巻でしたsweat02

早く次読みたい!

 

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村

2017年12月10日 (日)

「たとえとどかぬ糸だとしても」2巻★好きな人に必要とされる事


最近めっきり寒くなって、
朝起きるのが辛いですが、
冬は色々重ね着したりアレンジしやすくて、
街の女の子たちの服装も、
冬の方が個性が出てる感じがして私は好きheart

今夜も暖かい部屋で
のんびり好きな漫画を。

tMnRさんの「たとえとどかぬ糸だとしても」2巻

半年ぶりの新刊ようやく読めた。

Pict11


高校生のウタちゃんが好きになったのは
幼馴染で、実の兄のお嫁さんの瑠璃さん。
というGL本ですが、
決して届くことにない糸に絡みとられ、
本心を表に出せなくなってしまったウタちゃんに
転機が訪れ、な2巻ですが、
とにかく今回もカバーイラストがとっても美しかった。
川谷康久さんのデザインも相変わらずな素晴らしさshine

人を好きになるという事は、
その人が自分の人生に必要となる事。
そして、
好きな人に必要とされる事は、
人生に輝きをもたらしてくれる。

それは、恋人でも、家族でも
友人でも、
きっとクリエーターとファンでも、
同じなんだろうなぁ、と
思ってみたりした2巻でしたconfident

 

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村


2017年12月 7日 (木)

田村茜さん「モブ子の恋」★人生は誰もが主役


モブキャラ
mob character
英語にすると、あまり良い響きではないですね。

背景に描かれる、名もなき人々。
そんな目立たない一人の女の子に焦点を当て
彼女の恋を描いた

田村茜さんの「モブ子の恋」

優しい、優しいお話です。

Pict14


地味で大人しく目立つのが大の苦手な
大学生の女の子・田中信子さん。
自らをモブキャラ認定している彼女が恋したのは、
バイト仲間の入江くん。
周囲の目を過剰に気にして、
何事も消極的にネガティブに考えてしまう彼女は、
入江くんと、
他のバイト仲間たちに支えられて、
”脇役”から”主役”へと少しづつ変わっていく。

当たり前のことだけど、
どんな人でも、
その人の人生の中では自分が主役。
他人がどう思おうと自分が主役。
そしてそれを認めてくれる人が必ず居る。

「モブ子の恋」は、
信子ちゃんだけでなく、
彼女の周囲の人が、
信子ちゃんの考えをとても尊重していて
優しい、優しい気持ちになれる。


前作「たそがれメモランダム」から
だいぶ時間が空いてしまったけど
やはり田村茜さんの作品は、温かくていいなぁconfident

 

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村


2017年12月 5日 (火)

市川春子イラストレーションブック「愛の仮晶」★溜息出るほど全てが美しい


昨晩はスーパームーン。
大きさはいつもとあまり変わらない感じでしたが、
とにかく明るかった。
あんな明るい月、初めてかも。


で、今宵は、

市川春子イラストレーションブック「愛の仮晶」

を堪能。
ページをめくる度に溜息が出るほど、
どれも美しい。
カバーイラストはキラキラですshine

Pict10


今回も、市川春子さんが、
装丁/構成/デザインの全てを自ら行われ、
細部まで凝りまくり。
カバーを外すと出てくる絵も、
ああ、なるほど、、、と♪

宝石の国だけでなく、
昔の作品も満載。
そして、何と、
全ての作品に市川春子さんのコメントがhappy01
「読まなくても一向に構わない」
とクールに書かれてましたが、
もちろん全て熟読ですheart

フォス、可愛いなぁconfident

 

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村


2017年12月 3日 (日)

「大上さん、だだ漏れです。」★大上さんの可愛らしさが大好き!


すっごく久しぶりの
コミックの感想。
最近一番楽しめた作品、


吉田丸 悠さんの「大上さん、だだ漏れです。」2巻

この本、大好きなんですよ。
大上さんの可愛らしさが、
ほんと凄いheart

Pict10


触れた相手が、つい本音を話してしまう
特異体質の高校生、柳沼くん。
そんな彼を好きになってしまった
同級生の妄想少女、大上さん。
普通に健全(ちょっと妄想過多)な
大上さんのリビドーは、
今日もうっかり柳沼くんに漏れてしまい。。。


オビのコピーやカバー裏面の解説が、
めっちゃエッチな漫画に煽ってますが、
内容はいたって健全な青春コメディ。
(エッチなシーンなど全く出てこないcoldsweats01


純粋な故に妄想に走ってしまい、
挙げ句の果てに、
アクシデントで柳沼くんに触れて
過剰妄想を口にしてしまう大上さんと、
パニくる大上さんを全て受け流す柳沼くんの
二人がとっても爽やかで可愛いんですよhappy01
そして、柳沼くんの無実を晴らすため、
自ら彼を掴んで、
心の内をだだ漏れさせる大上さんが
とってもいい子なんですよconfident


3巻は来年4月発売。
楽しみです!


にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村


より以前の記事一覧

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ