« おひな様、いろいろ | トップページ | 山手西洋館のひな祭り »

2015年2月28日 (土)

「ガンダム THE ORIGIN 1 青い瞳のキャスバル」、嬉しさと、寂しさとの間で

機動戦士ガンダムの原点を描く「ジ・オリジン」。
その第1話「青い瞳のキャスバル」のイベント上映が今日始まりました。
ガンダムUCの時は頑張って初日に劇場行ったけど、
寒いし気力が湧かず、自宅でネット配信をまったりと。

人の革新、宇宙に適応した人類の出現を予見したジオン・ダイクン。
今回は、その幼き遺児キャスバルとアルテイシアが、
シャアとセイラとなっていく道程の序章となります。

久し振りにキャラクターデザインを安彦良和さんが担当され、
ファーストガンダムのファンにはたまらない作品ですが、
それだけに、

永井一郎さんのナレーションが聴けないのは寂しかった

そして、

この先、井上瑤さんのセイラさんの声が聴けないのが寂しい

物語は宇宙世紀0068。
ファーストガンダムの宇宙世紀0079から11年前の話。
でも現実の時間は放送開始から36年も過ぎているんですよね。
私はリアルタイムでは見ていないけど、
再びあの兄妹に会えるのはとても嬉しいけど、
それでもどうしても寂しい気持ちになってしまうのがツライweep

若き日のランバ・ラルとハモンさんが素敵だったgood
今回はこの二人(特にハモンさん)が準主役な活躍。
11年後の二人の物語を分かった上で見てしまうと、
こちらも寂しい気持ちになってしまうけど、
二人の優しい眼差しがとてもホッとさせてくれます。
ハモンさんのように、優しく、聡明で、一途な女性に憧れるわconfident

プラモデルに入ってたハモンさんのフィギュア。
色塗るのが面倒で作ってなかったけど、うーん頑張ってみようかな。

Gouf1

 

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村

« おひな様、いろいろ | トップページ | 山手西洋館のひな祭り »

まんが」カテゴリの記事

アニメ」カテゴリの記事

コメント

ガンダム好きですw
息子に作ってやるんだといって、
俺がプラモデルつくって喜んでいましたw
よく考えると、なんて幼稚な父親だったんだろうw

現記写心さん、こんにちは。
プラモデルも本格的にやるとすごく奥が深いみたいで。
私にはその技量も根気も無いのですが。。。

Mugpyさん自身がプラモデル作っていたのですか?
うちもね 主人の部屋が凄いです ガンダムで・・・・
今も作ってますよ 夜中に起きてられる体力がある時に・・・
もう飾る場所がないくらいになってますが 気付くとまた新しいのを買ってきて作っている


私は初代のガンダムをリアルタイムで見ていました
みんなでオープニング曲とかを大合唱しながら下校したり ガンダムはその当時は
日常に欠かすことのない存在と言っても過言ではなかった と言えます
こないだ つっちーと
ヤッターマン系(まぁ 今でいうポケモンなど)のアニメと ガンダムの違いについて語りました
何故ガンダムは大人がハマるのか
何故ポケモンは子供が飽きずに見るのか などと言う話^m^

奈月さん、こんにちは!
塗装したりとか凝ったのは苦手ですが、
プラモデル作るのは好きです♪
特にガンプラは接着剤が不要なのがいいです。
部屋にいっぱい飾りたくなる気持ち分かります!
 
ヤッターマン系、私も好きです。
ほんわかしてて、子供と安心して見れますし。
悪役が結構人情派な点はポケモンと共通かもしれませんね。
ガンダムは、劇場に行くと女性の姿が結構多くて、
世代もリアルタイムで初代見られた方から、学生な感じの方まで
ファン層が幅広いのを実感します。
我が家の夫もガンダム好きですが、コアすぎてちょっと私はついていけません(^_^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1743168/59090638

この記事へのトラックバック一覧です: 「ガンダム THE ORIGIN 1 青い瞳のキャスバル」、嬉しさと、寂しさとの間で:

« おひな様、いろいろ | トップページ | 山手西洋館のひな祭り »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ