« 国立新美術館の「文化庁メディア芸術祭」受賞作品展 | トップページ | 鎌倉文学館☆青い花の聖地巡礼(1)〜藤が谷女学院 »

2014年2月10日 (月)

志村貴子さん「青い花」全8巻一気読み☆今も私の一番です!(ネタバレ?)

先日検査入院となってしまい、
せっかく時間があるので、と志村貴子さんの「青い花」全8巻を持参。

昨年の7月に9年間続いた連載が終ってしまって、
今も寂しくて寂しくて。。。weep


Aoihana0


改めて全巻一気に読んでみると、
連載時はテレビドラマのシリーズを見ているようだったのに、
一度に読むと映画館で長編映画を見ている感覚。
今も余韻に浸ってますconfident
おかげで、病院生活もあまり凹まず乗り切れました。

※気持ち入り過ぎて長文になっちゃったので、適当にスルーしちゃってくださいsweat01


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜


青い花は、鎌倉の二つの女子高校(藤が谷女学院と松岡女子高校)を舞台にした、
女性同士の恋と友情のお話。
明るく元気な小柄の奥平あきら(あーちゃん)と、
引っ込み思案で泣き虫の長身な万城目ふみ(ふみちゃん)が主人公。
志村さんの繊細で透明感のある絵柄と、
刻が静かに流れて行くようなストーリーで、
一見ライトなお話に見えますが、
実は情念に満ちた作品coldsweats01

今更ネタバレでも無いですが、全巻ご紹介を。


☆第1巻(表紙は、あーちゃんとふみちゃん)

幼馴染みだったあーちゃんとふみちゃんが高校生になり、
鎌倉の江ノ電で10年ぶりに再会。
再び動き出す親友の二人の時間。
そして、ふみちゃんは学校一のモテ女子、杉本恭己さんと付き合う事に。
女の子同士で恋するって何だろう?


Aoihana1


☆第2巻(表紙は、ふみちゃんと杉本先輩)

藤が谷女学院の演劇祭で、演劇部の演目「嵐か丘」の客演として
ヒースクリフを演じる杉本先輩。
熱狂の後にふみちゃんを待っていたのは、杉本先輩からの突然の別れの言葉。
交錯する恋心。
刻が流れても忘れ得ぬ想い。
切ない少女達。


Aoihana2


☆第3巻(表紙は、あーちゃんと井汲さん)

あーちゃんのお友達の井汲さん。
家に縛られ、恋に縛られ、必死で大人を演じようとする彼女が切ない。
そして「私の初恋はあーちゃんなの」と打ち明けるふみちゃん。
この言葉から、二人の関係に微妙な変化が。
嫉妬でこめかみが痛いと言うふみちゃん、迫力です。


Aoihana3


☆第4巻(表紙は、ふみちゃんと大野さんと上田さん)

二年生になったあーちゃん、井汲さん達は、
演劇祭で三島由紀夫の「鹿鳴館」を演じます。
そして、ついにふみちゃんはあーちゃんに本気告白。
「私の好きは、好きな人とセ○○スする好き」と。
好きにも色々あるんだね。


Aoihana4_2


☆第5巻(表紙は、やっさんとポンちゃんとモギーの仲良し三人組)

ふみちゃんの告白後、次第に距離が出来てしまう二人。
「鹿鳴館」の演目が二人の想いを映し出す蝋燭の灯りのよう。
志村さん、流石です。


Aoihana5


☆第6巻(表紙は、藤が谷の学生の頃の、日向子先生と織江さんカップル)

あーちゃんとふみちゃんは、ついに付き合う事に。
「この子を汚しちゃいけない」と悩みつつ、
恋しい想いに身を焦がす情念の人ふみちゃん。
酔っぱらったふみちゃんは、私もドキドキしちゃう程色っぽい。。。
でも未成年の飲酒はいけません!


Aoihana6


☆第7巻(表紙は、井汲さんと上田さんの演劇部コンピ)

あーちゃんへの愛が溢れ出してしまうふみちゃん。
一線を越えてしまった二人だけど、
心のずれを感じ始めるあーちゃん。
目に見えない程小さかった隙間も、気が付けば無視出来ない存在に。
「私の世界はあなたがすべてでした」
この巻はクールビューティな井汲さんが、とっても素敵。


Aoihana7


☆第8巻(表紙は、あーちゃんとふみちゃん)

あーちゃんは心に芽生えた迷いがどんどん膨らみ、
ついに距離を置こうとふみちゃんに告げる。
だけどそれは、あーちゃんがふみちゃんをどれだけ大切に想っているか気付くために
必要な時間でした。
「呪いの言葉」と二人が思った告白が、最後に「希望の言葉」に変わる瞬間。
言葉は少ないけど、二人のお互いを想い合う気持ちに満ちあふれた
優しい優しいエンディング。
(第8巻発売時のブログから転記)


Aoihana8


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


力入っていっぱい書いちゃってスミマセンcoldsweats01
この先、サイドストーリーで良いから描いてくれないかなぁ。
お、久しぶりに鎌倉行ってみようかな?heart

という訳で、鎌倉へ聖地巡礼の旅sign02

« 国立新美術館の「文化庁メディア芸術祭」受賞作品展 | トップページ | 鎌倉文学館☆青い花の聖地巡礼(1)〜藤が谷女学院 »

志村貴子さん」カテゴリの記事

コメント

こんにちはです(^^)
検査の方が何事もなければと祈っております。
そして漫画の方!
私も女の子同士の恋物語にはまだあまり踏み込んだことがないので、
Mugpyさんのダイジェスト紹介に新鮮さを受けました。
本当、いろんな「好き」があるんですねconfident
人を想い合うっていうのは、様々な形があれ、
老若男女関係ないんだろうなあって思います。
これも読みたいリストに入れておきます!happy01

凩さん、こんにちは☆
ご心配ありがとうございます。
病院の検査はいつもドキドキですsad

最近本屋さんに行くとBL系は多いですが、
女の子同士の恋の話って結構少ないんですよね。
表現が過激なのは苦手だしsweat01
青い花は、本気も憧れも友情も、いろんな”好き”が出て来て、
女の子同士の恋愛に対する、女の子目線の「え!?」の感情もしっかりと登場です。
でも憎悪の念が出てこないのでゆったり読めますよ。
ケンカしてもちゃんと仲直り、、、私と違ってみんな大人ですcoldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1743168/54940092

この記事へのトラックバック一覧です: 志村貴子さん「青い花」全8巻一気読み☆今も私の一番です!(ネタバレ?):

« 国立新美術館の「文化庁メディア芸術祭」受賞作品展 | トップページ | 鎌倉文学館☆青い花の聖地巡礼(1)〜藤が谷女学院 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ