« サイゴンで朝食を | トップページ | 初秋の浜離宮恩賜庭園で和菓子をいただく »

2015年10月 9日 (金)

国立公文書館の「災害に学ぶ」


北の丸公園の一角、
東京国立近代美術館の隣に、

国立公文書館

があります。

Pict1


非常にシンプルな建物。
それが逆に「ここは何だろう?」という関心を引くくらい。

現在、国立公文書館では、秋の特別展として、

「災害に学ぶ 〜明治から現代へ」

が開催中。
誰でも無料で見学することができます。
しかも撮影可。

Pict2


自然災害、都市災害、
明治から現代に至る様々な災害に関する、
公文書が公開されています。

関東大震災、室戸台風、伊勢湾台風、
銀座の大火や空襲、桜島の噴火・・・
公文書なので、時代を経ても非常に生々しく伝わってくる。

災害に学び、
対策や準備をし、
それでも想定を上回る災害が起きてしまい、、、

今の日本は、
多くの場所がかなり安全に生活出来ると思いますが、
それはこういった多くの災害の教訓の上に成り立っているものなんだと、
改めて思い知らされます。
そして、個人でもちゃんと防災の準備をしておかねばthink

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

公文書館の入り口の横には、
日本国憲法の公布原本(御署名原本)が展示されています。

Pict3


真の原本(正しくは何と呼ぶのだろう?)は、
この国立公文書館の書庫に厳重に管理されているそうな。


公文書というととっても硬いイメージですが、
以外と気軽に立ち寄れて、
興味深い展示が多くあったりしますconfident

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村


« サイゴンで朝食を | トップページ | 初秋の浜離宮恩賜庭園で和菓子をいただく »

美術館・博物館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1743168/61973374

この記事へのトラックバック一覧です: 国立公文書館の「災害に学ぶ」:

« サイゴンで朝食を | トップページ | 初秋の浜離宮恩賜庭園で和菓子をいただく »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ