« ヒラリーさんも宇宙に憧れた☆ロマン溢れる三鷹の国立天文台が素敵♪ | トップページ | 早春の神代植物公園☆梅が咲き始めました »

2013年2月12日 (火)

夜の虹は神様との約束:水樹和佳子「月虹」

月虹(moonbow)。
月の光で現れる虹。
ハワイのマウイ島やヨセミテ国立公園で見られるらしく、
マウイ島では「見た人に幸せが訪れる」という言い伝えがあるそうです。
私は残念ながらまだ見た事が有りません。

水樹和佳子さんの漫画「月虹」。
時は2072年。
地球の2/3が砂漠化してしまい、地球規模での核戦争の危機に瀕する時代の話。


Rainbow


この物語では、
「月虹は、二度と人類を滅ぼさないという神の約束」
と語られ、残念ながら世界が全面核戦争に入ってしまった時、
「今度は人間が神に約束するのかもしれない」
と。

今日、北朝鮮の核実験が報じられていました。
人類は一体何時になったら核兵器の呪縛から抜け出せるのでしょう。。。
この本の中で、
「核戦争を始めないために核兵器を作った!」
という少年の言葉に、別の少年が、
「いつか使うために、いつか始めるために作った」
と笑いながら否定する場面が。
今日はこの言葉に何か背筋が寒くなってきます。

「月虹」は「ぶーけ」という少女漫画雑誌(Cookieの前身)に連載され、
1982年に前後編の2分冊で刊行されました(当時は、水樹和佳さん)。
今も購入する事が出来ます。
ソ連と西側の冷戦構造など時代背景は古い部分が有りますが、
物語の本質は30年を経た今も全く色あせていません。
ご興味の有る方は是非。


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜


今日の言葉

nuclear deterrent 核抑止力
shrug off 〜を無視する

今日は多くの海外メディアも北朝鮮の核実験を報じていました。
核の抑止力とは一体何なんでしょうね。。。


« ヒラリーさんも宇宙に憧れた☆ロマン溢れる三鷹の国立天文台が素敵♪ | トップページ | 早春の神代植物公園☆梅が咲き始めました »

まんが」カテゴリの記事

コメント

本題とは関係ないのですが、ぶ~け、懐かしいです。リアルタイムで読んでいました。松苗あけみ、吉野朔美、倉持知子、「マーガレット」からやってきた岩舘真理子などなど。もういちど読み直したくなってきました。

あ〜、皆さん懐かしい方々。大好きでした♪
特に吉野朔実さんの「少年は荒野をめざす」に入れ込んだ時期が。。。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1743168/49363924

この記事へのトラックバック一覧です: 夜の虹は神様との約束:水樹和佳子「月虹」:

« ヒラリーさんも宇宙に憧れた☆ロマン溢れる三鷹の国立天文台が素敵♪ | トップページ | 早春の神代植物公園☆梅が咲き始めました »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ