« 続・ムスメがくれた謎の(失礼な)マッサージ券 | トップページ | 横浜美術館前の謎の箱 »

2013年11月 9日 (土)

とある電車での背筋が凍る出来事(ホラーじゃないですよ)

金曜日の夜、22時頃の帰宅電車での出来事です。
お化けとかの話じゃなく、生身の人間の話。
でも、こっちの方がある意味怖いかも。。。

話を戻すと、金曜の遅い時間だったので、電車は結構混んでいて
私はドア近くの吊り革につかまって立ってました。
あ〜、今週もキツかったぁ、って思いながら。。。

で、私の隣、ドアの横には若い男女が。
女性は20代な感じのとても可愛らしい方。
男性は30代前後な感じで優しく紳士な感じの方。
ちょっとお酒も入っているのか大きめの声だったので、私にも聞こえてきます。
会話から察するに、

・二人は同じ職場(会社?)の先輩・後輩で、男性はその娘の事が好き。
・で、食事に誘って、初めて二人で仕事帰りにおデート。
・女の子もまんざらでは無いらしい。

という、Boy meets Girl的な微笑ましい光景。
ちょっと羨ましいぞー。
私から見てもいい感じなので、このまま付き合っちゃう?

この娘の降りる駅が私と同じらしく、
駅が近づいてくると、別れを惜しむ会話に。

Girl「今日はごちそうさまでした。とっても楽しかった♪また誘ってくださいよぉ」
  (満面の笑みで、ちょっと腕とかタッチ)
Boy「えー、社交辞令じゃないの?」
  (といいつつ、とっても嬉しそう)
Girl「ひどーい!本気で言ってるんですからね。約束ですよ!」
  (ちょっとほっぺた膨らませて)

書いてて恥ずかしくなってきた。。。でも実話。
マンガみたいだけど、実話。
いいな、いいな、いいなー!!

で、駅に着いて、私もその娘も電車を降り、
女の子はドアが閉まるまで笑顔でお見送り。

というすっごい羨ましい話でした、おしまい、、、じゃなくて、

★★ 怖いのは、ここから ★★

私は電車から降りた際に、手に持ってた本をうっかり落としてしまい、
それを屈んで拾っている時、
私の背後から、去り行く電車の音の中でもはっきり聞こえる声が。

「あー、うざい! 身の程知れ、ばーか!」

。。。?? あれ、空耳? 聞き間違え?
でも、最後尾の車両なので、私たち二人しかいないし。。。
。。。あまりのショックに、怖くて振り返れませんでした。

あー、電車に残ったあの男の子は週末夢見心地なんだろうなぁ。
きっとまた誘うんだろうなぁ。
でも、女の子忙しくて予定合わないんだろうなぁ(永遠に)。

とっても可愛くて、とっても感じの良い笑顔で、礼儀正しくて。。。
あれだけ演技出来るの、ある意味素晴らしい才能の持ち主。
私、男の子に生まれて来なくて良かった。
だって、絶対ダマされる自信ありますもん、この娘の笑顔にorz

駅からの帰り道、中島みゆきさんの「ファイト!」歌いました。
あの男の子の分も、歌ってあげました。


Fight


« 続・ムスメがくれた謎の(失礼な)マッサージ券 | トップページ | 横浜美術館前の謎の箱 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おー、怖っ!
ブルブル。
そして、中島みゆきを歌ってあげたMugpyさんに
パチパチ。
ナイスな選曲。
しかも、画像付き。
お見事。

う〜(゚ー゚;  ひ、酷い!

そんなにイヤなら、社交辞令でも、
付き合わなきゃいいのに・・って思ってしまいます(ブー)

ある意味、その女の子もかわいそう・・

こんにちは~
この間はポチッとありがとうございます!
何だか本当に怖い話しですネ・・・・・・coldsweats01
そんなに嫌なら一度でも行かなきゃイイのに。
男性の方はこの後ルンルンだっただろうが、
それだけに気の毒ですネ・・・・・・
見ないフリ、聞かなかったフリ・・・・・sweat01

◆千代紙さん
そう、怖かったです、、、目が合ったらどうしようって思って振り返れませんでした。
気弱な自分に”ファイト!”です。。。

◆Yukoさん
ほんと、酷いですよねー!
男性がとってもいい人っぽかったので、私も余計悲しかった。。。
でも完璧に演じきる彼女の精神力、別の方向に活かせたらきっと素晴らしいんでしょう。

◆シオヨンさん
車内ではどこか痒くなってくるぐらいいい雰囲気だったんですよぉ。。。
帰ってオットに話したら、
その男の子も一時だけでもいい夢見れたから、いいんじゃない?、って。
うーん、だったら私にも夢見させろ!(と心の中でつぶやきを)。

うわわわ、ほんとホラーよりコワいsweat02
こういうこと現実にあるんですね・・・?
「ファイト」を歌ってあげた優しいMugpyさんにじーんとしましたcatface

◆ukiさん
私もここまで凄いのは初遭遇。ほんとドラマみたいでした。
何か駅からの帰り道、とっても切ない気持ちになっちゃいました。。。
でも、彼の熱意で自分の過ちに気付き、二人は、、、マンガの読み過ぎですね(^_^;)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1743168/53876552

この記事へのトラックバック一覧です: とある電車での背筋が凍る出来事(ホラーじゃないですよ):

« 続・ムスメがくれた謎の(失礼な)マッサージ券 | トップページ | 横浜美術館前の謎の箱 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ