« 三ツ池公園のかい堀り(池干し) | トップページ | ちゃお1月号の付録「ATM型貯金箱」が笑える »

2015年11月30日 (月)

シギサワカヤさん「溺れるようにできている」完全版。何となくちょっと羨ましいぞ


シギサワカヤさんの

「溺れるようにできている」

2008年に出版されたコミックですが、
何故か7年後の今、完全版が。

Pict1


諸々修正と、
同人誌等に開催されたおまけ話を収録。

本日発売予定だったのに、
先週の金曜日には本屋さんに並んでた。
シギサワさん曰く、
書籍扱いだからだそうで。
何で同じ本なのに雑誌扱いと書籍扱いがあるのか
よくわからんですが、
元々掲載されていた雑誌(コミックエール)が
既に休刊してしまっているから??
書籍扱いだと、店頭発売日が変わって、
よくわからなくなってしまう事があるのよね。。。

お話は、
大学生の佳織ちゃんと、
8歳年上の幼馴染、
圭ちゃんとの中距離(電車使って2時間半)の恋話?

佳織ちゃんは、
自己評価低くて、いつもネガティブ妄想で、
落ち込んで、落ち込んで、たまにキレて。
圭ちゃんは一見優しくしっかりしたお兄さん風で、
でもとっても意地悪だったりもして。

その割に読んでいてイライラしないのは、
佳織ちゃんに共感できるところがたくさんあるからかもしれない。

佳織ちゃんは、
相手の気持ちを感じ取れてしまうが故に、
臆病になったり、
言葉を飲み込んだり。
器用に生きられないけど、
きっとそれはかけがえのない長所なんでしょうねconfident

なんでこんな男を、と思いつつ、
そんな恋に一生溺れているのも悪くない、
と思える強さは、ちょっと羨ましいな。

 

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村


« 三ツ池公園のかい堀り(池干し) | トップページ | ちゃお1月号の付録「ATM型貯金箱」が笑える »

まんが」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1743168/62754656

この記事へのトラックバック一覧です: シギサワカヤさん「溺れるようにできている」完全版。何となくちょっと羨ましいぞ:

« 三ツ池公園のかい堀り(池干し) | トップページ | ちゃお1月号の付録「ATM型貯金箱」が笑える »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ