« 宮古島完熟マンゴーのプリンは優しい味だった | トップページ | 「Kiss」10月号の短編が素敵★麻生みことさん「アレンとドラン」&福丸やすこさん「夏の月はラムネ色」 »

2015年8月25日 (火)

「そして、晴れになる」2巻★涙と笑顔が、まっすぐ心に沁みてくる


本日発売の、

天堂きりんさんの「そして、晴れになる」第2巻

ようやく2巻が出た。。。
1巻が2012年10月だったので、ほぼ3年ぶり。

Pict1


きりんさんの人情話は、相変わらず素敵。
そして、精一杯強がって歯を食いしばって頑張る女の子の笑顔と涙が、
ストレートに心に沁みてきますconfident

第1巻の裏表紙に書かれた、

晴れの日もあれば、雨の日もある。だから人生はおもしろい

天からのお日様と水で、
人の心も育っていくのでしょうね。
今回もそんな感じの、時任窓花・絵里姉妹のお話。
きりんさんがあとがきで「ドリームな内容」と書かれてますが、
そこがこの作品のいいところなのよーhappy01

3巻は「いつになるかわかりません」と正直に書かれてしまったsweat02
「きみが心に棲みついたS」終わる迄は無理そうだなぁ。。。




(ネタバレで)



今回も、長女の窓花ちゃんのお話が素敵だった。
1巻の2話で描かれた、
窓花ちゃんが高校からずっと片想いの早坂くんと結婚するまでの話
が、窓花ちゃんの親友の桜ちゃん目線で再び描かれます。


親友であるが故の嫉妬。
心を開いてくれない事への苛立ち。
思わず「大嫌い」って泣いてしまうほどの友への想い。
でも最後は親友の幸せへの心からの笑顔。


友情の狭間の微妙に黒い部分がリアリティあってちょっと怖いですが、
そこは「そして、晴れになる」なので、すっきりエンディングで♪

 

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村

« 宮古島完熟マンゴーのプリンは優しい味だった | トップページ | 「Kiss」10月号の短編が素敵★麻生みことさん「アレンとドラン」&福丸やすこさん「夏の月はラムネ色」 »

まんが」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1743168/61326485

この記事へのトラックバック一覧です: 「そして、晴れになる」2巻★涙と笑顔が、まっすぐ心に沁みてくる:

« 宮古島完熟マンゴーのプリンは優しい味だった | トップページ | 「Kiss」10月号の短編が素敵★麻生みことさん「アレンとドラン」&福丸やすこさん「夏の月はラムネ色」 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ