« 素直になる事は難しい。だから切なくなる★「あたたかな針」最終3巻 | トップページ | 今年もこの季節が、、、ちゃおサマーフェスティバル2016 »

2016年5月29日 (日)

40年ぶりの「ポーの一族」続編


今月の月刊flowersに

萩尾望都さんの「ポーの一族」

の最新作「春の夢」が掲載されていた。
実に40年ぶりとのことcoldsweats02
10年ぶり、とかでもすごいと思うのに、
40年はもはや想像もつかないスケールでsweat01
先日雑誌「LaLaが創刊40周年」と書きましたが、
LaLaが創刊された頃に、連載が終わったんだ。。。

Pict1


永遠の時を生きる吸血鬼・バンパネラの
ポーの一族。
そのポーの一族のエドガーとアランを中心とした物語。
って、私が書くまでもないですねsweat02
私はリアルタイムには読んでませんが、
十分懐かしいですhappy01

以前、Eテレの”漫勉”で
萩尾さんの仕事姿が放送されていましたが、
半世紀近くにもわたり第一線でご活躍されているのは、
ほんと神がかり的で
ちょっとしたことですぐにへこたれてしまう私には、
想像もつかない仕事ぶりなわけで
世の中には、そういうスケールでの時を過ごしている方が
いらっしゃるんだなぁ、と改めて感じさせられました。


私が最初に読んだ萩尾作品は
「11人いる!」でした。
今も私の中では萩尾さんと言えば「11人いる!」な感じです♪


今月号のflowersには、
「トーマの心臓」のスピンオフ作品、
「訪問者・湖畔にて」
の別冊が付いています。
「トーマの心臓」も懐かしいわぁconfident


でもどうして突然「ポーの一族」の新作なんだろう??

 

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村


« 素直になる事は難しい。だから切なくなる★「あたたかな針」最終3巻 | トップページ | 今年もこの季節が、、、ちゃおサマーフェスティバル2016 »

まんが」カテゴリの記事

コメント

無事購入されましたか。
私は買い損ねました。
あっというまに売り切れだったようです。
週刊少女コミックに連載されていたのを読んでいましたので、とても残念です。
増刷されるかな、とかすかな期待をしています。

マイマイさん、こんにちは。
私が近所の本屋さんで買った時は、
まだ数冊あって何も気にしてなかったんですが、
帰ってネット見たら売り切れてるって書き込みが多くて驚きました。
いつも買ってる大きな書店に行ってたら
多分私も買えてなかったと思います。。。
重版出来、、、じゃなくて増刷されるといいですね。

こんにちは~お久しぶりです。

萩尾望都さんの漫画、実は読んだことないのですが、
漫勉を見て読んでみたくなったクチです。
(それからなかなかまだ手を出せていないんですが…!)
すごく繊細なペン先に、思わず見惚れてしまいましたconfident
40年ってすごいですよね…。それだけずっとペンを握り続け、
漫画界の第一線を行った人なのだなあとしみじみ…。
絶対読むぞ~!と改めて思いましたhappy01

凩さん、お久しぶりっ!
漫勉の萩尾さんの仕事ぶり、凄かったですよね…
萩尾さんと古屋兎丸さんの回、
私の永久保存版です♪
 
約半世紀にわたって、
プロとして読者の評価を受けながら続けていくって、
技術だけでなく精神的にもとってもタフですよね。
ポジティブな反応だけでは無かったでしょうに。。。
 
「ポーの一族」は、
40年経っても絵の基本形が変わっていないことに驚きました。
それだけご自分のスタイルを確立さえてるんですねconfident

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1743168/65741683

この記事へのトラックバック一覧です: 40年ぶりの「ポーの一族」続編:

« 素直になる事は難しい。だから切なくなる★「あたたかな針」最終3巻 | トップページ | 今年もこの季節が、、、ちゃおサマーフェスティバル2016 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ