« フェイジョアの花が満開 | トップページ | 横浜に見る、日本の中のアメリカ »

2013年6月 7日 (金)

数奇な運命を辿った横浜の根岸森林公園☆きれいな芝生と素敵な滑り台♪

横浜を代表する広大な公園「根岸森林公園」。
四季を通じて多くの方で賑わってます。


Negishiw1


元々は、1866年に日本初の洋式競馬場「横浜競馬場」として作られ、
戦前には天皇賞や皐月賞も開催されていたそうです。
戦後は米軍に接収され、米軍専用のゴルフ場に。
日本に返還後、1977年に根岸森林公園として開園。
今も、公園を周回する楕円形の歩道は競馬場、芝生広場はゴルフ場だった当時の面影が残っています。


Negishiw2


Negishiw3


芝生広場は家族からカップルまで幅広い人々の憩いの場所。

公園の中には、日本中央競馬会の運営する「馬の博物館」があります。


Negishiw4


博物館の敷地には、幻の馬「トキノミノル」の像が。
50年以上前に10戦10勝の成績を残し、破傷風で世を去った馬だそう。
すごいですね。


Negishiw5


ポニーセンターでは、日によって子供が引き馬や乗馬の体験をする事が出来ます。


Negishiw6


こんなかわいいお馬さん(ロバさん?)が。


Negishiw7


米軍敷地を挟んだ先に、根岸森林公園のもう一つの顔があります。
それが、横浜競馬場時代の名残の施設、アメリカ人モーガンの設計による「一等馬見所」。
昭和5年に作られた物で、シンメトリーの美しいデザイン。
今は柵に覆われ、中に入る事は出来ません。


Negishiw8


横から見ると、メインスタンドだった面影が垣間見えます。
歴史的に価値のある建築物ですが、隣が米軍施設なので、取り扱いが難しいんでしょうね。。。


Negishiw9


当時の写真が、敷地に展示されています。


Negishiw10


根岸森林公園は子供が遊ぶ遊具がほとんどありませんが、この周辺にいくつか設置されています。
その一つが、一等馬見所の前にある滑り台。
丘陵の斜面に沿って作られていて、上からも下からも素晴らしい眺め。
新旧不思議なコントラスト。
娘によると、普通の滑り台よりよく滑るとの事。
(表面に細かい凹凸がつけられています)


Negishiw11


根岸森林公園は、とにかく広大。
桜の名所としても有名。
駐車場は2ヶ所あり、第1駐車場は目の前がレストハウス。
ポニーセンターや一等馬見所へは第2駐車場からが近いです。

戦前から数奇な運命をたどってきた場所。
隣の米軍施設も含め、色々と考えさせられる場所でもあります。


« フェイジョアの花が満開 | トップページ | 横浜に見る、日本の中のアメリカ »

子供がよろこぶ施設・公園」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1743168/51951925

この記事へのトラックバック一覧です: 数奇な運命を辿った横浜の根岸森林公園☆きれいな芝生と素敵な滑り台♪:

« フェイジョアの花が満開 | トップページ | 横浜に見る、日本の中のアメリカ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ