« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月30日 (金)

魔女はホリデー快速で上京する★丸紅茜さん「おくたまのまじょ」


今日で6月も終わり。
もう今年も半分過ぎちゃったんだ。。。
でも、まだ半分あるさ♪

さて、もう1ヶ月もしないうちに梅雨も明け、
私の大好きな奥多摩も、
渓流が気持ちよい季節になりますねhappy01

Okutama1


そんな季節にぴったりな

丸紅茜さんの「おくたまのまじょ」

WEBコミックのCOMICポラリスに掲載された、
丸紅さんのデビュー作。
って、デビュー作だったんだ。。。
丸紅さんのイラスト大好きです!

http://comic-polaris.jp/majyo/
※宇宙の果てまでリンクしていいらしい

奥多摩で生まれ育った魔女のミナセマホちゃん。
大学生となり、東京で一人暮らしするために
”ホリデー快速おくたま号”
で新宿を目指す車中の物語。
ゆるかわなお話が、
丸紅さんのゆるかわな絵の雰囲気とぴったり。
でもやっぱり私は、
丸紅さんのいつもながらの綺麗な色使いのカラーイラストが
Loveだわheart

それにしてもホリデー快速おくたま、なつかしなあ。
登山やハイキング客で埋め尽くされるあの景色、
また見たいなconfident

そして、明日は奥多摩も東京都議選だ!

 

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村


2017年6月28日 (水)

仲谷鳰さん「やがて君になる」4巻★燈子のすきなもの、侑のすきなもの


今回は久しぶりにリアルタイム?感想。
ちゃんと発売日に購入して即よみした、

仲谷鳰さんの「やがて君になる」4巻

私が、今最も読むのを待ち焦がれてる作品の一つ。
今回も素晴らしかったぁshine
うっとりですheart

Pict10


生徒会長で、学年トップの成績、
容姿端麗でどんな時でも凛として、
そんな非の打ち所のない高校2年生の燈子。

誰からも憧れられ、褒められる自分の姿を
実は嫌悪し、
別の”誰か”になる事に固執する燈子が
好きになったのは、
そんな自分に全く興味を示さないクールな後輩の侑。


侑への溢れ出る想いをぶつけながらも、

「私のことを好きにならないで」

と言い続ける燈子の本当の心に触れながら、
次第に変わっていく侑。
きっとこの先、
燈子の想いで変わっていった侑が、
今度は、燈子を本当に居るべき場所へと
導いていくのかもしれませんconfident


燈子を愛する同級生の沙弥香との
微妙な三角関係。
ドロッとしてもおかしくない設定を、
今回もサラッと爽やかに描いているのは
さすが「やが君」good


そして今回は、
高校生のビックイベント”合宿”です!
三人のお泊まりイベントにドキドキです!
お風呂場の脱衣所での三人の駆け引き、
笑えますcoldsweats01


今回、各書店で特典が違って、
迷いに迷って、、、
特典欲しさに別々に二冊買っちゃいました
うー、子供には内緒にしなければsweat02

 

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村


2017年6月25日 (日)

tMnRさん「たとえとどかぬ糸だとしても」★いつか救いがあってほしい


5月18日の発売日にちゃんと買ったのに、
1ヶ月寝かせてしまったsweat02
いや、ずっと読みたくて気になってたんですが。。。

tMnRさんの「たとえとどかぬ糸だとしても」1巻

カバーイラストがすごく素敵。
裏表紙も続きの絵柄になっていて、
もう一冊買って、
カバー外して広げて額入れて飾りたいくらいheart

Pict10


tMnRと書いて「とものり」と読むそうで、
商業誌のデビュー作。
表紙同様、スッキリ爽やかな絵柄ですが、
切ない、救いのない?片想いの話。

高校生の鳴瀬ウタちゃんが恋したのは、
幼馴染で、
実の兄の”お嫁さん”の薫瑠さん。
しかも家庭の事情でその新婚夫婦と同居中。

”家族”としてウタちゃんを大切にする薫瑠。
”想い人”として薫瑠を見つめるウタちゃん。
永遠にかみ合うことのない二人。
それを分かっていながら気持ちを捨てられない
ウタちゃんの切なさ。

彼女が望む救いは訪れないのだろうけど、
いつか別の形の救いがあって欲しいと
つい願って、続きを読んでしまう。
これ系のお話は、
その終わらせ方次第で、
何度も読み返したくなるか、
作品全体にがっかりしてしまうか決まってしまうので、
とても難しいですよね。

第2巻、ゆっくり待ってますconfident

 

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村


2017年6月21日 (水)

横槍メンゴさん「めがねはーと」★心理描写にゾクッと


今日も快晴で暑い一日sun
でも明日から雨なんですよね。
いきなりの大雨にならなければ良いけど。


最近漫画雑誌買っても積み上がっていくばかりなので
買うの控えてたんですが、
横槍メンゴさんの素敵な表紙の誘惑に負けて、
「ヒバナ」7月号を購入。

Pict10


今回は、

横槍メンゴさんの「めがねはーと」

が別冊で付録。
こちらの表紙も可愛い


けど、表紙とタイトルから想像できない、
ドロッとした話sweat02
横槍メンゴさんの作品、
いつもそうなんですよね。。。
可愛い絵に油断してると、ゾクッとくるような心理描写で。
今回も、
セリフ読まないで絵だけ追ってると、
全く違うストーリーに見えてくる不思議。

まあ、そのギャップがたまらないのですけどねcoldsweats01

 

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村


2017年6月20日 (火)

で、クラシック・ロックとは?★冬目景さん「空電ノイズの姫君」


最近、前に買った未読本を
一生懸命遡って読んでますが、
この本だけは発売日に買って、発売日に読みました。
(しばらくブログをサボって書かなかったけど)
だって冬目景さんの作品ですものconfident


というわけで、改めて、

冬目景さん「空電ノイズの姫君」第1巻

です!

黒髪ロングの訳あり美少女と、
くるくる栗毛の可愛らしい女の子、
そして人がいいけどちょっとふわふわ夢見て
彷徨ってる美少年。
はい、今回も安定の冬目ワールドですgood

Pict10


ミュージシャンの父と二人暮らしの高校生、
磨音(まお)ちゃん。
”長くつ下のピッピ”のような風貌だけど、
父の影響でギターの腕は抜群。

そんな彼女の高校に転校して来た夜祈子。
アパートに一人暮らしする謎めいた美少女。
そして磨音だけが知る彼女の美声。

とくれば、タイトルからして、
二人がバンドを組むのは目に見えてますが、
1巻ではまだそれはお預け。
しかも、冒頭1ページ目が

「夜祈子は最悪の女だった」

のモノローグ。
冬目作品だから、
最後までバンド組まない事も有り得るかもcoldsweats01

ところで、作品の中で、
夜祈子と磨音が、

クラシック・ロックが好き

と話すシーンがあります。
クラシック・ロックって言葉知らなかったですが、
ググったらちゃんと音楽のジャンルであるんですね。
wikiに
ボストンの「More Than A Feeling」が
そう呼ばれたのが始まりと言われてる
とありましたが、
私、この曲大好き♪
てか、クラシック・ロックでググって出て来た作品、
好きなのがいっぱい。

あ、このブログのタイトルも、
クラシック・ロックからだった(笑)

 

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村


2017年6月18日 (日)

「僕らはみんな河合荘」9巻★いきなり、青春ラブコメ化ですか!?


積み上がった未読の本の山を掘り返して、
ようやくここまで来ました。

宮原るりさん「僕らはみんな河合荘」9巻

この本も買ったのは発売日だったけど
1ヶ月くらい前だったけ?

Pict50


8巻も半月放置で
いや、大好きですぐに読みたかったんですが、
この本、精神力吸い取られるのでcoldsweats01
それに今回も、もりもり文字の山。
(しかも小さいのでメガネ無しだと読み取れない)

コミュ障で、ボッチ上等で、
恋愛ネタ全面拒否の律ちゃん。
8巻かけて、こじれまくった性格が、
実に9巻目にして劇的な展開を。
勇気を振り絞って(勢いで?)告った宇佐くんに
律ちゃんがした返事は。。。

今回は、特にスペシャルなイベントもなく、
只々、二人の世界と、
麻弓さんの下ネタワールドsweat02

巻末で宮原さんが、
下ネタに9巻費やしてる間に
律の思考回路が複雑怪奇に、、、
って、ほんとその通りです。

なんか河合荘には有り得ないくらい
爽やか青春ストーリーで9巻は終わってしまったけど、
その分、10巻は恐ろしいことが起こる予感coldsweats02
それともこのままエンディングを迎えるのか??

原作完結したら、
アニメ二期、是非にm(_ _)m

 

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村

2017年6月15日 (木)

くまおり純さん作品集★静かで優しい世界が心地いい

梅雨入り宣言が出てから、
何故か晴天の日が多くて、、、
まとまった雨はいつになるのだろう?

雨の似合う作品を描かれるイラストレータの方で、
私が真っ先に思い浮かんだのは、
くまおり純さん
アトム ザ・ビギニングのオープニングの美術監督とか、
イラスト以外でも活躍されているくまおりさんの
初作品集を最近購入しましたが、
素敵な作品が満載heart

Pict10


くまおりさんの作品は、
多くがデジタルで描かれているけど、
不思議とアナログ的な雰囲気が漂っていて。
中高生くらいの女の子の日常の情景が、
すごくノスタルジックな気持ちにさせてくれます。


さらにこの本、
イラストメイキングブック
と書かれているように、
作品そのものだけでなく、
作品のデジタルでの制作過程が細かく解説されていて、
ああ、こうすると
アナログ的な質感に変わっていくのね、とshine


雨の日に、
家でゆっくりくまおりさんの絵を眺めながら、
頭の中で色々物語を膨らましていくのも、
楽しいものですconfident

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村

2017年6月11日 (日)

「彼女のひとりぐらし・大盛」★自堕落って素敵♪


ようやく梅雨入りしたと思ったら、
一転、全然雨が降らなくなり。
大丈夫か、地球環境!?


そしてここ半年、色々あって、
人生の中で一番漫画を読んでなくて、
買ったコミックスがどんどん山積みに。
大丈夫か、自分!?
で、今日ようやく読み終わったのが、


玉置勉強さんの「彼女のひとりぐらし・大盛」


以前発売された「彼女のひとりぐらし」全3巻を
一冊にまとめたおトク版(+おまけ読み切り)。
この作品、バーズに連載されてた時から好きでした♪

Pict10


輿水理香、26歳、独身。
フリーのデザイナー兼イラストレーター。
金なし、運なし、男なし。
そして酒乱sweat02
そんな彼女の一人暮らし生活を描いた作品。

かわいいし、性格いいし、スタイルいいし、
この若さでそこそこフリーでやっていけてるし、
全然残念女子でない気もするけど、
とにかく一人暮らしの生活が極度に
自堕落

いや、これはダメでしょレベルだけど、
自分も一人暮らししたことあるので分かるけど、
慣れると楽なのよねー。
楽になっちゃうとヤバイけど、
でも、自分のペースで超楽なのよねー。
自堕落万歳weep

こんな子が友達なら
さぞかし楽しいだろうなあ(酔った時以外)と思いつつ、
一緒に暮らしたくはないわcoldsweats01
とりあえず、いい大人なんだから、
トイレで吐くまで飲むのはやめよう。。。

 

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村

2017年6月 1日 (木)

横浜・山手西洋館の「花と器のハーモニー2017」★6月の爽やかな風の中で


気がつけばもう6月。
最近全然ブログ更新してなかったので、
久しぶりにちゃんと撮った写真をsweat02

あ、その前に、
前回の投稿で
「スパムコメントなんとかしてくれー!」
って書いたら、スパムが来なかった
やったーscissors

で、話を戻しますが、
今、横浜の山手西洋館では毎年恒例の全館イベント
「花と器のハーモニー2017」
を開催中。

最近の西洋館のイベントは
少し地味な雰囲気になってましたが
今回はゴージャスですshine

正統派のウエディングテーブルだったり、

Yokohama51


モダンな飾り付けだったり、

Yokohama53


あ、個人的には、
このテーブルデコレーションが大好きheart
爽やかな色合いがとっても素敵♪

Yokohama54


もちろん、花の飾り付けも綺麗ですclover

Yokohama56


そして、Alice in Wonderland風なのも。
子供達が喜びそうhappy01

Yokohama59


こんなに素敵に
お花や食器を使いこなせたらいいなあと思いつつ、
毎度のことながら、
まず部屋の掃除だ、、、
ってcoldsweats01

ひとときの夢の時間でしたconfident

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村


« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ