« 「失恋ショコラティエ」の静かな最終回 | トップページ | 今年ブログに書かせていただいた漫画 »

2014年12月29日 (月)

今年一番読み返したコミックス★唐沢千晶さん「田舎の結婚」

今年も色々な本を読みましたが、
振り返ってみると、実は一番”読み返した”のは、
この作品かもしれない。

唐沢千晶さんの「田舎の結婚」

Marriage1


田舎を舞台にした一話完結のマリッジストーリーで、
白泉社のAneLaLaで連載中。

二両編成の電車が一時間に一本
コンビニまで車で5分
買い物は隣町のジャスコ

そんな言葉で始まる第1話。
エリート会社員だった主人公の大介が、
家族の面倒を見るために都会生活を捨て、実家の農業を継ぐが、
彼の頭の中は「いつか都会に戻る」ことばかり。
お見合いで付き合い始めた年上女性の晴香さんとも上辺だけの付き合い。
でも明るく誠実な彼女と過ごすうちに・・・

気持ちいいくらいストレートなロマンティック漫画。
唐沢さんの繊細で可愛らしい絵と相まって、
とっても爽やかな読後感。
田舎暮らしってきっとそんな甘いもんじゃない面もあると思いますが、
でも、せっかくの漫画なんだから夢見たっていいじゃないheart
舞台設定に違和感無いのは、
唐沢さんが田舎出身(とご自身で書かれている)からかも。
現実に疲れ夢見たい時、今でも何度も読み返します。

「あとがき」で唐沢さんが、
長い間少女マンガのネームが作れず苦労された話を書かれています。
実際、前作コミックスから5年も経過され、
「田舎の結婚」の第3話が、デビュー以来初めての巻頭カラーだったと。
しっかりした画力を持たれている方なのに、
ここもまた大変な世界なんですね。
本当に丁寧なあとがきを読んでいると、
「田舎の結婚」の 第2巻が更に待ち遠しくなってきますconfident

今年出会えたことに感謝の一冊。

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ
にほんブログ村

« 「失恋ショコラティエ」の静かな最終回 | トップページ | 今年ブログに書かせていただいた漫画 »

まんが」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ、
いつの頃からだろう、素直に気持ちを伝えられなくなったのは、
回りに遠慮して、つまらない人生を送ってる気がしますw
ホッとする、恋愛物語なのでしょうね。
いつか漫画喫茶で読んでみますw

現記写心さん、こんにちは。
素直になるって簡単そうで難しいですよね。
私も雑念の塊なので、へそ曲がりなことばかりでsweat02
人それぞれ、ホッとできる事や場所ってあるんでしょうねconfident

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1743168/58415168

この記事へのトラックバック一覧です: 今年一番読み返したコミックス★唐沢千晶さん「田舎の結婚」:

« 「失恋ショコラティエ」の静かな最終回 | トップページ | 今年ブログに書かせていただいた漫画 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ