« 恋の重さは何グラム?「単位展 あれくらい それくらい どれくらい?」で測ってみよう! | トップページ | 不忍池の包丁塚と包丁人味平味平 »

2015年3月 8日 (日)

富士フィルムスクエアの「森と海」と「ピクトリアリズム」

東京ミッドタウンにある、富士フィルムスクエアに行ってきました。

Fuji1


フォトサロンで開催中の

今森光彦さん/中村征夫さんの企画写真展
「森と海 - すぐそこの小宇宙」

と、併設されている写真博物館で開催中の

「ピクトリアリズム - 近代写真の夜明け -」

を見るのが目的。
こじんまりとはしていますが、
どちらも見応えあって、しかも無料が嬉しい♪

Fuji2


「森と海」は、
琵琶湖水系と東京湾の自然の営みと、
そこに根付く人々の姿を描いた写真展。
魅入られてしまうような美しさだった。
私もこんな素敵な写真を1枚でも撮れたらいいなぁ。

写真展にしては珍しく

写真撮影・公開OK
(もちろん作品コピーはNGで、ブログやSNSでの会場レポ目的限定)

なのには驚きました。
パネルの右下隅にちっちゃく書かれているので、
気づかれなかった方も多かったかもしれません。
なので、そう書かれていても撮影するのはかなりプレッシャーだった

でもせっかくなので載せさせて頂きます。
(係の方にも確認させていただきました)

作品の感動が少しでも伝われば嬉しいな。

Fuji3


読めないと思いますが、パネルの右下隅に写真撮影の記載が。
それなりに混雑していたので、人が写り込まないように撮影するのは
なかなか大変でした。
みなさんゆったりと作品見られていて、リラックスした雰囲気shine

Fuji4


環境保護の重要性が多く語られるようになってから、
東京湾も随分と綺麗になった気はしますが、
まだまだこれから、というところなんでしょうね。
いつの日か、東京湾で気持ち良く泳げる日が来るといいなぁconfident
 
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
 
「ピクトリアリズム」は、
19世紀末から20世紀初頭にかけて、
写真を記録としてだけでなく、芸術に昇華させようとした試み。
絵画のような写真、という感じでしょうか。
こちらは勿論撮影禁止。
私の最も苦手な絵作りなので、
こんなファンタジーでロマンティックな雰囲気。とっても憧れますheart

メーカーのショールームって、色々催しがあって楽しめますよねgood
(しかも無料が多いのは嬉しい)

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村

« 恋の重さは何グラム?「単位展 あれくらい それくらい どれくらい?」で測ってみよう! | トップページ | 不忍池の包丁塚と包丁人味平味平 »

美術館・博物館」カテゴリの記事

コメント

フイルムメーカーでは、唯一の生き残り、
そして、成功していますものね他の分野でも、
フジさんのは、空の青さが特徴なイメージがあって、
ただ個人的には、そんなに青くないやろみたいなw
画的には、色んな設定があるのはいいと思いますがw
俺は記録だと思っているので、
まあ、あれですw選択肢が多いのは良いことだと思います、
本気撮りには、その時ズバリでいければいいのかなと。
ご主人なんか可愛らしいですね、気の弱い優しい性格なんですね。
きっと俺とおんなじだw

現記写心さん、こんにちは。
フジはフィルムカメラの頃、リアラやベルビアでお世話になりましたconfident
発色が鮮やかで綺麗だったのを覚えています。
今回の写真展を見て、
デジカメ+プリンタでもこんなに緻密で鮮やかな作品を作れるんだ、って
ちょっと驚きました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1743168/59189430

この記事へのトラックバック一覧です: 富士フィルムスクエアの「森と海」と「ピクトリアリズム」:

« 恋の重さは何グラム?「単位展 あれくらい それくらい どれくらい?」で測ってみよう! | トップページ | 不忍池の包丁塚と包丁人味平味平 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ