« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月27日 (木)

「淡島百景」2巻★情念にあふれた志村貴子ワールド・第二幕


私の大好きな志村貴子さんの、
私の大好きな

「淡島百景」第2巻

が、ようやく、二年ぶりに出ました。
うれしー!
淡島の物語、第二幕の開幕ですshine

Pict10


淡島歌劇学校を舞台にした青春群像劇。
夢や、成功や、挫折
友情や、憧れや、嫉妬
様々な想いが住み着く
淡島という世界に囚われた人々が
時間を超えて交わり、紡がれていきます。

第二巻の表紙を飾る伊吹桂子さん。
絶世の美女と謳われた淡島のスターを
祖母に持ち、
三代に渡って淡島に囚われ続けた彼女が
振り返って想うのは、
友への懺悔か?
叶えられなかった夢か?
自らの呪われた運命への怒りか?


ふとした表情や、たった一行の言葉で
深い情念を表してしまう志村貴子さん
流石です。
青い花から受け継がれた世界観、
今回も上田良子さんが素敵に登場heart


あとがきで、
3巻はもっと早いペースで
と志村さんが書かれてましたが、
何年でも待つので、
ゆっくりとこれらも描き続けてくださいconfident

 

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村


2017年7月25日 (火)

「私の少年」15話★グッとくる。そして表紙がネタバレだ。。。


最近自重していた、
購読してない雑誌の表紙買い、
またやってしまいました。。。
いや、色々ストレスが溜まって、蒸し暑かったのでsweat02


で、思わず買ってしまったのは、
”月刊アクション9月号”
え、もう9月号なんだcoldsweats02


だって表紙が真修だったし、
高野ひと深さんの「私の少年」15話が、
大幅増量で載ってるし、
私の少年のかけ替えブックカバーが付録で付いてるしheart


いやもう、
先日出た「私の少年」の第3巻の衝撃のラストシーンで
どうしても続きが読みたくて、読みたくて(>_<)


しかしまあ、なんと、
雑誌の表紙が思いっきり3巻のラストシーンの
ネタバレじゃないですかcoldsweats01

Pict10


高野さんご自身が、
Twitterに表紙の絵をアップされて、
そのあと、「や、やべえ」と呟かれてるのに
大笑いしてしまった第15話。

それにしても、
どうやったら真修のようなピュアで優しい男の子が
出来上がるのだろう。
聡子さんの、思わず守りたくなる気持ち
分かるわ〜!
な、とってもグッとくる15話でしたconfident
雑誌買った甲斐あったgood

 

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村


2017年7月13日 (木)

高野ひと深さん「私の少年」3巻★聡子の閉塞感がリアルすぎて怖い

連日蒸し暑い日が続いて、
もうすっかり夏。
こんなに暑いと、
ブログ書く気力も、
マンガを読む気力さえ湧いてこない。。。

そんな全くダメな私の清涼剤、

高野ひと深さんの「私の少年」

3巻が昨日発売されて一気読み。
すっかり大ブレークして、
どこの書店行っても大量に平積みされてたgood
だって面白いし、ドキドキだしshine

Pict10


30歳、独身、彼氏なしの聡子さん。
彼女が出会ったのは、
小学生6年生の美少年、真修。
ワケありの家庭の中「いい子」でいようと
必死で振る舞う真修と、
溜息の出るような日々を過ごす聡子さんは、
気がついたらお互いを支え合う
かけがえのない存在になっていて、、、

いわゆる"おねショタ"ジャンルの話ですが、
もの凄いピュアさと、
ギリギリの危うさが入り混じって、
毎話、目が離せません(>_<)

3巻は、今まで以上に、
「あぁぁ...」となったり
「わあ!」となったりな感じでsweat02

それにしても、
聡子さんの閉塞感が半端なくリアルすぎて
今回もめっちゃ凹みましたよweep

恒例の、巻末の編集さんとのやりとりが、
可笑しくも怖かった。
そしてPixivに掲載されてる高野さんと
編集さんとのやりとりが、
プロフェッショナル過ぎて恐ろしかった。
素晴らしい作品を生み出す影には、
大変な苦労があるのね。。。

 

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村

2017年7月 3日 (月)

実力者が継続するとすごい事が起きると実感★谷川史子さん「告白物語おおむね全部」


いよいよ台風がやってくる季節になりましたね。
被害が出なければ良いけれど。
今日はすごく蒸し暑いけど、
これも台風のせい?


で、話は全く変わりますがsweat02
「継続は力なり」とかよく言いますが、
最近、

力のある人が長い年月努力を重ね続けると、
こんなにもすごい事になるんだ

って、実感した本があります。それは、

谷川史子さんの「告白物語おおむね全部」

谷川さんのデビュー30周年記念?作

Pict50


谷川史子ファンには、
柔らかく心温まる作品と同じくらい有名な、
単行本のあとがき「告白物語」
その”あとがき”のみをまとめた本ですが、
量が半端ないcoldsweats02
ということは、出されたコミックスの数も
半端ないわけで。。。


しかも一作一作のクオリティが、
非常に高くて、
”あとがき”だけで一つの素晴らしい作品に
出来上がっているところが驚きです。
描きすぎて、全部集められなかったから
「おおむね」になっているところがまたすごいshine


笑いあり、涙あり、
さりげない日常や、締め切り前の修羅場、
そして恒例の泥酔逸話。
プラス、親交のある漫画家の方々からの
メッセージイラストも超豪華。

ほんと、ひたむきに続ける、ということの大切さ
学ばせていただきましたconfident

※密度が濃いので読むのに1ヶ月かかりましたcoldsweats01

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

にほんブログ村


« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ