« 「心が叫びたがってるんだ。」の特別鑑賞券の特典が、めんまちゃんだった | トップページ | 「志村貴子まつり2015」の応募券が可愛すぎる »

2015年7月21日 (火)

世界報道写真展2015@東京芸術劇場、世界の今はこんなにも、、、

池袋の東京芸術劇場ギャラリー1で開催中の

「世界報道写真展 2015」

に行ってきました。

例年は東京都写真美術館が会場となりますが、
今年は改装工事中のため東京芸術劇場で。

Pict1


入り口で渡される出展作品リストには、
簡単な内容説明も書かれていて、後で作品を思い出す時に便利です。

Pict0


世界報道写真展2015は、

・スポットニュース
・一般ニュース
・スポーツ
・現代社会の問題
・日常生活
・ポートレート
・自然
・長期取材


の8部門から構成され、
今年の大賞は、



マッズ・ニッセンさんの
ロシア・サンクトペテルブルクに暮らす同性愛の男性カップルの姿を撮影した作品


数ある作品、
どれも、あまりにも生々しすぎる現実。
自分の日常の暮らしの中で、俄かに信じられないほどの。

紛争、貧困、疫病、差別、環境破壊、、、

写真はもちろんですが、添えられたコメントも心に刺さってくる。
覚悟して足を踏み入れないと、打ちのめされてしまう。

ウクライナでマレーシア航空機が撃墜された事件の組み写真が、今も脳裏から離れない。


子供を連れて行こうか迷ったけど、結果的に連れて行かなくてよかった。
いずれ世界の現実を知って行かなければならないと思うけど、
大人の私でも目を背けたくなるような写真、娘にはまだ無理だと思う。
この先も毎年開催されるだろうから、適切な時が来たら一緒に行こう。


東京芸術劇場では、8月9日(日)まで。

その後、

8月11日〜8月20日:大阪
8月23日〜9月6日:埼玉
9月9日〜10月4日:京都
10月6日〜10月18:滋賀
10月21日〜11月4日:大分
11月7日〜11月18日:広島

と巡回予定。


行ってよかったと思う。
正直なところ心底辛いけど、
きっと知らなければいけない現実がそこにある。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村


« 「心が叫びたがってるんだ。」の特別鑑賞券の特典が、めんまちゃんだった | トップページ | 「志村貴子まつり2015」の応募券が可愛すぎる »

美術館・博物館」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
そうですか。
見たくない現実でしょうが、それも現実なんでしょうからね。
そういう現実がなくなればいいんでしょうけど(^ ^;)

yasuさん、こんにちは。
ほんと、辛い現実ですね。
知る事の大切さを改めて感じました。

こんにちは(^^)
そうですね、本当は見なきゃいけない、見ておいたほうが良い。
でも、実際はと言うと、知らず知らずに目を背けてしまっています。
何かの折に意識して目を見開かないと、直視できなかったりします。
そう言う場面が、授業とか、こういったイベントだったりするんですよねconfident
世界は私の周りだけで決して完結してはいない。
私の生活と直接的には関わり合いはなくても、同じ世界の一部なんだ、
と改めて知らされます。

娘ちゃんが訪れる時は、きっと傍にMugpyさんという心強いお母さんがいるので大丈夫だと思います!

凩さん、こんにちは。
自分たちは世界の一部なんだ、ってまさにその通りですね。
今は遠く離れた地の事でも、いつ何時自分たちに降りかかるかもしれないし、
写真に写し出されたのと同じような事が、今この瞬間も世界の何処かで起きているし、
直接的にしろ、間接的にしろ、
様々な形で繋がっているんですよね。。。
受賞された作品は、どれも”その情景を想像させてしまう”リアリズムに溢れ、
子供には一つづつ共有しフォローしていかないと、と思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1743168/60835285

この記事へのトラックバック一覧です: 世界報道写真展2015@東京芸術劇場、世界の今はこんなにも、、、:

« 「心が叫びたがってるんだ。」の特別鑑賞券の特典が、めんまちゃんだった | トップページ | 「志村貴子まつり2015」の応募券が可愛すぎる »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ