« 「マジメすぎて、苦しい人たち −私も、適応障害かもしれない」読了◆いろいろ考えさせられます | トップページ | 人を伸ばす力 〜内発と自律のすすめ〜◆良い本でしたが... »

2013年8月26日 (月)

劇場版でも泣いてしまうんだろうなぁ◆「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」

映画館に行ったら、思わぬ出会いが。
「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」が映画になるんですね。


Anohana2


「あの花」は、もう2年以上も前に深夜に放送されたアニメ作品。
すっごく懐かしかったので、昨日全11話を通しで見てしまいました(^_^;)
泣けます、、、今まで数えきれないくらい見ましたが、何度でも泣けます。


Anohana1


幼馴染みの6人、宿海仁太、本間芽衣子、安城鳴子、松雪集、鶴見知利子、久川鉄道は、
芽衣子(めんま)の事故死をきっかけに、疎遠になって行ってしまったが、
高校生になった仁太(じんたん)の元に突然芽衣子の幽霊が現れ、「お願いを叶えて欲しい」と。
そこから、芽衣子の死で止まってしまっていた5人の時計が動き始め、絆を取り戻して行く。

という話(ざっくりしすぎ^_^;)ですが、
死してなお友を思いやり続ける芽衣子(めんま)の優しさが、堪らないです。
最終話で明かされる彼女の”願い事”が胸を打ちます。

それぞれ個性豊かな面々ですが、私は安城鳴子(あなる)が好き♪
見た目と裏腹に純真で、感情丸出しですが素直で、こんな人と友達になりたいなあ。
戸松遥さんの声もとても良く合ってますね。

出演女性三人の本間芽衣子(茅野愛衣さん)、安城鳴子(戸松遥さん)、鶴見知利子(早見沙織さん)の
歌うエンディング曲「Secret base 〜君がくれたもの〜」もやっぱり素敵。
映画で変わってしまったらちょっと残念。

劇場版「あの花」は、8月31日公開。
単なる編集版? それとも新しいバージョン?
あえてネットで前情報見ずに臨みたいと思います。
今週末が楽しみ♪


Anohana3


« 「マジメすぎて、苦しい人たち −私も、適応障害かもしれない」読了◆いろいろ考えさせられます | トップページ | 人を伸ばす力 〜内発と自律のすすめ〜◆良い本でしたが... »

アニメ」カテゴリの記事

コメント

私もこの前映画館でパンフレットもらってきました!(笑)
アニメは軽く見始めたまま最後まで見てしまったのですが、
懐かしいけど本当に切なく思ったのを覚えています。
もう、最後のかくれんぼの場面が……!
何でめんまは死んでるんだろう?生きててほしかったなと思わずにはいられませんでした。

映画公開、私も楽しみです(。・w・。 )

めんまちゃん、可愛いです♪
私も彼女にずっといて欲しかったけど、彼女の
”生まれ変わって皆と一緒にいるためにお別れする”という気持ち、
切なくて、温かくて。。。あ〜、また涙が。
今週末、一緒に映画見に行こうねって、ムスメと約束しました。
ムスメもめんまちゃんが大好きのようです。

今朝めざましテレビで紹介されてて興味津々です!
やっぱり大人も楽しめる(泣ける)アニメなんですね。
1人で見に行ってこようかなあ(* ̄ー ̄*)

え~、めざましテレビで紹介してたんですか、、、見逃してしまった。
幼馴染み6人の細やかな感情表現が見事ですが、
その子達の親の想いも、心に染みるものがあります。
テレビ放送素晴らしかったので、映画も期待大!です♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1743168/53036684

この記事へのトラックバック一覧です: 劇場版でも泣いてしまうんだろうなぁ◆「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」:

« 「マジメすぎて、苦しい人たち −私も、適応障害かもしれない」読了◆いろいろ考えさせられます | トップページ | 人を伸ばす力 〜内発と自律のすすめ〜◆良い本でしたが... »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ