« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月28日 (金)

国立科学博物館の子供向け教室

上野の国立科学博物館へ。
家族連れから、お一人様やカッップルまで、
いつも幅広い世代で賑わっていて、流石な感じですheart


Nm1


今回の目的は、
「かはく・たんけん教室」へムスメが参加。
今は”絵の具は何からできている”というテーマで、
絵の具の材料を学ぶ内容です。


Nm2


おー、何か理科の実験室っぽい。
アカデミックな香りが漂って素敵happy01


Nm3


13:00から地球館2F探究コーナーで整理券が配られますが、
20分くらい前から並び始めて、あっという間に行列なので、
結構大変(しかも親が代わりに並べません)sweat01

親は入室できないので、実験中近くの展示をぶらっと見学。

重要文化財の「万年時計」。
江戸末期に田中久重さんが作られた和時計で、
時計の機能の他に、上部に太陽と月の動きを再現する天球儀が。
造作も素晴らしいですねshine


Nm4


フロアの奥には零式艦上戦闘機。
昭和47年にラバウル沖で発見され引き揚げられた物だそうです。
美しく修復された展示ですが、
この機体を操縦されていた方は多分お亡くなりになったんだろうと思うと、
悲しい気持ちになります。。。
日本の技術の展示というだけでなく、
過去からの平和へのメッセージと考えたいです。


Nm5


建物の横(上野駅側)には「ラムダ・ロケット用ランチャ」が。
1970年、日本が初めて人工衛星の打ち上げに成功した時に使われたものだそうです。
こういう物がさりげなく置いてあるのが、国立科学博物館だなぁ。


Nm6


3月15日からは特別展「医は仁術」が開始。
混みそうですね〜。


Nm7_2

2014年2月27日 (木)

国立西洋美術館のモネ展へ☆本館って世界遺産候補なんだ


先日、天気が良く暖かかったので、
上野の国立西洋美術館に行って来ました。


Artmuseum1


目的は開催中のモネ展。
開催終了が迫っているせいか、大混雑。
最近行った美術館の企画展では一番混んでたかも。
モネはやっぱり日本での人気高いですね。


Artmuseum3


で、今回初めて知ったんですが、
国立西洋美術館の本館って、ユネスコの世界遺産候補なんですね。。。


Artmuseum2


素人目には特に奇抜な建物とも思わないし、それほど昔の物でもないし、
何で??って思ってたら、
フランスが「ル・コルビュジエの建築作品」で推薦していて、
その中の1つがこの建物らしい。
フランス推薦なので日本であまり取り上げられないのかな?

建築の事は全くの素人ですが、
個人的にはこの建物より、
同じ上野公園にある国立博物館や国立科学博物館の方が、
好きだけどなぁ。


Artmuseum4

2014年2月26日 (水)

長谷寺のなごみ地蔵に癒される♪


久しぶりに鎌倉の長谷寺に行って来ました。
鎌倉で長谷と言うと、大仏様を思い浮かべる方も多いと思いますが、
長谷寺も、日本最大級の木造仏像”長谷観音”様(十一面観音像)で有名。


Hase2


江ノ電の長谷駅から徒歩5分くらい。
鎌倉文学館からでも10分くらいで着いちゃいます。

この観音堂にご本尊の十一面観音像が。
約10mの高さで、荘厳な雰囲気の中、実際の高さより大きく見えます。
修学旅行生でいっぱい。


Hase3


隣の大黒堂。
ご本尊の大黒天様は、鎌倉・江ノ島七福神の1つに数えられています。


Hase4


大黒堂の横の散策路を上がって行くと、素晴らしい眺めhappy01
鎌倉の町、由比ケ浜〜材木座海岸、遠く逗子マリーナや森戸神社、
裕次郎灯台まで見渡せます。


Hase5


結構な急斜面をだいぶ上るので、ちょっと覚悟が必要sweat01

境内にある「なごみ地蔵」。
その名のとおり、とっても癒されますよconfident
山門をくぐって右側、池の端の方だったと思います。


Hase6


長谷寺は紫陽花を始め四季の花が楽しめますが、
この季節はやはり梅。
行ったのが少し前なので、今がまさに見頃ですね。


Hase7


由比ケ浜の海岸は、ワカメがたくさん打ち上げられてました。
海岸の端には天日干しの光景が広がってます。
冬の季節の風物詩。


Hase10


あ、大仏行くの忘れたcoldsweats02

2014年2月25日 (火)

シセル・シルシェブーとリレハンメル・オリンピック

ソチ・オリンピックが閉幕して、寝不足は解消されましたが
何かちょっと寂しい気持ちthink
次の4年後、どんな世の中、どんな自分になってるんでしょうね?

冬のオリンピックについては私の中では、
1994年にノルウェーで開催された「リレハンメル・オリンピック」が
今でもとても想い出深い大会。
ちょうど、ノルディック複合団体が最後の金メダルを獲得したのが
この大会でしたね。

競技自体もそうですが、印象的だったのは開会式。
特に、民族衣装を纏った女性が、とても澄んだ声で”オリンピック賛歌”を
アカペラで歌い上げたのが世界中で話題になりました。
彼女は「シセル・シルシェブー(Sissel Kyrkjebo)」。
ノルウェーの国民的歌手で、当時25歳。
”Fire in your Heart”という、リレハンメル・オリンピックの公式テーマ曲も歌っています。


Sissel3


日本ではちょっとマイナーな(スミマセン^_^;)方ですが、
ノルウェーのレコード屋さんに行った時は、店頭に山積みに。
「凄い人気なんだなー」と実感したのを覚えています。

実は映画「タイタニック」の回想シーンで流れる「Never An Absolution」という曲の
スキャットを担当されてるので、
多くの方が彼女の声を耳にされてるんですけどね。。。

そんな彼女、20年前に来日されて、昭和女子大学人見記念講堂でコンサートをされ、
お子ちゃまだった私は母親におねだりして、連れてってもらいました。
その時のパンフレット、今でも大切に手元に置いていますconfident


Sissel1


リレハンメルの次が長野オリンピック。
あれからもう16年なんですねsweat01

今回のオリンピックも歓喜の涙、悲しい涙いっぱいありましたが、
時が経ち振り返ると、ソチはどんな想い出になってるのかな。。。

2014年2月23日 (日)

旧岩崎邸庭園へ☆特別撮影期間です♪


台東区池之端にある、旧岩崎邸庭園へ行って来ました。

明治29年(1896年)に岩崎彌太郎氏の長男・久彌氏の本邸として建てられたもの。
鹿鳴館を手がけた英国人建築家・ジョサイア・コンドル氏の設計で、
明治期の香り漂う美しい洋館。


Iwasaki1


普段は内部撮影が禁止されていますが、
今月中(2月28日まで)は”洋館二階”に限定して撮影が許可されています。

二階は客室2室と、夫人客室、ベランダに面した集会場があります。

まずは最初の客室。
木をうまく使った、どこか暖かみのある造り。


Iwasaki2


となりの婦人客室。
彩りが可愛いですね♪
イスラム風だそうです。


Iwasaki3


壁紙も素敵なデザインと色合い。


Iwasaki4


その隣の客室は、華やかでまた違った雰囲気です。


Iwasaki5


壁紙には金唐革紙が使われています。
和紙に金箔を貼って、版木で模様をプレスした物だそうで、
手が込んでますね〜。


Iwasaki6


次の集会室には、ベランダへ出るドアが付いていて開放的。


Iwasaki7


ベランダはコロニアル様式。
柔らかい色合いと、前に広がる庭園からの日差しで、
とってもロマンティック♪
灯りも素敵で、夜の雰囲気を味わってみたいなぁconfident


Iwasaki8


窓や屋内灯、どれも手入れが行き届いていて素晴らしい。
文明開化の雰囲気を満喫出来ます。


Iwasaki9


Iwasaki10


前に広がる庭園からの眺め。
当時は、今の三倍の敷地面積に、20棟もの建物があったそうですcoldsweats02
当時の岩崎家の力の大きさを感じますね。


Iwasaki11


一階の東側はサンルームになっています。
庭園から続く階段も味わいありますね。


Iwasaki12


隣には、なんと撞球場(ビリヤード場)がsign01
しかも洋館と地下通路で繋がっていると。
(今は通れませんが)


Iwasaki13


スイスの山小屋風だそうで、、、

中も素敵なんですよーsweat01
暖炉やスチームも装備され、
ここでビリヤードしながら、政治やビジネスの話をしてたのかな??


Iwasaki14


旧前田邸の重厚さと違って、
旧岩崎邸は全体的にとってもロマンティックな感じでした。

この辺り、歴史的な史跡が多く、のんびり散歩におススメです。


2014年2月22日 (土)

三島由紀夫さんの戯曲「鹿鳴館」☆青い花の聖地巡礼(番外編)〜鹿鳴館の場所って?

三島由紀夫さんの「鹿鳴館」
志村貴子さんの「青い花」で、
あーちゃんたちが藤が谷女学院の演劇祭に選んだ演目。
雰囲気ピッタリ♪

Mishima


「鹿鳴館」は、1956年(昭和31年)に
文学座二十周年記念公演のために書かれた戯曲。
明治十九年、鹿鳴館での天長節夜会を舞台に、
華族、政治家、運動家、様々な人物の愛憎渦巻く物語。
そして運命に導かれた悲劇的な結末。
高校生がこれを演じ切るなんて凄いですねcoldsweats01

文学座での初演は、

影山伯爵夫人・朝子  杉村春子さん
  (この舞台の主役。芸者から伯爵夫人となった美貌と心配りを備えた女性)
清原永之輔      北村和夫さん
  (自由党を率いる活動家。朝子の昔の恋人)
大徳寺侯爵の娘・顕子 丹阿弥谷津子さん
  (清原の息子・久雄を愛するお嬢様)

だったそうな。

「青い花」の作中では、

朝子  井汲京子さん
清原  上田良子さん
顕子  あーちゃん(奥平あきら)

でした。
ピッタリな配役heart

井汲さんの朝子は、洋装・和装ともにクールビューティの本領発揮で、
何とも言えない毅然さと妖艶さ。
上田さんの男装も惚れてしまいそう(清原演じるにはちょっと若すぎるけど)。
あーちゃんの顕子は、いつもと違っておしとやかなお嬢様。

藤が谷の演劇祭の「鹿鳴館」、実際に見てみたかったなぁ。
志村さん、作中劇ではなく、これで一冊描いてくれないかなぁthink


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜


ところで、鹿鳴館てどこにあったの?
知名度の割に、場所がイマイチわかってませんでした。
現存しないですが、早速行ってみましょうrun

千代田区内幸町一丁目、
日比谷公園から日比谷通りを挟んだ向い側にあったそうな。
ここですsign01


Rokumeikan1


って言われても、ビルばかりsweat01
面影全く無し。

左のベージュ色の建物が、帝国ホテル。
で、その隣がNBF日比谷ビル。
この辺りに薩摩藩の装束屋敷があったそうで、その跡地に鹿鳴館が。


Rokumeikan21


今は、ビルの境の壁に、ここに鹿鳴館があった事を示すプレートだけ。


Rokumeikan3


拡大するとこんな感じですが、反射して読めないですね。


Rokumeikan4


こう書いてあります。


鹿鳴館跡

ここはもと薩摩の装束屋
敷の跡であってその黒門は
戦前まで国宝であった
その中に明治十六年鹿鳴館
が建てられいわゆる鹿鳴館
時代の発祥地となった

千代田区


昭和15年(1940年)に取り壊されたらしいです。
残っていたらなぁ、と思いつつ、
消えてしまったからのロマンなのかもしれないですねconfident


2014年2月20日 (木)

旧前田邸・和館☆青い花の聖地巡礼(4)〜杉本先輩の実家です♪


志村貴子さんの「青い花」に出てくる杉本恭己。
松岡女子高等学校のふみちゃんの先輩で、
長身・美形・バスケ部主将でさらにお嬢様の、No.1モテ女子heart

姉の恋人への、かなわぬ恋を紛らわすため(?)に、
ふみちゃんを散々振り回したあげく突然お別れを切り出し、
あーちゃんの逆鱗に触れた人。
クールで大胆に振る舞ってるけど、実は繊細で一途な人。

最後は、バスケ部を全国準優勝に導き、華々しく英国留学していく彼女coldsweats01
物語では、実家は鎌倉の山の中の豪邸。
そのモデルになったのが、駒場公園内にある「旧前田邸・和館」です。

以前、藤が谷女学院のモデルとなった旧前田邸・洋館を紹介しましたが、
その隣にあり、元々は本邸の洋館に対して、迎賓館として使われていた所。
二階建ての純和風で、昭和5年に建てられたもの。

第2巻で、ふみちゃんが杉本先輩の家にお呼ばれされて、
この門構えに「え?」と固まりますwobbly


Maeda1


そして、この玄関までの道で冷や汗いっぱいsweat01
ファンには懐かしい景色。


Maeda2


杉本先輩の部屋は二階にありますが、
実際の階段は右回り、物語での階段は逆の左回りです。
今は二階は立ち入る事が出来ません。


Maeda3


玄関から廊下を挟んで二の間へと続きます。
照明は何故かシャンデリア。


Maeda41


二の間の先には一の間(表座敷)。
一の間には床の間、違い棚、付け書院があります。
床の間にはどんな凄い掛け軸が掛かってたんでしょうね〜。


Maeda4


欄間の透かし彫りが見事です。


Maeda5


広縁も品があります。
「青い花」では、ふみちゃんが
杉本先輩の姉の姿子(しなこ)さんに手を惹かれ、
雀卓に連れて行かれる時に通った所。


Maeda6


窓からは、雪をかぶった庭が見えました。
なんとも風情が有る景色confident


Maeda7


和館と洋館は渡り廊下で繋がっていますが、
今は通る事が出来ません。
和館の二階も先ほど書いた通り立ち入りで来ませんが、
毎年11月頃に年に一度、一般公開されるそうです。
ただし、今年(2014年)は耐震工事を行うため、多分一般公開は行わないと、
係の方が言われていました。

ちなみに、旧岩崎邸の洋館は東京都、和館は目黒区の所有だそうです。
今はどちらも国の重要文化財。


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜


さて、色々まわって来た「青い花 聖地巡礼」も、
主要場所はこれでお終い。
お付き合い頂きありがとうございましたm(_ _)m
こまい所はたくさん有りますが、あまりにもマニアックになってしまうので。。。
(ふみちゃんの通う松岡女子校は、七里ケ浜高校がモデル、とか)

番外編がちょっとだけあるので、
もう少しだけお付き合いをsweat01


2014年2月19日 (水)

自然の力

日比谷公園に行ったら、
先週末の雪の重みで、木が大量に折れていましたcoldsweats02


Hibiya1


Hibiya2


通行止めにして、
管理の方が折れかかった枝を伐採&折れた枝の片付け。
まだ日陰では雪が結構残っています。


Hibiya3


自宅の近所の公園では、自治体の方が
「国や都が運営してる公園は良いけど、区や市とかだと予算がねぇ。。。」
と、ぼやいておられましたcoldsweats01

梅の木も咲きかけでボッキリと。。。


Hibiya4


でも、折れた枝の先で、頑張って咲き始めてます。
多分この枝もそのうち落とされてしまうと思いますが、
花瓶に挿して咲かせてあげたいなぁthink


Hibiya5


自然の怖さと、自然の力強さを感じた一日。

日向はすっかり雪も溶け、いつもの姿に戻っています。
寒いので、さすがにお昼時でもお弁当食べてる方はあまりいなかったですがsweat01


Hibiya6

2014年2月18日 (火)

堀北真希さんの東京メトロのポスター(その5)☆東京マラソン2014


堀北真希さんの東京メトロのポスター、
今回は「東京マラソン2014」run
2月23日(日)、もうすぐですね。


Tokyomarathon1


東京都庁をスタートして、
皇居→銀座→浅草→豊洲を通って、
東京ビッグサイトがゴール。

ちなみに、上の広告の黒い線がマラソンコースです。
赤い線は、東京メトロ・丸ノ内線のコース。
まぁ、東京メトロの広告なので、そちらの方が目立って当然ですねcoldsweats01

今回はいつもの竹橋駅ではなく、神谷町駅で撮りました。
なので、背景がちょっときれい。

東京マラソンに話を戻しますが、
都立の施設で、このようなポケットサイズのマップが配られています。


Tokyomarathon2


スマホより一回り小さい大きさですが、
広げると都心部の地図と東京メトロの路線図、
観光スポットが満載で、歩き回るのにすっごく便利sign01

またまた行きたい所をいっぱい見つけてしまいましたsweat01

2014年2月17日 (月)

鎌倉の甘味処・無心庵☆青い花の聖地巡礼(3)〜この入り口一見の価値あり!

江ノ電の和田塚駅前にある甘味処「無心庵」。
青い花の2巻で、杉本先輩が激怒するあーちゃんを連れて来た店。
鎌倉駅の改札で、
”わたしは、怒ってるんである”
と腕組んで、
ふみちゃんを泣かせた杉本先輩を待ち構えるあーちゃんが可愛いheart

二人は、鎌倉駅から学校サボって歩いて来ました。
(鎌倉駅から江ノ電一駅なので、十分徒歩圏です)

駅前というより、駅(線路?)の一部と化しているような佇まい。
江ノ電ならではの光景。


Mushinan12


さてホームからどうやって店に入るかというと、


Mushinan11


側道から踏切の無い線路を渡り、
さらに柵も無い側道(ほぼ線路)を歩いて行きますsweat01
歩いてる時に電車来たらどうするの??と思わせる、
さすが江ノ電。
電車好きの方は、楽しいかもnote

ようやくお店に到着。


Mushinan2_2


こじんまりした静かなお店。
窓からは江ノ電の走る姿が見え、
のんびりした電車の音がむしろ心地よいconfident


Mushinan3


あーちゃんと杉本先輩はクリームあんみつを食べますが、
私は腹ペコだったので”釜揚げ桜えび御膳”を。
11:00〜14:00の限定です。
見た目より結構ご飯のボリュームがありました。


Mushinan4


帰り道、和田塚駅に向かって線路を渡りながら、
やっぱり凄い場所だなぁ、とcoldsweats01


Mushinan5_2


和田塚駅周辺には観光名所が無いので、普段はとっても静かですが、
週末はお店混みますよー。

青い花のネタ、もう少しだけお付き合いをsweat01

2014年2月16日 (日)

雪、そして快晴な日

金曜日からの記録的な雪以来、
今日はようやく快晴となり、暖かい日でしたsun

屋根の降り積もった雪は、雪止めで止まって、
いまだ融け続け、まるで雨が降っているようです。


Snow2_2


出先から眺めた、富士山がとっても奇麗でしたfuji
丹沢の山々も真っ白。
左端の頂が大山ですね(たぶん)。


Snow1_2


これでようやく春に向かうんだなぁ、と思わせる天気でしたが、
予報では水曜日また雪なんですよね。。。coldsweats01
さすがにもう勘弁ですsweat01


2014年2月14日 (金)

旧前田家本邸☆青い花の聖地巡礼(2)〜もう一つの藤が谷女学院

志村貴子さんの「青い花」に出てくる藤が谷女学院、
鎌倉の「鎌倉文学館(旧前田家別邸)」だけでなく、
もう一つ、駒場公園にある「旧前田家本邸」もモデルになっています。

旧前田家本邸は電車で行くとちょっと便が悪く、
今回は東京メトロ千代田線「代々木上原」から歩きましたが、
のんびり15分程。

駒場公園の門構えから既に歴史の重みが。


Komaba1_2


歩いてすぐに、大きな木々に囲まれた旧前田家本邸が見えて来ます。
元々は、旧加賀藩主前田家の16代当主、前田利為侯爵家の本邸。
昭和4年(1929年)に建築され、今は国の有形文化財。
いやー、これが個人の家だったなんてcoldsweats01


Komaba2


エントランスをこの角度から見た景色、
青い花の藤が谷女学院の”藤が谷図書館”ですよね??
(4巻で大野さんが、”図書室”ではなく”図書館”とビビった所)
細部のデザインは違いますが、全体の雰囲気がとっても似てるので。


Komaba31


そして、青い花ファンには感動の1階から2階に続く階段ですheart
そう、2巻であーちゃんが猛ダッシュして駆け上がった階段。
今にも彼女が元気に走って来そう♪


Komaba3


結局あーちゃんは、この階段広間でシスターにお説教され、
1階からやり直しさせられます。
どんだけお嬢様学校なのsweat01


Komaba4


この階段は、建物全体の大きなアクセントになっています。

劇中では資料室だった2階の会議室。
あーちゃんが叱られてるのを、この部屋で井汲さん達に聞かれてました。
結局、全員この部屋でおしゃべりしてる所を、
先生やシスターに叱られるんですが。


Komaba6


この建物、ほんと巨大ですcoldsweats02
さすが元加賀百万石のお殿様。
部屋が多すぎてとても細かく紹介出来ません。

2階にある主寝室。


Komaba7


ドレッサーも凄いsign01
昔の写真見ると、ホントにこの場所に置かれてたようです。
この窓に囲まれた空間は、その為のもの!?


Komaba8


寝室の隣の夫人室。
私は広すぎて落ち着かないわ。
(そもそも我が家に妻の部屋なんて無いけど。。。)


Komaba9


1階の入り口横は、喫茶スペースになっていて、
ちょっとしたお嬢様気分を味わえますhappy01


Komaba11


ステンドグラスやライトも、
さりげなく雰囲気あってとっても素敵でしたconfident


Komaba13


Komaba15


裏庭から。
テラスには出られませんが、眺め素晴らしかったんでしょうね。


Komaba16


作中、井汲さんと康ちゃんの結婚式もこの場所で行われました。
この裏庭からの眺めが結婚式中に描かれています。


というわけで、鎌倉文学館と旧前田家本邸の二つを合わせて、
藤が谷女学院の完成sign01

本邸はやっぱり別邸と雰囲気が全然違って、とにかく重厚。
どの駅からもちょっと歩きますが、行ってみる価値アリ、ですscissors

さあ、青い花ネタはまだ続きます(^_^;)

2014年2月12日 (水)

鎌倉文学館☆青い花の聖地巡礼(1)〜藤が谷女学院

志村貴子さんの「青い花」読み返して、
結局鎌倉に来てしまったcoldsweats01
え、これって今流行の聖地巡礼!?
おお、初体験だわheart01

今回のお目当ては「鎌倉文学館」。
青い花であーちゃん達が通うお嬢様学校、藤が谷女学院のモデルになった場所。

まずは鎌倉駅で江ノ電に乗り換えます。
この景色は作中待ち合わせとかで良く出て来ますねー♪

Bungakukan1_2


で、鎌倉から二つ先の由比ケ浜駅で降ります。
鎌倉文学館までは、徒歩10分くらい。


Bungakukan2_2


きゃー、まさに藤が谷女学院への坂道だsweat01
「長い長い坂道を上ったところにそれはある」
と書かれた場所。
初等部の子供達が
「おねえさまがた、おはようございますっ」
と、挨拶した場所。


Bungakukan3


坂道を上ると、文学館の門が。
ここで入場料を払います。
江ノ電の1日乗車券を持っていると、50円割引です。


Bungakukan4


門を過ぎるとすぐに、招鶴洞というトンネルが。
ここも、青い花で御馴染みの景色ですねscissors


Bungakukan5


そして坂を上りきった所に、ありましたーlovely
まさに、憧れの藤が谷女学院そのもの。
あーちゃん達の声が聞こえて来そうsweat01


Bungakukan6


元々は、加賀藩主であった前田侯爵家の別邸(なので、旧前田家別邸とも呼ばれます)。
昭和11年(1936年)に建築され、今は国の有形文化財。

エントランスを裏手から見た景色。
作中でよく使われてました。


Bungakukan7


あーちゃんと井汲さんがお話しをしていた三階のテラス。
今は、三階は立ち入る事が出来ません。
窓越しに見ると、中は和室かな?


Bungakukan8


庭園から文学館までは、緑に囲まれた階段。
谷戸の中腹の静かな場所で、とっても雰囲気ありますconfident


Bungakukan9


文学館から裏門へと続く坂道。
演劇祭の時にふみちゃんと杉本先輩が
木漏れ日の中歩いた場所。


Bungakukan10


建物や庭園からは、相模湾が望めます。
手前はバラ園なので、満開の頃は素晴らしいでしょうね。


Bungakukan11


由比ケ浜海岸は、オフシーズンで人影もまばら。
卒業式の後、あーちゃんがふみちゃんにお別れを告げたのは、
この海岸かな?
夏は海水浴客で大混雑します。


Bungakukan12


文学館では、バレンタインデーにちなんで
「文豪の愛の言葉おみくじ」を実施中。
私が引いたのは、こちら。


Bungakukan13


うん、いいですねーheart
おみくじ的にどれにあたるかは、自分で決めるそうです。

お土産に「実篤チョコ」と、


Bungakukan14


文学館のレターセットを購入。
ここに来ると、自筆で誰かに手紙を出したくなって来ます♪


Bungakukan15


「ビブリア古書堂の事件手帖」イラスト原画展も開催中でした。
越島はぐさんのイラストは、文学館の雰囲気に良く合いますね。

そして帰りは、カフェ「ミルクホール」へcafe
青い花でカフェと言えばここsign01


Bungakukan16


小町通から少し入った路地の角にあります。
ちょっと分かり難い場所かな。


Bungakukan17


この日は時間が無く、外観だけ眺めて泣く泣く退散weep
次回に持ち越しです。

藤が谷女学院、満喫出来ました。
こんな素敵な学校だったら良かったな〜think

鎌倉文学館は、もちろん青い花読者でなくとも雰囲気を満喫出来る
素敵な場所。
長谷観音や大仏に近く観光にも便利。
花咲く季節にもう一度訪れたいと思います。


青い花の聖地巡礼、まだ続きます(^_^;)

2014年2月10日 (月)

志村貴子さん「青い花」全8巻一気読み☆今も私の一番です!(ネタバレ?)

先日検査入院となってしまい、
せっかく時間があるので、と志村貴子さんの「青い花」全8巻を持参。

昨年の7月に9年間続いた連載が終ってしまって、
今も寂しくて寂しくて。。。weep


Aoihana0


改めて全巻一気に読んでみると、
連載時はテレビドラマのシリーズを見ているようだったのに、
一度に読むと映画館で長編映画を見ている感覚。
今も余韻に浸ってますconfident
おかげで、病院生活もあまり凹まず乗り切れました。

※気持ち入り過ぎて長文になっちゃったので、適当にスルーしちゃってくださいsweat01


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜


青い花は、鎌倉の二つの女子高校(藤が谷女学院と松岡女子高校)を舞台にした、
女性同士の恋と友情のお話。
明るく元気な小柄の奥平あきら(あーちゃん)と、
引っ込み思案で泣き虫の長身な万城目ふみ(ふみちゃん)が主人公。
志村さんの繊細で透明感のある絵柄と、
刻が静かに流れて行くようなストーリーで、
一見ライトなお話に見えますが、
実は情念に満ちた作品coldsweats01

今更ネタバレでも無いですが、全巻ご紹介を。


☆第1巻(表紙は、あーちゃんとふみちゃん)

幼馴染みだったあーちゃんとふみちゃんが高校生になり、
鎌倉の江ノ電で10年ぶりに再会。
再び動き出す親友の二人の時間。
そして、ふみちゃんは学校一のモテ女子、杉本恭己さんと付き合う事に。
女の子同士で恋するって何だろう?


Aoihana1


☆第2巻(表紙は、ふみちゃんと杉本先輩)

藤が谷女学院の演劇祭で、演劇部の演目「嵐か丘」の客演として
ヒースクリフを演じる杉本先輩。
熱狂の後にふみちゃんを待っていたのは、杉本先輩からの突然の別れの言葉。
交錯する恋心。
刻が流れても忘れ得ぬ想い。
切ない少女達。


Aoihana2


☆第3巻(表紙は、あーちゃんと井汲さん)

あーちゃんのお友達の井汲さん。
家に縛られ、恋に縛られ、必死で大人を演じようとする彼女が切ない。
そして「私の初恋はあーちゃんなの」と打ち明けるふみちゃん。
この言葉から、二人の関係に微妙な変化が。
嫉妬でこめかみが痛いと言うふみちゃん、迫力です。


Aoihana3


☆第4巻(表紙は、ふみちゃんと大野さんと上田さん)

二年生になったあーちゃん、井汲さん達は、
演劇祭で三島由紀夫の「鹿鳴館」を演じます。
そして、ついにふみちゃんはあーちゃんに本気告白。
「私の好きは、好きな人とセ○○スする好き」と。
好きにも色々あるんだね。


Aoihana4_2


☆第5巻(表紙は、やっさんとポンちゃんとモギーの仲良し三人組)

ふみちゃんの告白後、次第に距離が出来てしまう二人。
「鹿鳴館」の演目が二人の想いを映し出す蝋燭の灯りのよう。
志村さん、流石です。


Aoihana5


☆第6巻(表紙は、藤が谷の学生の頃の、日向子先生と織江さんカップル)

あーちゃんとふみちゃんは、ついに付き合う事に。
「この子を汚しちゃいけない」と悩みつつ、
恋しい想いに身を焦がす情念の人ふみちゃん。
酔っぱらったふみちゃんは、私もドキドキしちゃう程色っぽい。。。
でも未成年の飲酒はいけません!


Aoihana6


☆第7巻(表紙は、井汲さんと上田さんの演劇部コンピ)

あーちゃんへの愛が溢れ出してしまうふみちゃん。
一線を越えてしまった二人だけど、
心のずれを感じ始めるあーちゃん。
目に見えない程小さかった隙間も、気が付けば無視出来ない存在に。
「私の世界はあなたがすべてでした」
この巻はクールビューティな井汲さんが、とっても素敵。


Aoihana7


☆第8巻(表紙は、あーちゃんとふみちゃん)

あーちゃんは心に芽生えた迷いがどんどん膨らみ、
ついに距離を置こうとふみちゃんに告げる。
だけどそれは、あーちゃんがふみちゃんをどれだけ大切に想っているか気付くために
必要な時間でした。
「呪いの言葉」と二人が思った告白が、最後に「希望の言葉」に変わる瞬間。
言葉は少ないけど、二人のお互いを想い合う気持ちに満ちあふれた
優しい優しいエンディング。
(第8巻発売時のブログから転記)


Aoihana8


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


力入っていっぱい書いちゃってスミマセンcoldsweats01
この先、サイドストーリーで良いから描いてくれないかなぁ。
お、久しぶりに鎌倉行ってみようかな?heart

という訳で、鎌倉へ聖地巡礼の旅sign02

2014年2月 9日 (日)

国立新美術館の「文化庁メディア芸術祭」受賞作品展


大雪の影響がまだ残る東京snow
一昨日までは快晴だったのに。

一昨日は、東京メトロの千代田線に乗ったついでに、
乃木坂で降りて、国立新美術館に行って来ました。
去年の「貴婦人と一角獣展」以来ですが、
いつ来てもとっても心地よい空間heart
(写真撮り忘れて、去年の5月の物でスミマセン^_^;)


Media0


今回のお目当ては「文化庁メディア芸術祭 受賞作品展」


Media1


文化庁メディア芸術祭は、

・アート部門
・エンターテインメント部門
・アニメーション部門
・マンガ部門

の4部門+功労賞があり、各部門の受賞作品を中心に展示がされています。
平日でしたが、結構混んでたなぁ。
無料だし♪

文化庁メディア芸術祭のホームページに各部門の受賞作品と解説が、
細か〜く載っているので、ご興味ある方はそちらをご覧になると良いかと。
マンガ部門で、優秀賞に

雲田はるこさんの「昭和元禄落語心中」

が選ばれたのは、
なるほど文化庁主催(もちろん素晴らしい作品ですが!)な感じでしたが、
同賞に、

石黒正数さんの「それでも町は廻っている」

も選ばれてたのにはちょっとオドロキcoldsweats02
個人的には大好きな作品で、
大田区の丸子を舞台に、メイド喫茶シーサイドでバイトする女子高校生
嵐山歩鳥ちゃんを主人公にしたコメディー漫画。
メイド2号・辰野トシ子ちゃん大好きheartですが、
何故に今?
2005年から続いてる作品なのに??

ともあれ、原画がいっぱい展示されててどれも素晴らしかったわnote
(人だかりでした)

審査委員会推薦作品なるものもHPに掲載されていますが、
選定基準が謎な感じthink

出口で奇麗なお姉さまの呼び込みに負け、
受賞作品集を買ってしまった。


Media2


分厚いです。
持って帰って来るの、ちょっとかったるかったデス。
字が多くて、読み切れない。。。
想い出の品という事でsweat01

ちょうどお昼時だったので、地下のカフェテリアで遅めのランチ。


Media3


隣にあるミュージアムショップは、
素敵なモノ満載ですが、この日は時間が無く、泣く泣く退散。
創作だるまがとっても可愛かった♪

2014年2月 8日 (土)

なんだか大変な事に。。。

昨日の深夜から降り始めた雪は、
一日近く経った21:00になっても降り止まず、
なんだか大変な事になって来てますsnow

近所の塀に積もった雪を測ってみたら、、、40cmちかくcoldsweats02
地面でも長靴が埋まってしまうので、30cm以上は積もっていそう。
明日朝になったらどんなになってるんだろう??
こんな大雪記憶にありません。


Snow_2


昼間は、
明日雪だるま作ろうね♪とか、
ミニかまくら作れるかなぁ?とか、
ムスメと盛り上がってましたが、
もはや笑ってられる状態ではなさそうdown

東京電力圏内で停電発生してるようだし、
自家用車はもちろん、タクシーも、救急車すら怪しいし、
しばらくは余り無理をしない事ですね。

夕方、新聞配達の方がとっても大変そうでした。
明日出勤、お出かけされる方は、怪我されないようご注意をsign01


2014年2月 7日 (金)

ちゃお3月号の付録の「まんが家セット」は大人も楽しい♪


今月のちゃおの付録は、定番の「まんが家セット」。
相変わらず無理矢理巨大な付録を雑誌の間に差し込んで、
凄い事になってたcoldsweats01


Ciao1


今回の付録は、
初心者に優しい、ライトボックス付き〜note


Ciao2


で、お手本のシートと、


Ciao3


原稿用紙+スクリーントーン+ペン、が付いてます。


Ciao4


早速、使ってみましょう。
スイッチオン!で、こんな感じ。
明るさはかなり偏ってるし、用紙とサイズが微妙に合ってませんが、
ま、そこは付録なのでsweat01


Ciao5


で、ムスメがなぞった結果がこれ。
随所に、彼女の大雑把な性格が出ていますが、
さすがになぞると、それなりにサマになるんですねー。


Ciao6


楽しそうなので、私もまねしてみました。
谷川史子さんの「おひとり様物語」heart
うーん、プロは流石と再認識(当たり前か^_^;)
でも、なんとなく雰囲気だけはcoldsweats01


Ciao10


明日は雪の予報なので、ムスメと色々書いて遊んでます♪

2014年2月 6日 (木)

アイカツ!2014 第3弾が稼働☆何でアイカツが同業者より先行できるのか?


本日から「アイカツ!2014シリーズ第3弾」が稼働開始。
我がムスメのアイカツ熱も冷める気配が無く、
哀れオットは、会社帰りにムスメを伴い端末へ直行coldsweats01


Aikatsu1


今回の追加キャラは「姫里マリア」ちゃん。
山の上のお屋敷に住んで、自家用ヘリも持ってたりするお嬢様だそうでsweat01

三回対戦して勝つと仲間になるのは、いつものお約束。


Aikatsu2


なので、稼働初日はいつもカードが三枚。
いい加減、我が家の100円玉を吸い込んで行くのは勘弁して欲しいdown


Aikatsu3


テレビアニメとゲーム端末やキャラクターグッズが連動している番組は
他にもたくさんありますが、
アイカツ!が先頭を行っているのは、
他が毎年キャラクターや設定を一新してしまうのに対して、
アイカツが同じ設定でキャラクターを追加しながら続けているから、かな?
(メインキャラは変えずに、脇役を増やすポケモン方式?)
じゃあ、どうして他の番組が同じ方法をとらないのか?
は、不明。

でも、キャラクター増やし続けるのにも限界があるので、
この先どうするんだろ?
アイドルが主役なので、ポケモンみたいに際限なく増やし続ける訳にも行かないし、
卒業させていくのはリスクあるし。

ま、そこに行き着く前にムスメが飽きるでしょうcoldsweats01


2014年2月 5日 (水)

湯島天神の梅まつり

今日は昨日の荒れ模様とは打って変わって、お日様が眩しい日sun
まだまだ寒いですが、ちょっと足を伸ばして
文京区にある湯島天神をお散歩です。


Yushima2


湯島天神(湯島天満宮)は、
天之手力雄命(あめのたぢからをのみこと)と菅原道真公を奉祀した神社。
天之手力雄命は、天照大神が天岩戸に隠れた際、
天岩戸を引き開けて天照大神を外に引き出した、力自慢の神様。
菅原道真公は学問の神様なので、境内は合格祈願の学生やご両親、
そして合格祈願の絵馬がいっぱい。


Yushima3


湯島天神は、梅の花でも有名。
まだちょっと早かったですが、
色とりどりの梅の花が咲き始めていました。
満開になると本当にきれいなんですよheart


Yushima5


Yushima6


境内には、泉鏡花の筆塚があります。
泉鏡花の「婦系図」は、ここ湯島を舞台にした小説。


Yushima7


東京メトロの湯島駅から、切通坂(きりどおしざか:今は春日通り)を上るとすぐに、
境内に繋がる夫婦坂。


Yushima1


裏を通って行くと、緩やかな女坂。
女坂の横はちょっとした梅園になっています。


Yushima4


境内に「恋みくじ」がloveletter
かなり迷って、断念。
や、そもそも私がひいちゃイカンでしょcoldsweats01


Yushima8


梅まつりは、2月8日からでした。
あ、まだだった。。。sweat01

昔よく歩いたこの界隈。
今でも来る度に、何か明治文学でも読みたくなるような、
懐かしい気持ちになりますconfident


Yushima9

2014年2月 4日 (火)

立春はおうちでぬくぬく

今日は立春なのに、霙がちらつくあいにくの天気。
ピリッと寒いので、夕方から雪に変わるかもしれませんねsnow

ここのところ体調もあいにくな感じdown
でも、気分だけでも明るくしないとね。
というわけで、今日は病院に寄った帰りに、春のお菓子を買って来ました。


Spring


「お多福」、、、あまりの可愛さに一目惚れheart
中はさっぱりしたこし餡で美味でした。

今日はおうちの中でぬくぬく、のんびりと。
外は真冬の天気ですが、家の中は一足早い春の雰囲気にしよっとconfident


2014年2月 2日 (日)

よこはま国際フォーラム2014、の記念ランチ♪


昨日、横浜みなとみらいに遊びに行った際、
我が家の定番、JICA横浜のポートテラス・カフェで食事したら、
「よこはま国際フォーラム2014記念メニュー」なる物が。


Jicalunch2


各国の料理を詰め合わせたお弁当。
どれもとっても美味しかったですが、
カノム・パンナークン(タイ風えびのすり身トースト)が好きhappy01

JICA横浜のカフェは、変わり種メニューがあって、いつも楽しいですheart


Jicalunch1


食後は、2Fにある世界の楽器コーナーがおススメ。
いつもムスメが夢中になってますnote


Jicalunch3


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜


「よこはま国際フォーラム2014」は、
2月8日、2月9日の二日間、JICA横浜で開催だそうです。
事前申し込みは2月5日までデス。

2014年2月 1日 (土)

赤レンガ倉庫の「ストロベリー・フェスティバル」


今週末は、みなとみらい横浜の赤レンガ倉庫で、
「ストロベリー・フェスティバル」が開催。
もうイチゴの季節がやって来るんですねheart


Strawberry1


快晴の中、真っ赤なイチゴのオブジェがお出迎え。


Strawberry2


横手の雪まつりと提携したかまくらが。
イチゴの像も雪で作られてます。
中に入って記念撮影出来ますが、長〜蛇の列で断念。
ここらは滅多に雪積もらないですからねぇsnow
ムスメも実物のかまくら見るのは初めて。


Strawberry3


何故かペコちゃん。
しかも半袖coldsweats01
隣の人形はしっかり冬服でしたが。


Strawberry4


イチゴをロウソクに見たてるのかな?
本物です。
冷えて美味しそうnote
今日は日中暖かかったので雪が溶けてしまわないか心配してましたが、
夕方から急に冷え込んできたので、これなら週末大丈夫でしょう。


Strawberry5


テント小屋の中は、
イチゴにちなんだスイーツや雑貨のお店が。


Strawberry6


で、せっかく来たのでイチゴのクレープをhappy01


Strawberry7


この週末は、赤レンガ倉庫だけでなく、
みなとみらいの色々な場所が連携してストロベリーにちなんだ企画を。
子供はやっぱりイチゴ大好きですねconfident

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ