« 水谷フーカさん「満ちても欠けても」 : ラジオを愛する人へ | トップページ | コマツシンヤさん「午后のあくび」★大切な人に贈りたくなる本 »

2017年9月29日 (金)

冬川智子さん「深夜0時にこんばんは」 : 人生にはいつもラジオがいる


今日はすっきり晴れて、
月がきれいに見える。
秋の夜長、って感じになってきましたね。


さてラジオにまつわる話が続いたので、
もう一つ漫画のご紹介。

冬川智子さんの「深夜0時にこんばんは」

です。

Radio



「波よ聞いてくれ」や「満ちても欠けても」は
ラジオの作り手側のお話ですが、
「深夜0時にこんばんは」は、
ラジオのリスナーのお話。


深夜0時から始まる、
御手洗真の「ミネラルラジオ」
その番組の三人のリスナーを描いた作品。

好きな人を想い涙するイラストレーターの女の子だったり、
クラスメイトの女子に夢中な中学生の男の子だったり、
自分の存在意義に悩みため息をつく主婦だったり、

色々な場所で、
色々な事情を抱えた、
色々な人が、
同じ深夜ラジオに、
癒されたり、背中を押されたり、
悲しい現実を突きつけられたり。


今の季節の深夜に
ちょうど良い、雰囲気のある作品。

ラジオって、
特に深夜に流れる番組って、
ながら聴きしながらでも、
不思議と心に入ってくる瞬間がある。
ましてやそれが生放送であれば、
目の前で語りかけてくれているような感覚になる時がある。
深夜のファミレスで友達とたわいない話をしているような。
それは大人になった今でも、
私の中では変わっていない気がします。
どうしても寝付けない夜は、
スマホやテレビではなく、
私はやっぱりラジオを最初につけてしまうものconfident

 

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村


« 水谷フーカさん「満ちても欠けても」 : ラジオを愛する人へ | トップページ | コマツシンヤさん「午后のあくび」★大切な人に贈りたくなる本 »

コメント

こんにちは♪
ラジオ、気付けばずいぶん聞いてないな…と思い、
久しぶりに聞いてみようと今ラジオを探してます(笑)
(スマホになりそうな…coldsweats01

中高生の時の勉強の傍らに、
大学時代のテレビなしだった時の傍らに、
聴覚から聞こえてくる声や音に、
励まされたり、流行の歌を知ったり、想像力もかき立てられました。

テレビのかけ流しはどうしてもスルーしてしまうけど、
聴覚は想像以上に耳に入ってくる情報が多いのに驚きます。


こんにちは、凩さん⭐️
そして1ヶ月以上の遅レス、ごめんなさいm(_ _)m
スマホのラジオ便利ですよね。
たまに疲れた深夜の電車とかでスマホで聴いてます。

ラジオって不思議な存在ですよね。
テレビやSNSとは違った距離感で、
遠すぎず近すぎず、な感じがしています。
今の時代、経営的には大変なんでしょうけど。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1743168/71843299

この記事へのトラックバック一覧です: 冬川智子さん「深夜0時にこんばんは」 : 人生にはいつもラジオがいる:

« 水谷フーカさん「満ちても欠けても」 : ラジオを愛する人へ | トップページ | コマツシンヤさん「午后のあくび」★大切な人に贈りたくなる本 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ