« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月30日 (水)

海街diary 31話「姉との旅」★掛川への行き方


今日で11月もお終い。
今年もあと1ヶ月なんですね。。。
早い、早いsweat01

週末に、
入院のバタバタで月刊flowersの12月号を
買い忘れてた事に気付く。
今回は久々の海街diary掲載月だったのにweep

という訳で半ば諦めて本屋さんに行ったら、
まだ12月号が置いてありました。
ラッキー♪

Pict10


今回は、すずちゃんが長女の幸さんと
掛川にある高校に
特待生の事前説明会に行く話。
鎌倉から掛川だと、
東海道で小田原に出て新幹線かな?
私的には掛川って言うと、
新幹線で大阪行く時に、
ああ、半分くらい来たなあ
って感じる通過駅のイメージが。
(掛川在住の方スミマセンsweat02

今回は静かなinterludeという感じ。
四姉妹それぞれ、次のステップに向けてのしばしの休息。
次回四月号は、きっと新たな展開なんでしょう。

新たな事を始める時は、
ワクワクしつつも、誰もが不安になる。
それが例えしっかり者の幸さんであっても。

高校、大学への進学や、社会に出た時や、
会社で仕事が変わった時、
そんな時のドキドキを思い出した
今回の海街でした。
ああ、最近そういうドキドキが無いなあcoldsweats01

次回以降の予告に、
3月号から萩尾望都さんの「ポーの一族」連載開始(再開?)
が載っていた。
40年ぶりの再開ってスゲーcoldsweats02

 

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村


2016年11月25日 (金)

Kiss・1月号★逃げ恥、次回最終回!


近所の本屋さん、
前は雑誌Kissを置いてなかったけど、
「逃げ恥」のTVドラマ始まってから置くようになり、
さらに今日買いに行ったら、
残り一冊だった。。。
「逃げ恥」大ヒットおそるべしcoldsweats02

というわけで、「Kiss」1月号、

海野つなみさんの
「逃げるは恥だが役に立つ」

クライマックス!
なんと次回最終回weep
12月24日発売なので、
ドラマの最終回直後ですね。

Pict10


TVドラマ見始めてから、
原作読んでると、
みくりちゃんと平匡さんの二人の会話が、
ガッキーと星野源さんが話してるように感じるcoldsweats01
それだけ、はまり役だったんでしょうね。

さて相変わらずの二人ですが、
今回の会話は、
普通の夫婦がうまくやって行くツボだったgood
あるある感満載。
それを固〜く表現する二人が、
むしろ可愛かったわheart
ほんと色々と参考になりました♪


原作もドラマももっと見ていたかったけど、
でもどちらも良いタイミングで終わりを迎えそう。
さて最終回、
予想外のどんでん返しが待ち受けてるのか!?

 

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村


2016年11月23日 (水)

「波よ聞いてくれ」3巻★セイコーマートの正しい略称は?


今日は朝からどんよりした天気。
夜半から明日にかけて、
関東の平野部でも積雪があるかも、
と、ラジオでお天気お姉さんが言っていた。
あー、朝起きて雪積もってたら、
諸々面倒だなぁ、、、


と、ラジオ聴きながら

沙村広明さんの「波よ聞いてくれ」3巻

を読む。

Pict10


オビに

2017年4月 実写映画化

と書かれていて、
やったー! 主演のミナレさんは誰だろう??
ってググったが、情報なし。
で、オビをもう一度よく見たら、
実写映画の前に、

無限の住人

って書かれてた。
という、とんだ勘違いでしたcoldsweats01
だから無限の住人は新装版が出てたのか。。。
ああ「波よ聞いてくれ」も実写化して欲しい。

北海道のFM局・藻岩山ラジオを舞台にした、
新人&素人パーソナリティ、鼓田ミナレさんの
奮闘記、、、いや、暴走記sweat02
相変わらずのスピード感と、小ネタ満載で。

ついに3巻で、
ホラー・オカルト路線に行ってしまうのか?
第1巻で「今回は人が死なない」との公約は?
なミナレさんの暴走の果て、
やっぱりちゃんとラジオの世界を描いてくれてます。
私は学生時代ラジオで育ったので、
この深夜番組の雰囲気、懐かしいconfident

ところで、あとがきで
毎回セイコーマートの略称の話が出て来ますが、
北海道出身の友人に聞いたら、
彼女は「そりゃ、セイコマでしょ」と。
でも確かに沙村さんが書かれた通り、
親会社はセコマ・グループになってる。
ま、どちらにしても私の近所には無いのですが、
と思ってたら、ホームページ見ると埼玉県に。
いよいよ関東進出か?

 

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村


2016年11月17日 (木)

映画「この世界の片隅に」、愛情と熱意に涙が止まりません


こうの史代さん原作の

映画「この世界の片隅に」

を見てきました。
物語の儚さと、
それでも必死で生きようとする人の強さ、
そしてこの作品に携わった方々の、
作品への愛情と熱意が全編で伝わってきて、
涙、涙です。
映画館でこんなに泣いたの初めてかも。

ヒロインすずのCVを担当された
のんちゃんも、
すずのイメージにぴったりで、
とっても上手かった。

パンフレットも、
純白でとっても素敵。

Movie1



Movie2


18歳で、広島から呉へ嫁いだすずの目を通し、
太平洋戦争前、戦時中、終戦直後の
”普通の”人々の日常の変化、
”普通の”人々の悲しみや苦しみ、
そして喜びや愛情を、
静かに丁寧に描いた作品。


原作は、
原爆投下直後の広島の惨状と、
そこに残された微かな希望で幕を閉じますが、
映画ではその続きが付け足されていて、
それがまた涙無しでは見られない。


もう一度映画館に見に行きたいけど、
正直あの世界に包まれるのが怖い。
目を背けたくなるようなキツい描写は無いけど、
でもその分、静かに魂を揺さぶられる。

戦争は
どんなことがあっても肯定されるものでないことを
改めて実感。
どうか子供達が生きる未来は
今よりもずっと平和な世界でありますように。


劇場はほぼ満席でした。
来場者の年齢層は高いけど、
でも、子供達も結構見に来ていて、
それが何より嬉しかったですconfident

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村


2016年11月14日 (月)

「ウィッチクラフトワークス」10巻★明かされる火々里さんの出生の秘密


ハロウィンからもう二週間、
街中はすっかりクリスマスのデコレーションになり、
ほんと時の経つのは早いですね。
そんな早さについていけない私、、、
ようやくハロウィン気分に追いつき、

水薙竜さんの「ウィッチクラフトワークス」10巻

を読み終わりました。
この作品もついに二桁になったのか。

Pict10


多華宮くんをお姫様抱っこする
火々里さんの凛々しい姿shine
と、単行本のカバー裏には、
お約束の細かい設定解説。
字が細か過ぎて今回も読めないcoldsweats02

Pict11


多華宮くんと火々里さんが、
記憶から失われた二人の出会いを探し求めるうちに、
辿り着いたのは、
火々里さんの出生の秘密と、
火々里家の封印された闇の歴史。

次巻、嵐の予感、
と思っていたら、
「あとがき」で、次巻はみんなもっと仲良くなるとcoldsweats01
シリアスさとユルさがごちゃ混ぜな世界観は、
10巻になっても変わらずですね。

ヒロインにもかかわらず、
相変わらず愛想無しで、粗暴で、身勝手で、尊大な
姫様、こと火々里綾火さん。
どうしてそんな人格になったのか、
どうして多華宮仄に一途になったのか、
次回明かされそうな予感。
私も一度でいいからこんな突き抜けたお姫様キャラに
なってみたいわconfident

そしてそろそろアニメ二期をお願いします!!

 

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村

2016年11月13日 (日)

増田里穂さん「スタンドバイミー・ラブレター」が最終回で涙


別冊マーガレットで連載中の

増田里穂さんの「スタンドバイミー・ラブレター」

大好きな増田さんの久しぶりの作品だったのに、
12月号で終了とは。。。
せっかくいい出だしだったのに、
四話で終了なんてcoldsweats02


別マ12月号は、
これまた好きな
安藤ゆきさんの「町田くんの世界」の
素敵な表紙だったのに、、、涙ですweep

Pict10


四話だと少し長さが足りないから、
単行本化は先になるのかなぁ。
後日談付け加えて、早く出して欲しいなあ。


高校一年の夏休み直前に始まった、
相川葉月ちゃんと泉周平くんの恋。
8月号から始まり、
12月号まで現実世界と同じペースで時間は進み、
最後は文化祭で。
葉月ちゃんの書きかけの手紙が、
踏み込めない二人の心を繋ぐ。


葉月ちゃんの手紙の続きを読んみみたい。
やっぱり、その後を単行本に加えて欲しい
ここで終わるのもったいないよぉthink

増田さんの描く高校生たちは、
とってもリアルで、
でも優しく穏やかで、
安心して子供と一緒に読めますconfident
そしてやっぱり微妙な心理描写が
いつも素晴らしいheart

 

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村


2016年11月11日 (金)

アサダニッキさん「王子が私をあきらめない!」★イケメン王子と純情癒し系女子の恋


最近、朝晩も冷え込んできて、
ああ、もう冬がやってくるんだなぁ、って
実感させられます。
そんな時期にぴったりな

アサダニッキさんの「王子が私をあきらめない!」

家でホッコリと、ねconfident

Pict10


ARIAで連載中の作品、
ようやく1巻発売。
ニッキさん曰く、

「溺愛され系格差ラブコメ」


うっかり?超セレブ子女の集う高校に
入学してしまった庶民の吉田小梅ちゃん。
目立たずひっそり高校生活をやり過ごそうと願う彼女が、
大富豪の学園王子・一文字初雪様に恋をされてしまい・・・
本の表紙そのままの可愛らしいお話♪

「青春しょんぼりクラブ」もそうですが、
ニッキさんの描く、
イケメン王子と純情癒し系女子の恋は、
思わず顔がほころんでしまうhappy01
色々ギスギスしたことの多い世の中ですが、
ニッキさんの作品は、いつも優しくて
楽しい気持ちになれますheart


さて、何を言われてもめげない王子に
追いかけられまくる小梅ちゃん。
とっても気になるシーンで終わった続きは、
来年の夏、だそうです。


というわけで、
この後、録画しておいた「響け!ユーフォニアム2」見て
ニッキさんを満喫だ!

 

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村


2016年11月 8日 (火)

志村貴子さん「ビューティフル・チューズデー」★情けなくも可愛いイケメンちゃん


「FEEL YOUNG」12月号に

志村貴子さんの「ビューティフル・チューズデー」

登場♪
7月号の「ビューティフル・マンデー」の続編。
花琳ちゃんの表紙も冬デザインで可愛いheart

Pict10


いやー、
今回も、いかにも志村さんな感じでsweat02

再婚の連れ子同士の関係に悩む高校生の花琳ちゃん、
から一転して、
再婚の連れ子同士の関係に悩む高校生の光一くん。
前回義妹の花琳ちゃんに恋してしまい、
めっちゃキモがられた光一くんの、
憂鬱な、憂鬱な、火曜日。

花琳ちゃんに手玉に取られ、
実妹にもコケにされ、
何とも要領の悪いイケメンくんcoldsweats01

そう、志村さんの描くダメイケメンは、
情けなくも可愛いのよ。

今回もドロッときっつい話を
さらっと描くのは、
やっぱりさすがの志村貴子スタイルshine

たくましい女の子たちと、
情けない男の子。
さて、ウエンズデーはどうなることかconfident

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村


2016年11月 5日 (土)

「逃げ恥」横浜巡りキャンペーン中


海野つなみさんの

「逃げるは恥だが役に立つ」

Kissの連載の中でも大好きな作品の一つですが、
どちらかというと地味(すみませんsweat01)なので、
正直ここまで大ブレークするとは思わなかった。。。

Kiss 12月号も、
表紙を飾った上に、
Kissでは珍しい付録付き。
沼田さん、原作とドラマがそっくりで笑えるわhappy01

Nigehaji1


ドラマの中に、
みなとみらいの景色がよく登場しますが、
タイアップで、

逃げ恥
横浜巡りキャンペーン

が12月20日まで開催中ですgood

Nigehaji2


スタンダードコースとロマンティックコース
各5ヶ所が紹介されてますが、
どれもド定番な、
確かにここは外せないよね、な場所。
でも一日で全部回るのはかなり無理ですがcoldsweats01


ガッキーの恋ダンス、
可愛いですよね。
今年の忘年会の宴会芸はこれでrock
(私は周囲が許してくれなそうですがsweat02
でも、私は可愛く拗ねる百合ちゃんも大好きheart

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村


2016年11月 3日 (木)

ひのなつ海さん「あかいろ交差点」★絶品カラーイラストで


書店のコミック売り場でひときわ目を引く

ひのなつ海さんの「あかいろ交差点」

カバーを広げると、
素敵な一枚の絵になっていて、
淡く優しい色が絶品shine
紙の質感もとっても良いわ。
写真だとわからないけど、
たまきちゃんの指から伸びる赤い糸が、
キラキラな材質ですごく凝ってますhappy01

Akairo1


入学式の日、
大原たまきちゃんに
いきなり拒絶の言葉を投げつけられた
蒔田恵太くん。
理由もわからないまま一年が過ぎ、
二年生からたまきちゃんと同じクラスになった彼が
知った意外な拒絶理由とは。。。


カバーが思いっきりネタバレってますがcoldsweats01
うーん、青春だgood


ひのさんの絵、
改めて紙で読むと、
デジタルとはまた違った雰囲気になりますね。


本編も面白いですが、
カバーがあまりにも素晴らしくて、
横向きに本棚に置いておきたいheart

 

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村


2016年11月 2日 (水)

「それでも町は廻っている」最終回★またいつか会えると期待して


体調崩して、
少しだけ入院して、
未だ自宅で静養中。
テレビも飽きたし、
なんか本ばかり読んでる毎日。


で、アワーズで連載してた

石黒正数さんの「それでも町は廻っている」

が最終回になってしまった。。。
大好きだったのにweep

Soremachi


丸子の商店街にあるメイド喫茶でバイトする
高校生の嵐山歩鳥ちゃんと
彼女の友達や商店街の人々が織りなす、
ほんわかした日常heart

ネットではこの最終回に関して
賛否両論出てるけど、
私は”いかにもそれ町”な感じで、
よかったなーって思う。
刊頭でも、カラー扉絵でもなく、
普通にこのまま続くかのように掲載されて、
それ町らしいなぁ、ってconfident


刊末に石黒さんのインタビューが掲載されていますが、
11年半の連載で

「変わったのは世の中と絵柄」

と。
テレビがブラウン管から液晶になり、
携帯電話がスマホになり、、、
確かに漫画に登場する景色も、
連載開始当時と今とでは随分と違ってますよね。
そして確かに絵柄も随分違う。
でも、ストーリーの楽しさは、
今読み返してもやっぱり抜群な感じでhappy01

いつかまた、
読み切りでいいので、
また歩鳥ちゃん達に会えたらいいな。

そして、今から11年後、
世の中はどんな風に変わってるんでしょうねshine

 

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村


« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ