« 続・古本の中にあったモノ | トップページ | 起きて最初にする事って何だろう?、志村貴子さん「起きて最初にすることは」 »

2015年5月22日 (金)

続・続・古本の中にあったモノ

またまた、古本にまつわる話。

古本屋で買ってきた本、
”他の女の子に片想いしてる男の子”
を好きになった女の子のお話。

その女の子は、一途で一生懸命で、
辛いけど、
好きになった男の子が片想いの人とうまく行って、
幸せになってくれるとイイなと思いつつ、
やっぱり自分の心から溢れる想いが抑えきれない。

男の子は、途中から自分の本当の気持ちはどうなのか
よく分からなくなってきて、
結局どちらにも煮え切らない態度。

で、堪りかねた女の子が一言、

「ばかーっ!!」

私も読んでくうちに正直イライラが募って来ていて、
男の子にキレかけた絶妙なタイミングのシーンでしたが、
その吹き出しの横に、

サインペンで
「バカっ!」って書いてあった

、、、吹き出しそうになったcoldsweats01
落書きした本を古本屋に売ってはイカンと思いますが、
でも、あまりにも正直に自然に書き加えられていて、
もはや作品の一部になっていたsweat01

落書きにもセンスが滲み出るのだなぁ、って妙に感心。

ちなみに、その作品は、

冬目景さんの「イエスタデイをうたって」

ではありません。
でも、リクオとシナコのシーンに

「何やってんの、ばか!」

って書きたくなったことは幾度あったか。。。


にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村

« 続・古本の中にあったモノ | トップページ | 起きて最初にする事って何だろう?、志村貴子さん「起きて最初にすることは」 »

まんが」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは♪
古本にまつわるお話、どれも味わい深く拝見しましたconfident
一つ前の「託されたメッセージ」的なお話は驚きと共に何だか心の中が温かくなりましたが、
今回のもまた面白く、読み手の気持ちが自然に伝わってきますね!
私は小さい頃、古本屋で買った漫画の最初の方が色付きだったことがありました。
あまりにも塗りが上手くて、「カラー!?」と目を見張りました(そんなわけない…笑)
でも6ページくらいから色が突然消えまして、「ああ、きっと飽きたんだな…」と悟りました(笑)
だいたい汚れなどを確認して購入するものの、たまにふと見つけると、余程のものじゃない限り前の持ち主を想像して少し楽しくなりますねconfident

凩さん、こんにちは☆☆
何か妙なシリーズ物になってしまってcoldsweats01
読んでいただきありがとうございますm(_ _)m

本に着色とは、すごいですねsweat02
今までコミックスに色を塗る、って発想無かったですが、
確かに面白いかも(もったいなくてなかなか出来ないですがsweat01
古本屋で買うと、前の持ち主のこと私も想像します。
そして古くても新刊のように綺麗だったりすると、この本大切にされてたんだって、
嬉しくなったりconfident
逆に発刊間も無い物だと、この作品余程つまらなく感じたのかなぁってcoldsweats01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1743168/60098415

この記事へのトラックバック一覧です: 続・続・古本の中にあったモノ:

« 続・古本の中にあったモノ | トップページ | 起きて最初にする事って何だろう?、志村貴子さん「起きて最初にすることは」 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ