« 「淡島百景」第7話・山路ルリ子と日柳夏子★今回は非情にもブチっと、、、 | トップページ | 志村貴子さん「こいいじ」2巻。拾う神、、、無し »

2015年8月11日 (火)

「海月と私」最終4巻★私も諸々「てへ♪」って笑って誤魔化したい


「good!アフタヌーン」で連載されていた、
麻生みことさんの「海月と私」、
4巻で最終回を迎えました。

Pict1


舞台は、
質素でも、食事が最高に美味しくて、
海の音の中で眠れる宿”とびうお荘”。

そんな宿に、夏のハイシーズンが過ぎて静かになった頃に泊まってみたいなあ。


とびうお荘にフラッと現れ、
仲居として居着き、
みんなの心を奪い、
そしてまたフラッと姿を消してしまった海月のような岩松梢さん(偽名)。

彼女を探す旅の末にたどり着いた梢さん(偽名)の正体は。。。


途中からちょっとサスペンスっぽい展開になると思いきや、
そこはやっぱり”みこと流”。
「てへ♪」っと笑って誤魔化す梢さんが最後まで可愛かったheart


私が「てへ♪」ってやったら、、、
家族は無視だろうなあcoldsweats01




(ネタバレで)



海月が海に溶けるように消えてしまった梢さん。
彼女を、若かりし頃に生き別れた娘と信じ、必死で探すとびうお荘の主人。
彼がたどり着いた梢さんの正体は、意外なものだった。

彼女を身を呈して守り、海へと落ちてゆくとびうお荘のオジさん。
最後は、彼の傷が癒え宿に戻るまでとびうお荘を一人で守る、
梢さんの笑顔でおしまいconfident


本編も面白かったですが、
巻末のおまけ漫画(その後のオチ)が秀逸。
やっぱりオジさんは若い娘に転がされてナンボよね♪
なんちゃって。
な感じ?のオチでしたhappy01

 

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村


« 「淡島百景」第7話・山路ルリ子と日柳夏子★今回は非情にもブチっと、、、 | トップページ | 志村貴子さん「こいいじ」2巻。拾う神、、、無し »

まんが」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1743168/61130552

この記事へのトラックバック一覧です: 「海月と私」最終4巻★私も諸々「てへ♪」って笑って誤魔化したい:

« 「淡島百景」第7話・山路ルリ子と日柳夏子★今回は非情にもブチっと、、、 | トップページ | 志村貴子さん「こいいじ」2巻。拾う神、、、無し »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ