« 牛タン焼きの香りが | トップページ | 子供の一言 »

2015年6月22日 (月)

梨木香歩さんの「西の魔女が死んだ」は森の香がする

仕事帰りにストレス解消で本屋に寄る生活を繰り返してたら、
読んでない本の山が3つほどでき、
せっかく新刊で買った単行本が、読む前に文庫本化てしまったcoldsweats01
流石にこれはよろしくないthink

そんな矢先、暫く前に友人が譲ってくれた本が手付かずになっていたら、
本人から「どうだった?」と感想聞かれてしまい、

穴があったら入りたいsweat01

って言葉はこういう感じなんだなあ、、、と体感sweat02
心入れ替えて、しばらくは読める分だけ買う事にした。
いや、あまりにあたり前の事なんですけどね。。。

先ずは、積まれた山を消化して行こう。
で、最初に手に取ったのが、

梨木香歩さんの「西の魔女が死んだ」

1994年に単行本が出た当時、友人に借りて読みましたが、
久しぶりに再読したいと文庫本を購入してそのままになっていました。
2008年には映画化もされましたね。
西の魔女であるおばあちゃん役のサチ・パーカーさんがとても可愛らしかったhappy01
ENGLISH JOURNALの2008年7月号に彼女のインタビューが掲載されていましたが、
彼女の明るく優しい語り口は、
当時ちょっと英語に挫折しかかっていた私の大きな励みにもなりました。

Book1


「西の魔女が死んだ」は、
中学に行くことができなくなってしまった少女”まい”が、
森に住まう祖母”西の魔女”と過ごした初夏の短い刻のお話。
西の魔女との”魔女修行”を通しての、まいの心の再生の物語。
森の中で自然と一体となって過ごす何気ない日常と、
そして魔女になるために必要な、たった一つのある事。

前に読んだ時から随分と月日が経ちましたが、
やっぱりこの本からは、優しい森の香がしてくるconfident
静かで生きる力に満ちた森の中を歩いているような気分になれる。


本の山を見ながら、ブログ書いてる場合じゃないよ、と思いつつ、
でもこんな風にのんびりするのもいいもんだ、と思えたりする、
そんな小説ですshine

にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村

« 牛タン焼きの香りが | トップページ | 子供の一言 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
「西の魔女が死んだ」ですか。
本は読んだことありませんが、子供たちと一緒に映画を観に行きました。
やさしい、いい映画でしたね(^ ^)

yasuさん、こんにちは。
優しいお話ですよね♪
映画もとっても雰囲気ありましたshine
娘がもう少し大きくなったら読んでほしいな、って思ってますconfident

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1743168/60476769

この記事へのトラックバック一覧です: 梨木香歩さんの「西の魔女が死んだ」は森の香がする:

« 牛タン焼きの香りが | トップページ | 子供の一言 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ