« 吉野朔実さんを偲んで | トップページ | ドローンな時代? »

2016年5月 5日 (木)

「この世界の片隅に」アニメ化記念展@広島


今回、GW中に家族と広島へ行ってきました。
観光ではなかったので、
特にこれといったところは回らなかったんですが、
袋町の旧日本銀行広島支店の前を通ったら、

こうの史代さんの「この世界の片隅に」のアニメ化を記念した

アニメーションで蘇る
〜この世界の片隅に〜

が開催されていました。
時間が無くて中に入れなかったのは
とっても残念。

Hiroshima1


旧日本銀行広島支店は、
広島市中区袋町にある被爆建物。
爆心地から400m弱の距離でしたが、
倒壊を免れ、今は歴史を伝える建物として
一般公開されています。

その場所での、
広島出身の漫画家、こうの史代さんの企画展、
何としても見るべきだったとすごく後悔中。。。

「この世界の片隅に」のアニメ映画は、
今年の10月に公開予定。
関連するイベントが、
この作品の舞台となった呉市の呉市立美術館でも
開催されるようです。

マンガとアニメで見る
こうの史代・この世界の片隅に展

2016年7月23日〜11月3日
呉市立美術館


Hiroshima2


今度こそ日程調整して見に行きたい。

今日はこどもの日。
戦争の痕跡に触れる度、
こうのさんの作品を読む度、
今の平和な日本に感謝しつつ、
より良き未来を子どもたちの世代に渡していく責任を
痛感させられます。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

こうの史代さんの「この世界の片隅に」
漫画アクションで、
2007年1月23日号〜2009年1月20日号に連載された作品。
2008年から全3巻で単行本化されています。

Hiroshima3


広島から呉へ嫁いだすず。
第二次世界大戦中の厳しい生活の中でも、
明るくおっとりした性格で乗り越えようとする彼女と、
彼女の家族を中心に、
当時の日常生活が丁寧に描かれた話。

直接的な描写でなくても、
戦争の凄惨さが伝わってくる。
そんな中、人の持つ心の温もりが伝わってくる
やさしい、やさしいラストシーン。
”この世界の片隅”で懸命に生きる人々の素晴らしさ。
何度読んでも、心に沁みてきますconfident

アニメ作品もとても楽しみです。

 

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村


« 吉野朔実さんを偲んで | トップページ | ドローンな時代? »

まんが」カテゴリの記事

アニメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

興味深く読ませていただきました
そうですかー 私はこの漫画も この作者も知りませんでしたが
1枚目の写真で 画を見た時に ピンと来るものがあり・・・

戦争を題材にした漫画が ここにもあったんだ という驚き
だってこれ 少女マンガですよね
ん?漫画アクション? 少女マンガではないのか?
でも 読んでみたいと思いました
映画も10月に公開ですか 漫画とはまた違うのだろうけど それも見たいなー

呉には友達がいます でも行った事はありません
Mugpyさん 呉まで行くんですか そちらからだとすごく遠いような気がするんですけどー


奈月さん、こんにちは。
多分、ジャンル的には少女漫画ではないと思われますが、
(掲載も青年誌ですし)
こうのさんの作品は、
いつもとっても優しい絵柄としっかりしたストーリーで、
あまり掲載誌のジャンルに縛られない作風かもしれません。
 
呉は確かに我が家からは結構遠いです。。。
でも、やっぱり呉で過去にあった事含め
直接色々と感じられたらいいな、と思っています。
でもやっぱり遠いですねcoldsweats01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1743168/65328672

この記事へのトラックバック一覧です: 「この世界の片隅に」アニメ化記念展@広島:

« 吉野朔実さんを偲んで | トップページ | ドローンな時代? »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ