« 付録が話題の「なかよし3月号」を買ってみました | トップページ | 熱川温泉と言えばワニ。でも今回は「玉翠」の話 »

2013年2月25日 (月)

イランイランの木

神代植物公園の温室の中にイランイラン(YLANG YLANG)の木がありました。
初めて見ましたが、こんな木。


1


香料は花から採れます(残念ながら花は咲いてませんでした)。
イランイランという言葉はフィリピンのタガログ語で「花の中の花」由来だそうです。
シャネルのNo.5やジパンシーのアマリージュにも使われているんですね。

というわけで今晩は寝る前にイランイランの精油を焚いてみました。
甘いエキゾチックな香りで、男女のロマンチックな効果が良く取り上げられますが、
リラックス、抗うつ効果もあるそうで、我が家は残念ながら?後者の目的で。


Ylang


香りが強いので、アロマポットに2〜3滴ほどで部屋に香りが広がります。
インドネシアではイランイランの花を新婚さんのベッドの上にまく習慣があると。

で、効果はというと、残念ながら安眠出来ませんでした。。。
次の日が”憂鬱な月曜日”だからかなぁ(^-^;)


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜


今日の言葉

manic  躁病の, 熱狂的な

バングルス(The Bangles)の1986年の大ヒット曲「マニック・マンデー(Manic Monday)」。
ビルボードで2位まで上がりました。
スザンナ・ホフス(Susanna Hoffs)は今年で54歳ですが、相変わらずの美魔女ぶり。可愛い♪


Bangles


Manic Mondayは直訳だと「躁状態の月曜日」ですが、訳詞はいつも「憂鬱な月曜日」。
何ででしょ??
でも、歌詞はその通り、女性が「あ〜月曜日は憂鬱だぁ・・・」と嘆きながら仕事に行く内容。

It's just another manic Monday.
I wish it were Sunday.
'Cause that's my funday.
My I don't have to runday.

あー、わかるわー。

« 付録が話題の「なかよし3月号」を買ってみました | トップページ | 熱川温泉と言えばワニ。でも今回は「玉翠」の話 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

おお、バングルス!思い出させてくださってありがとうございます(o^-^o)。よく聴いてました。「胸いっぱいの愛」も大好きでした。一度聴くとスザンナのあの独特のかわいい声が耳から離れなくなるんですよ~。

YouTubeにManic MondayのAcoustic versionがアップされてますが、凄い素敵です♪
スザンナは見た目も声も、一体何歳なんだろう。。。と思ってしまうくらい若々しいです。
(むしろ今の方がキレイかも・・・)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1743168/49655804

この記事へのトラックバック一覧です: イランイランの木:

« 付録が話題の「なかよし3月号」を買ってみました | トップページ | 熱川温泉と言えばワニ。でも今回は「玉翠」の話 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ