« 3年経ちました | トップページ | 高橋由季さんのアニメーションだ! NHK Eテレの「Q 〜こどものための哲学〜」 »

2015年9月 2日 (水)

旅と人生は似ている


最近、旅行には行ってるけど、旅してない。
どっちも同じでは?って言われそうだけど、
自分の中では何となくな区別がある。

旅行は、家族旅行や修学旅行のような、
事前にきちんと計画を立て、
宿や移動手段の手配をしておくモノで、

旅は、ザックリな方向だけ決めて、
細かい事はその時々の気分で、的なモノ。
電車に乗ってぶらっと出かけるお散歩も、
私にとってはある種の旅かもしれない。


そんな事を、

沢木耕太郎さんの「深夜特急」

を久しぶりに読み返しながら思い浮かべてた。

「深夜特急」は、
沢木さんが香港〜ロンドンまで、
ユーラシア大陸をローカルバスや電車を乗り継ぎ旅する紀行文。

旅の当時、沢木さんはまだ二十代。
若い熱気が溢れ出てくる本。
私は十代の頃にこの本に出会い、
激しく心揺さぶられる思いでした。


さすがに身の安全や度胸も含め、
沢木さんのような旅は私にはできないけど、
でも、プチ・バックパッカー気取りで、
国内を旅したこともあったり。
今となっては、ちょっと青臭くて照れくさい、
でも前しか見てなかった頃の懐かしい思い出。


「深夜特急」の中で、沢木さんは、

旅と人生は似ている

と書かれています。
何かを失うことなしに前に進むことはできない
と。

初版が出てから30年以上が過ぎましたが、
沢木さんは今も同じように思われてるのだろうか?

私もこの言葉に、今でもすごく共感しますが、
理由は沢木さんとは違っていて、
何かに出会うことなしに前に進むことはできない
から。

それは、人との出会いであったり、
本との出会いであったり、
最近ではネットでの出会いであったり、
そして自分の心の言葉との出会いであったり。
その出会いで得た想いが、
次の目的地へと後押ししてくれる。

やっぱり「深夜特急」は、
そんな青くさい事を思わず書き綴ってしまうくらい、
今でも心が熱くなる本でしたconfident

Trip

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村


« 3年経ちました | トップページ | 高橋由季さんのアニメーションだ! NHK Eテレの「Q 〜こどものための哲学〜」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
ごぶさたしています。

わたしも沢木さんの深夜特急、大好きですconfident
まぐぴーさんのお気持ちにも、共感してますheart01

こんばんは。
私も「深夜特急」は何度も繰り返し読んだバイブルです。
「旅と人生は似ている」は、深い言葉ですよね。いろんな解釈がある。
みんな本質の部分では共感しているのだろうと勝手に思っています。

旅も人生も、人や風景、あらゆるものとの一瞬の邂逅ですよね。
二度と同じ出会いはないから心に刻みたい。私はそんなふうに
思っています。

アケさん、こんにちは♪
コメントありがとうございます!
アケさんのブログを拝見していると、
アケさんはきっと旅に色々な思いがあるのだろうなぁ、って
勝手に思っちゃったりしてますsweat01
「深夜特急」素敵な気持ちになれますよね。
大沢たかおさんが沢木さんを演じられたテレビドラマも大好きでしたheart

いかさまさん、こんにちは。
今の時代も、この本に描かれたようなバックパッカーの若者は、
同じように世界中を旅しているのですかね?
沢木さんが旅をされた頃に比べて、
交通機関の発達で地理的な距離は縮まったけど、
紛争とかで国と国との距離はむしろ遠のいてしまったのかもしれませんね。
寂しいことですが。。。
 
旅は、人それぞれの思いがあるから、
より素敵になるのかもしれませんねconfident

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1743168/61438918

この記事へのトラックバック一覧です: 旅と人生は似ている:

« 3年経ちました | トップページ | 高橋由季さんのアニメーションだ! NHK Eテレの「Q 〜こどものための哲学〜」 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ