« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月31日 (日)

水谷フーカさん「この靴しりませんか?」(完全版)★現代童話のホンワカGL物語


水谷フーカさんの短編集


「この靴しりませんか?」(完全版)

2010年に刊行されたコミックスの加筆再販版が
発売されました。

Pict1


童話をベースにした、
Girl meets girlな短編集。
女の子を好きになった女の子、
と言っても、とってもライトな、
友情のちょっと先、憧れのちょっと先、なお話。
水谷さんの絵の雰囲気と相まって、
どの話もとってもホンワカしてますhappy01


5話構成で、
先に書いたように、それぞれが童話をモチーフにしている、
童話+GLの、ちょっと珍しいコンセプト。

・この靴知りませんか?
  →シンデレラ
・オオカミの憂鬱
  →赤ずきん
・わたしのアヒルの子
  →みにくいアヒルの子
・雪のお姫様
  →雪の女王
・はみだし音楽隊
  →ブレーメンの音楽隊


特典のイラストカードに描かれた二人が、
本のタイトルにもなっている「この靴知りませんか?」の
ヒロインですが、
この二人がとにかく可愛らしかったheart

歯医者さんで片方の靴を取り違えてしまった二人が、
それをきっかけに出会い、恋に落ちる話が、
双方の目線で描かれています。
使い込まれたスニーカーと可愛らしいパンパスを間違え、
さらに持ち主に会うまでそれを履き続けるという、
ちょっと非現実的な設定もありますが、
そこは童話がモチーフということでcoldsweats01


そんな事より、
「この人に会ってみたい!」という想いと、
「仲良くなれるだろうか?」というドキドキ感。
二人の心臓の鼓動が伝わってくるような描写shine

ドラマみたいな出会いって現実には無いよ、って思いつつ、
でも、振り返ってみると、
不思議な縁って人生の中でやっぱり有ったりもして、
だから大人になっても
こういう話にときめいてしまうのかもしれませんねconfident

 

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村


2016年1月29日 (金)

神奈川県立近代美術館@鎌倉の閉館


鎌倉の鶴岡八幡宮の境内にある、

神奈川県立近代美術館

2016年1月31日で、65年の歴史に幕を閉じます。

最後にもう一度、と思いながら、
なかなか機会が作れなかったけど、
閉館前に滑り込みで行くことができました。

直線を主体にした純白の建物。
懐かしいshine

Pict1


今は最後の展覧会、

鎌倉から始まった 1951 - 2016
All Begun in Kamakura

開催中。

Pict2


多分私と同じように、最後に一目、と
思ったであろう人々で大賑わい。
平日にもかかわらず、チケット売り場は長蛇の列。
そして、普通に小学生たちが課外授業。
地元に愛されるその日常感がホッとさせてくる。

正面階段の上から中庭を見下ろす。
すすけたガラス窓から見える景色が、
長い年月の味わいを感じさせてくれます。

Pict3


美術館が、改装ではなく閉館になるのって滅多に無いし、
しかも歴史あるところだったので、とても寂しいweep
別の場所に新設ではなく、
元々ある鎌倉別館と葉山館に作品移設だそうで。
規模は小さくなってしまうけど、
これからも楽しい展覧会を期待していますconfident

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村


2016年1月27日 (水)

雑誌「1月と7月」vol.4★水谷フーカさんに惹かれて


本屋さんに行ったら、


「1月と7月」vol.4

という雑誌が置いてあった。
関係者の方には大変失礼なのですが、
私はこの雑誌の存在を知らなかった。
vol.4なので、4冊目なのですね。

Pict1


雑誌の名前の通り、
1月と7月の、年2回だけの発行らしい。
そのたった年に2日だけの発売日に偶然出会うとはcoldsweats02

A5サイズで、普通のコミックスと同じくらいの厚さ。
雑誌というよりペーパーバックに近い感じ。
大きさ的にお値段800円(税抜き)は少々高く感じますが、
大量流通ではないと思われるので、致し方ないか。

名前が不思議だったのと、
カバーイラストがとっても好きな色合いだったのと、
私の好きな水谷フーカさんが描かれていたので、
購入してみました。

一見BL雑誌ぽいけど、
(本屋さんでもBL本に囲まれて置いてあった)
読んでみるとそうでもない。
同人誌的な手作り感溢れる雰囲気は、
嫌いじゃないですhappy01

巻頭に掲載された水谷フーカさんの「CI」という作品は、
黒と緑色の二色刷り。
しかもペンじゃなく鉛筆画きっぽい。
さらにスクリーントーンも使ってない。
それが微妙な暖かさを出してるconfident

次に出るのは、半年後。
もう夏になってるのかぁ。。。

 

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村


2016年1月26日 (火)

恋は再生可能エネルギー?


昨日、志村貴子さんの「こいいじ」を読んで、
ふと頭に浮かんできました。

恋する力、特に片想いしてる時の熱い気持ちって、
エネルギーとして再利用できないのかなぁ??

いや、くだらない事書いてすみませんcoldsweats01

でも、片想いってもの凄くエネルギー要りますよね。
で、それって体の中の何処かで作られてるわけで、
それをちょっとお裾分けしてもらえないモノかと。
(スマホの充電くらい出来たら・・・)

ちなみに”再生可能エネルギー”の定義は、

エネルギー源として
永続的に利用する事ができると認められるもの

だそうです。

その意味では、

恋する力は永続的なのか!?

という問題がsweat02

「こいいじ」のまめちゃんは、20年間片想い中だけど、
果たしてその想いは、恋が叶えられても一生継続するのか?
私だったらどうだろう??


・・・

恋は再生可能エネルギーでありたいものですねhappy01

にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村

2016年1月25日 (月)

突然すぎる幸せは人を不安にさせる★「こいいじ」18話@Kiss 3月号


本日発売の雑誌Kiss 3月号は、
志村貴子さんの「こいいじ」が表紙。
志村さんの描くフワッとした女の子は、
いつ見ても暖かく可愛らしいheart

Pict1


というカラーイラストに反して、
お話は縺れて、絡まって、、、

ヒロインのまめちゃんに訪れたあまりにも突然の幸せ。
人って、強く願って焦がれていた事が、
不意にかなってしまうと、
意外と「嬉しい!」って素直に喜べなくて、
色々余計なことを考えて、
不安な気持ちが湧いてきてしまう・・・

誰しもではないだろうけど、私はそうなってしまう。

まあ、今までの自分の人生の中で、
そんなアリガタイ事は、
有ったか無かったか定かではないくらいですがcoldsweats01

ほのぼのとしたシーンが続く中、
病室で横たわる春さんの手の描写が、
残酷で辛い現実にグイッと心を引き戻す。

「こいいじ」は、
かわいい雰囲気に油断していると、
フッと胸が締め付けられる。
それがいかにも志村作品なのですけどねconfident

 

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村


2016年1月24日 (日)

江口寿史展:KING OF POP★素晴らしきPOP ARTの世界


遅ればせながら、
川崎市市民ミュージアムで開催中の


江口寿史展 KING OF POP
EGUCHI HISASHI POP ART EXHIBITION

に行ってきました。
何故、川崎市市民ミュージアムなんだろう??

Pict2

入り口で、

大空ひばりちゃん
富士一平くん

が、お出迎え♪
二人とも原作当時よりちょっと大人びた雰囲気に。

Pict1


最近はイラストのお仕事が中心のようですが、
相変わらずの可愛らしい女子たちheart
そしてKING OF POPと呼ぶにふさわしい雰囲気。

久しぶりに見た江口さんの絵は、
昔と変わらぬクオリティで感動shine
そして「えー、こんな仕事もされてたんだ」って、
オドロキもあり。

懐かしくなって「ストップ!! ひばりくん!」を読み返したけど、
ギャグの細かいネタはともかく、
キャラクターも物語のセンスも全く色褪せてない。
連載開始が1981年なので、
この話が今から35年も前に書かれたモノって、
驚異的としか言いようがないと思うcoldsweats02

多分リアルタイム世代だったであろう方々も、
私と同じようにリアルタイム世代でない人々も、
(学生風な女子も多かったです)
すごく幅広い世代の来場者で、
江口さんの絵が持つ普遍的なPOP ARTの力を
改めて感じさせられた1日でしたconfident

もう一度行きたいけど、
会場の交通の便がちょっと、、、

 

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村


2016年1月23日 (土)

早川書房創立70周年記念コミックアンソロジー・SF編「comic S」★ふくやまけいこさんが懐かしい!


早川書房から、
創立70周年記念のSFコミック本

「comic S」

が出ました。

Pict1


学生の頃ですが、一時期SFをよく読んだ時期があったので、
早川書房、懐かしいです。

その名の通り、
70年間のSFコミックの作品集。

いくつかは「SFマガジン」に掲載されたもので、
その他多くは書き下ろし作品。
一番古い作品は、
石森章太郎さんの1969年発表作。
50年近く前の作品なんですねcoldsweats02

中は

・レジェンド編
・マスターピース編

に分かれており、
レジェンド編は、

手塚治虫さん
松本零士さん
石森章太郎さん
永井豪さん
萩尾望都さん
ふくやまけいこさん

の6名の方。


まさにレジェント的な錚々たるメンバーの中に、
ふくやまけいこさんが入っているのは、
驚きでもあり、喜びでもあり。
ふくやまさん、初期の作品からずっと大好きconfident
「ドロシー」って作品名ですが、
いかにもふくやまさんな感じのネーミング。


そして、
吉富昭仁さんと、今井哲也さんの作品が
とーっても可愛かったheart


冬の長い夜に、
部屋でぬくぬくとSFもいいものですねwink

 

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村

2016年1月21日 (木)

横浜マリンタワーの展望台は意外と揺れるんですよー


横浜の山下公園向かいに、
ランドマーク的にそびえ立っている

横浜マリンタワー

今年で開業55周年を迎えるそうで、
関東地方特別優待実施中。

というわけで、行ってきました。
よく散歩する場所の観光施設って、
意外と行かなかったりってありますもんね。

Marintower1


時間によって、
ライトアップが様々な色に変化します。
この辺りは高層ビルも少ないので
とっても目立つ。

29Fと30Fの展望フロアからは、
360度の横浜の景色が一望。
みなとみらい21地区もとっても綺麗に見られますshine

Marintower2


展望フロアが何故2フロアあるのかは不明。。。
30Fのフロアは、イベントにも使うためかな?

で、お約束のガラス張りの床coldsweats01

Marintower3


高所恐怖症な私ですが、
これは怖くない。
何故なら、

ガラスが汚れてて下が霞んで見えない

からsweat02
多分場所的に掃除もできないし、
設計ミスですかね。。。

たまに、30Fで結婚披露宴が開かれていて、
その際は観光客が立ち入りできないので、
お詫び?にピンバッジがもらえます。
(29Fの展望フロアは入れます)

Marintower4


ところで、展望フロアに行かれたことがある方は
気づかれたと思いますが、

揺れます!

風が強い日でなくとも、揺れます。
しかも船のようなゆったりした揺れ方なので、
人によっては、

酔います!

私は地上についても、
結構フラフラしてしまうthink

なので、ここでパーティーって、
ちょっと辛くないのかなぁ??
お手洗いも下に降りないと無いしsweat01

と不満を書いてしまいましたが、
夜景はとっても綺麗だし、
料金もスカイツリーや六本木ヒルズに比べて格安なので、
横浜に観光に行かれた方は、
立ち寄る価値ありgood

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村


2016年1月19日 (火)

今宵はイーグルスを想いつつ


昼頃に、
ニュースでグレン・フライが亡くなった事を知った。
まだまだ若かったのに。

父の影響か、
小さい頃からイーグルスの音楽が大好きで、
1995年に来日した際は、
父と一緒に横浜アリーナ(多分)のLiveに行った。
周りは父と同じくらいの年齢の方が多く、
ちょっと大人になった気分がした。

グレン・フライがリードボーカルをとった、

「TEQUILA SUNRISE」や、
「LYIN' EYES」や、
「NEW KID IN TOWN」

みんな好きでした。

先日のデヴィド・ボウイの訃報といい、
何か一つの時代が終わっていく感じがしています。

今宵は「One Of These Nights」を聞きながら、
イーグルスの詩集を眺めて、
彼の魂を弔おうと思います。

I wish you peace.

Pict1

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村


2016年1月18日 (月)

わかっていながら


昨晩は、
雨音がうるさくてなかなか寝付けなかったくらいの
土砂降りの雨だったけど、
4時頃に目が覚めたら、すごく静かだった。

「あー、これは雪降ってるわ」

って思って外を覗いたら、
街中が真っ白になってて、大粒の雪が降り注いでた。
夜中に雪がしんしんと降る様は、
雪慣れていない私には、とっても美しく感じる。

「今日は電車動かなくて休めるかもheart

って、ちょっとウキウキしながら二度寝に入ったけど
次に起きた時は、再び雨に。

ネットで電車の運行状況確認したら

ダイヤが乱れてます

的なアナウンスがされていて、

「あーあ、動いてるなら仕事行かなきゃthink

ガックリ。。。

で、ツルツル滑りながら辿り着いた駅の改札は、、、
長ーー蛇の列coldsweats02

しかもようやく乗った電車は全然進まないしsweat01

結局、普段の倍以上時間かけて職場に到着。
で、職場を見渡すと、

人がいないわannoy

昼から行きまーす♪
な電話やメールが続々と。

ええ、こうなる予感はしましたよ。
家出る時、電車がまともに動いてない気がしたし、
職場に行ってもみんな来てない気がしたし、
みんな分かってましたよ。

でも、わかっていても家でのんびりできない性格が
とっても悲しかった1日でしたweep

Pict1

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村


2016年1月16日 (土)

世田谷文学館の「浦沢直樹展 描いて描いて描きまくる」★とっても可愛く、とっても怖く


今日から烏山の世田谷文学館で、


浦沢直樹展
描いて描いて描きまくる

が始まりました。
初日なので混雑してないか心配だったけど、
そこそこゆったり見れて良かった♪

Urasawa1


1Fで猪熊滋悟郎先生が出迎えてくれますhappy01

そして会場の2Fに上ると、そこには

Urasawa3


「MONSTER」、、、ですよねsweat02
怖すぎるわsweat01
いや、そもそもMONSTERの話はかなり怖かったけどさ。

会場では浦沢さんの作品が一堂に。

「YAWARA!」の第1話と、
柔ちゃんと本阿弥さやかとの、
バルセロナオリンピック代表選考会での激闘の話が、
原画でフルに読めます!

実は私、柔ちゃんは知ってるけど、
「YAWARA!」はちゃんと読んだことが無くって。
で、原画見て全巻読みたくなってググったら、
29巻もあるのね・・・

他にも、

Happy!、MONSTER、20世紀少年やPLUTOなどなどの

原画がgood

そして、少年時代・青年時代の趣味で描いた漫画。
いやー、子供の頃から激ウマだったんですねcoldsweats02


1Fフロアには、
浦沢キャラがいっぱい。

「Happy!」の海野幸ちゃん、
可愛くて私の一番好きな浦沢キャラheart

Urasawa2


入り口には「20世紀少年」のワンシーンが。
其処彼処に遊び心がいっぱいshine

Urasawa4


サブタイトルの通り
浦沢さんの”描いて描いて描きまくった”作品で溢れて、
しかも一枚一枚が全て美しい原稿、
引き込まれるシーン。

来客者は比較的年齢層が高かった。
それと、女性が結構多くて嬉しかったですconfident

 

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村


「こいいじ」3巻★いよいよ綺麗事じゃない恋に


今週はあれこれ忙しくて、
本屋さんに行く時間が取れず、
今日ようやく読むことができました。

志村貴子さんの「こいいじ」3巻

志村作品を発売日に買えなかったの初めてだぁweep

表紙はヒロインのまめちゃんではなく、
まめちゃんのお姉さんのゆめさん。
今回のキーパーソン。
でも裏面はしっとり大人な表情のまめちゃん。
そして特典のイラストカードは、
透明感のある志村さんらしいまめちゃん♪

 

Pict1_2


雑誌Kissでの連載ということもあって、
まめちゃんの可愛らしい一途な片思い物語で始まった
「こいいじ」
今までの志村貴子作品とちょっと違った
ライトな雰囲気でしたが、
3巻中盤から、

ヒロインのまめちゃんと、
そのお姉さんのゆめさんと、
まめちゃんの片想い相手の聡ちゃんと、
まめちゃんを好きな河田さんと、

色々な感情が交錯する、
志村さんらしい雰囲気に。

好きって気持ちだけではどうにもならない。
でも、好きって気持ちもどうにもならない。

糸が絡み合って前に進めなくなった彼ら・彼女らは、
この先何処に向かって行くんだろう。

でも、小学四年生のとーっても可愛い優ちゃんが、
ちゃんと諸々「こいいじ」の柱を支えてくれてますheart

そして、突然本線と別に差し込まれた14話が、
たまらなく可愛らしい3巻でしたconfident

 

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村


2016年1月11日 (月)

Radikoの時報


私は昔からラジオが大好き。

受験勉強しながらだったり、
卒論書きながらだったり、
仕事しながらだったり、

人生の中には、いつもラジオがあった。
音楽との出会いもラジオの中にあった。

そんな「ながら聴き」の中で、以外と重宝するのが、
ラジオの時報。

「◯◯が午前零時をお知らせします。プー♪」

な感じのやつ。

集中しすぎてのめり込みすぎた時、
適度にリアルワールドに戻してくれる。

でも最近、ラジオをRadikoで聴くことが多くなって、
この時報が聞けなくなった。

Radikoは、
インターネット使ったIPサイマル放送
(電波で流れているラジオ番組のライブストリーミング)
ですが、
電波の放送から数秒の遅れがあるせいで、
時報が正確に流せない。

「◯◯が午前零時をお知らせします。(・・無音・・)」

うーん、なんか味気ないweep
しかも深夜は結構寂しい。
これって技術の進歩で何とかならないのかなあ。。。

まあ、きっと、
ほとんどの人にはどうでもいい事なんでしょうけどcoldsweats01


にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村


2016年1月 9日 (土)

海街diary 7巻「あの日の青空」★人生は選択と後悔と次への決心と


映画化後、最初の新刊になる

吉田秋生さん「海街diary」7巻・あの日の青空

Pict1


結局私は映画は観なかったけど、
どこまでのエピソードが描かれていたんだろう?
原作は、鎌倉の景色とともに
淡々と話が進んで行っています。

今回は、4姉妹それぞれの決心。

すずちゃんの進路と、
幸、佳乃、千佳の恋

それぞれが、
悩みながらも答えを出していく。

佳乃の恋人の坂下、
千佳が思いを寄せる浜田、
山猫亭の主人

過去に囚われ時を止めてしまった人たち。

もっと別のやり方があったのでは・・・
何故そんな事をしてしまったのか・・・

その痛みに寄り添おうとする人々の優しさが、
やはり海街の素敵なところconfident

すずちゃんの進路も決まったし、
もう7巻まで進んでいるし、
すずちゃんの中学卒業とともに、
この物語もエンディングとなるのかな?

でも、今の雑誌掲載ペースだと、
それでも何年かかるのだろうcoldsweats01

 

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村


2016年1月 7日 (木)

百乃モトさん「私の無知なわたしの未知」2巻★色が変わるトキ(ネタバレも)


漫画も小説も映画も、
作品”と呼ばれるものには、
それぞれの””があり、
まれにストーリーの中でそれが変わる瞬間を
感じるときがあります。

雑誌「ハツキス」に連載されていた

百乃モトさんの「私の無知なわたしの未知」

2巻が発売になりました。

Pict1


特典のイラストカードに描かれた
ヒロインの湊と真耶がとっても可愛いheart

この作品、連載が始まった頃は、

透き通るような碧

がとっても似合うと感じたけど、
2巻になって、カバーイラストの通り

包み込むような朱

に雰囲気が変わっていった。

心が焼けるような熱情の朱色。
夕暮れ時に感じる切ない朱色。


そして最初に感じた

ヒロイン二人の掴みどころの無い不安定さ

に、最後まで心を掴まれました。

これが最終巻。
もう少し長く読んでいたかったなぁ。




(ネタバレ)



職場の先輩、真耶と恋に落ちた湊。
しかし、湊が運命の出会いと思ったこの恋は、
実は真耶が計画していたことだった。。。
真耶の真意は・・・

そして真耶が湊にもたらすのは、
復讐の裏切りなのか、
未知なる世界に連れ出す救いの手なのか?

早々に真耶の素性、
湊との因縁が明らかになってしまったけど、
できればもう少しミステリアスな真耶を
引っ張ってほしかったweep

でも、百乃モトさんらしい温かい終わり方。
いつか二人のその後の話を読んでみたいなconfident

 

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村


2016年1月 6日 (水)

「赤髪の白雪姫」第15巻★TVアニメの第2期もスタートです♪


あきづき空太さんの「赤髪の白雪姫」も
はや15巻。

Pict1


今回もまったり、爽やかに話が進みます♪

中世風の世界での、ファンタジー物語。
基本的に宮廷薬剤師・白雪とゼン王子との恋物語なのだけど、

魔法もモンスターも、
計略も戦争も出てこない。
白雪もゼンも何か特殊な能力を持ってるわけじゃない、
普通の女の子と王子様。

でも、その普通さが、
逆にとっても新鮮に感じるのは、
世の中があまりにも慌ただしくなってしまってるからなのかも。


1月11日から、TVアニメの2ndシーズンがスタート。
1stシーズンからわずか1クール空けただけで、
2ndシーズンとは、人気があったのですね。
確かに家族で安心して見られる良質な内容だった。
ので、深夜枠じゃなく週末の夕方にやってほしかったなぁweep
でも、見ます!




(ネタバレ、、、なのか?)




今回は、
前半が

ゼンと白雪の爽やか恋物語

後半が、

理科実験

な感じcoldsweats01

リリアスで、ひたすら実験です!
ロマンスも友情物語もちょっと置いておいて、
ただただ実験ですsweat02


この淡々さ、いかにも「赤髪の白雪」らしいわ。。。

 

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村


2016年1月 3日 (日)

三が日のしめは横浜美術館で★美術館の福袋とは?


今日、1月3日は、
横浜美術館の無料開放日。
コレクション展だけでなく、企画展も無料という
とってもナイスな日good

アトリウムには、お正月の飾りも。
中島清之展もあと一週間で終了。
小布施を描いた作品が私は好き♪

Museum1


ミュージアム・ショップでは、
ここでも「福袋」が。
実はこれ、
年末に「お楽しみ袋」として売り出したものが、
新年を迎え、福袋に変身happy01

奈良美智さんの絵柄の入ったトートバックが
とっても可愛かったので、
思わず衝動買いしてしまった。

Museum2


一番安い千円のモノの中身は、
こんな感じです。
鉄観音茶は、きっと前回の企画展
「蔡國強展」の時のものと思われる。

ペーパークラフトとかも入っていて、
何かちょっと楽しそうです♪

Museum3


今年の三が日の締めは、
美術鑑賞で。
アクティブ&クリエイティブな年にできるといいなぁconfident

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村


2016年1月 2日 (土)

ロフトの福袋 2016★懐かしいモノが♪


雑貨の福袋って、
千円くらいでいろんなものが詰まっていて、
何か楽しいですよねhappy01

というわけで、
今年もLOFTに行った際に文房具の福袋を買ってしまったsweat01
女の子用です。
シールやマスキングテープが入ってなかったのは
ちょっと残念。

Pict1


プリパラのカップが。
娘は既にこの手のは卒業してしまいましたが、
夫が「会社で使う」とcoldsweats02
いや、それは勘弁を。。。

Pict2


いろいろある中、とっても懐かしいものが。

「くつしたのり」

Pict3


中学生の頃、

「ソックタッチ」

って商品名のがとっても流行った記憶があります。
(ググったらソックタッチは白元の商品名でした)


娘は、

「これ、何の糊?」

って。
そっかー、まだ知らなかったんだ。

結局使わなかった、って物もあるけど、
雑貨の福袋って、子供だけでなく大人も一緒になって
ついワイワイしてしまいます。
で、ノートやペンがどんどん増えていくcoldsweats01

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村


2016年1月 1日 (金)

マリアージュフレールの福袋2016★今年は茶葉が多くて嬉しい♪


今年は、元旦から快晴&ポカポカ陽気で
過ごしやすい始まりですね。
本年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m

今年もマリアージュフレールの福袋欲しさに、
早起きでそごう横浜店に行ってきました。

が、何とまたしても

開店時間を間違えてしまったsweat02

9時20分頃に行ったら、もう大賑わいで。
二年連続で学習能力の無さを晒してしまい。。。

マリアージュフレールは長蛇の列でしたが、
去年よりは短かった気がします。
30分も並ばなくてたどり着けました。

今年は、

7,000円
10,000円
20,000円
※税抜き

の4種類があり、
20,000円は銀座本店のランチチケット入り。
で、今年は10,000円のを購入。

Pict1


福袋買ったら、即分解ですhappy01

茶葉が6種と、ティージャムが1瓶。

・ルージュ サハラ
・ブレックファースト アールグレイ
・セイロン ラトナピュラ
・ダージリン プリンストン
・ジャスミン マンダリン
・ク ド ソレイユ

・アールグレイ インペリアルのジュレ

Pict2


程よく散らしてくれて有難い。
ちなみに昨年は、7,000円ので、

・エスプリ ド ノエル
・ヴィオレッタ
・フランボワーズ
・キンバレー

だったので、
どれも被らなくてよかった♪

さあ、まずはこの紅茶が似合う部屋に
片付けなければcoldsweats01

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村


« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ