« 「町田ぼたん園」が満開、牡丹と芍薬の違いって? | トップページ | しばしのお別れ、ブリヂストン美術館の「ベスト・オブ・ザ・ベスト」 »

2015年4月28日 (火)

初単行本が新たな表紙で文庫化、冬目景さん「ZERO」

冬目景さんの「ZERO」が、
幻冬舎コミックス漫画文庫で新刊発売になっていた。
表紙がちょっとオカルトっぽくて怖いsweat02

そもそもこの作品が世に出たのは、もう20年前の1995年。
冬目さんの初連載にして初単行本。
私が持ってるのは2002年に出た新装版2。
オリジナルと新装版を探してるけど、なかなか見つからない。
まあ、まだ今のように名が知られる前ですもんね。

Zero1


20年経ってから新たな表紙で再発売されるとは思わなかった。
今年は、

「イエスタデイをうたって」

「マホロミ」

の、2つの長期連載が完結するので、諸々一つの区切りなのかも。

ああ、今週「マホロミ」の最終巻が出るんだweep


(ちょっとネタバレ)
「ZERO」は、不器用で世渡り下手だけど純粋な女の子が、
自分を裏切り退学に追い込んだ学校や生徒に復讐する話。
最後は主人公の男の子以外、生徒全員死亡、、、
刹那的で、冬目さんも”あとがき”に書かれていますが、
負のパワーに満ちてるcoldsweats02
でも、デビュー当時から、力ある独特な絵。

連載は現「コミックバーズ」の前身である「コミックバーガー」だったらしいですが、
「ZERO」は3話構成なので、1回の連載が60ページくらい。
これもちょっと凄いなぁ。


ヒロインはやっぱりショートヘアの美少女なのねheart
いや、ハートつけてる場合じゃない内容だけど。。。
復讐という形はともかく、
拠り所にしたものに裏切られる辛さは、
学校のような少し閉じた世界の中だと尚更でしょうね。
会社もそうかなぁthink

 

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村

« 「町田ぼたん園」が満開、牡丹と芍薬の違いって? | トップページ | しばしのお別れ、ブリヂストン美術館の「ベスト・オブ・ザ・ベスト」 »

まんが」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1743168/59808740

この記事へのトラックバック一覧です: 初単行本が新たな表紙で文庫化、冬目景さん「ZERO」:

« 「町田ぼたん園」が満開、牡丹と芍薬の違いって? | トップページ | しばしのお別れ、ブリヂストン美術館の「ベスト・オブ・ザ・ベスト」 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ