2017年11月12日 (日)

コマツシンヤさん「午后のあくび」★大切な人に贈りたくなる本


街の木々も紅葉し始め
すっかり晩秋という感じになってきましたね。


体調まだ万全ではないけど、
ようやく本を読めるようになってきて、
まずは待ち焦がれたこの本を。

コマツシンヤさんの「午后のあくび」

いかにもコマツシンヤさん、な
透き通る青のカバーイラストが素敵shine

Pict10


白玉町という小さな街に住む、
ひび野あわこさん。
彼女の穏やかで、
でもちょっと不思議だったりワクワクする日常が
詰め込まれた短編集。
ゆったりとした心地よい時間に
思わずあくびが出てしまうような、
そんなお話。


コマツシンヤさんのお話は、
いつも優しい気持ちにさせてくれます。
そして少しノスタルジックな気持ちにも。

大切な人に贈りたくなる、
そんな素敵な一冊ですconfident

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村


2017年9月29日 (金)

冬川智子さん「深夜0時にこんばんは」 : 人生にはいつもラジオがいる


今日はすっきり晴れて、
月がきれいに見える。
秋の夜長、って感じになってきましたね。


さてラジオにまつわる話が続いたので、
もう一つ漫画のご紹介。

冬川智子さんの「深夜0時にこんばんは」

です。

Radio



「波よ聞いてくれ」や「満ちても欠けても」は
ラジオの作り手側のお話ですが、
「深夜0時にこんばんは」は、
ラジオのリスナーのお話。


深夜0時から始まる、
御手洗真の「ミネラルラジオ」
その番組の三人のリスナーを描いた作品。

好きな人を想い涙するイラストレーターの女の子だったり、
クラスメイトの女子に夢中な中学生の男の子だったり、
自分の存在意義に悩みため息をつく主婦だったり、

色々な場所で、
色々な事情を抱えた、
色々な人が、
同じ深夜ラジオに、
癒されたり、背中を押されたり、
悲しい現実を突きつけられたり。


今の季節の深夜に
ちょうど良い、雰囲気のある作品。

ラジオって、
特に深夜に流れる番組って、
ながら聴きしながらでも、
不思議と心に入ってくる瞬間がある。
ましてやそれが生放送であれば、
目の前で語りかけてくれているような感覚になる時がある。
深夜のファミレスで友達とたわいない話をしているような。
それは大人になった今でも、
私の中では変わっていない気がします。
どうしても寝付けない夜は、
スマホやテレビではなく、
私はやっぱりラジオを最初につけてしまうものconfident

 

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村


2017年9月27日 (水)

水谷フーカさん「満ちても欠けても」 : ラジオを愛する人へ


沙村広明さんの「波よ聞いてくれ」を読んでて
ラジオを舞台にした漫画を思い浮かべたら、
最初に浮かんだのが、

水谷フーカさんの「満ちても欠けても」

こちらは、東京にある
AMラジオのラジオ雛菊を舞台にした作品。

Pict10


表紙を飾るMidnight MoonのDJ、
局アナの天羽日向さんをはじめ、
ディレクターの伊庭さん、
ADの蒲田くん、
放送作家の中村くん、
ミキサーの牛塚さん
局長の綾部さん、、、

ラジオに関わり、ラジオを愛する人たちの
想いを綴った物語。
水谷フーカさんの多くの作品の中で、
私が最も水谷フーカさんらしさを感じる物語heart
私もラジオで育った子なので、
いっぱい聞いたAMの深夜番組を思い出しましたhappy01

「波よ聞いてくれ」の
刹那的な生々しさも好きですが、
「満ちても欠けても」 の
ふわっとした優しさも大好きですconfident

各話の最後に、登場人物が
「ラジオ、好きですか?」
という問いかけに答えますが、
私がもし聞かれたら、
「はい、一生の親友です!」
って答えたいな。

 

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村


2017年9月24日 (日)

「私の少年」17話「ラジオ」 : 真修と菜緒ちゃんの青春も


毎月25日発売の月刊アクション、
明日だー!って思い込んでたら、
昨日の土曜日発売。
危なかったぁcoldsweats02
高野さん、ツイートしてくれてありがとうshine

というわけで、
無事入手した月刊アクション11月号、

高野ひと深さんの
「私の少年」17話 ”ラジオ”

お、私の少年もラジオだhappy01
やっぱり秋の夜長は深夜ラジオですよね。

Pict10


真修と聡子さんのやり取りも大好きですが、
真修と菜緒ちゃんの会話も、
中学生らしくてとってもカワイイheart
思わずはにかんでしまうような17話confident

それにしても、
高野ひと深さんの、
真修の表情の気合の入り方、
今回も必見だわ。
あ、これもH澤さんの厳しいチェック入りか!?

 

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村


2017年9月22日 (金)

「波よ聞いてくれ」4巻 : 釧路のスパカツって?


先週末は
30℃超える真夏の暑さだったのに、
今日は夜になって20℃下回る涼しさ。
気温の変化に追ていけてない。。。


さて、今日は

沙村広明さんの「波よ聞いてくれ」4巻

発売。
今回は、釧路です。
いや、釧路が舞台なわけじゃなく、
やたらと釧路ネタが多かった。
幣舞橋、スパカツ、、、ダメだ知らないcoldsweats02

Pict10


釧路は学生の頃、一度だけ行ったことがあります。
夕方?海から霧が押し寄せてきて、
あっという間に街が全く見通せなくなって、
それが数時間でさっと引いていく様が、
すごく記憶に残ってます。

さて、
北海道のFM局・藻岩山ラジオを舞台にした、
新人&素人パーソナリティ、鼓田ミナレさんの暴走記
今回はついに、オカルト路線脱して、
恋愛大盛りで。
でも、5巻はまた変わるんだろうなぁcoldsweats01
そのスピード感が好きなんですけどね。

そして、ミナレという名前の由来が明らかに!
アイヌ語で「笑う」という意味の「ミナ」からきていると。
なんとそんな!と思ってたら、
1巻のインタビューで沙村さんが明快に語ってましたsweat02
あ〜〜

 

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村


2017年9月16日 (土)

「エウレカセブン ハイエボリューション1」見てきました : リメイクって難しい。。。


今日封切りになった

「エウレカセブン ハイエボリューション1」

日付変わった瞬間、速攻予約して
初回のセンター席で見てきました。
TVシリーズの世界観やキャラクター大好きで、
まさか12年後にリメイクされるなんて
嬉しすぎhappy01

で、見た感想ですが、
さすがに公開初日にネタバレもなんなので
全体の印象としては、

やっぱりリメイクって難しい

TVシリーズのイメージ崩さないで、
でも新作部分も織り交ぜて、
新たな構成も試みて。
苦心してるのとても伝わってくるけど、

もっとシンプルでよかったんじゃね?

ていうのが私の感想。
悪くなかったけど、
展開がめまぐるしくて、
見終わった後ぐったり。
こんなに疲れたアニメ久しぶりだわcoldsweats02

元々のTVシリースのクオリティ(特に前半)が
とっても良かったので、
作り直したり、加えた部分と
ほんとうまくつなぎ合わせて活かしてますが
それがかえって足かせになってて

ここまでやるなら全て作り直せば...

と思ったりもcoldsweats01
うーん、TVシリーズ見てなかった人がついてくのは
結構しんどいような気がする。

エンドロールの後に、
予想通り「2」の予告編がありましたが、
こちらはかなり新作っぽい。

アネモネ、可愛いheart


にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村


2017年9月15日 (金)

弥生美術館の「命短し恋せよ乙女」 : マツオヒロミさんの大正浪漫に包まれて


根津にある弥生美術館で開催中の


「命短し恋せよ乙女」
〜マツオヒロミ × 大正恋愛事件簿〜

に行ってきました。

Pict10


大正時代の恋愛スキャンダルについて
当時の報道記事や、小説の展示、
そして、大正浪漫に満ち溢れた
マツオヒロミさんの作品展示。
企画展のイメージイラストは、
マツオヒロミさんによる、
作家・田村俊子のイメージ画。
マツオさんの作品は、本当にいつも美しく、

清楚と妖艶さが混在する独特な世界

”浪漫”という言葉がぴったりな感じがします。

Pict11


マツオヒロミさんの漫画
「百貨店ワルツ」の副読本と
通称「下着本」をお土産に購入。
どちらもとっても素敵です!

Pict12


「命短し恋せよ乙女」は、
9月24日(土)まで。
そして、次の企画展は

「はいからさんが通る」展
〜大正♡乙女らいふ×大和和紀ワールド!〜

です。
こちらも楽しみ♪

弥生美術館は、
東大の弥生門の斜め前。
弥生土器ってこの辺りで発見されたんですよね。
少し歩けば不忍池。
根津や谷中に向かえば、
古い街並み。
これから涼しくなる季節、
散歩がとっても楽しい街ですconfident

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村


2017年9月13日 (水)

それは愚者の選択なのか? : 「魔法使いの嫁」8巻


テレビアニメ放送も間近に迫った

ヤマザキコレさんの「魔法使いの嫁」

気がつけばもう8巻。

Pict10


選ばれし力を持つ人間の女の子・チセと
人ならざるもの・エリアスとの恋物語は、
8巻にして大展開。
呪いを取り込んでしまったチセを救うため
エリアスがとった行動は、
愚者の行いなのか?
正しき道なのか?

いや、もし前者なら
チセの実直な性格からいって
もうこの物語、詰んじゃうんですけどねcoldsweats01

8巻読んでて、
何か読みやすいなぁ
って思って、
以前の1、2巻あたりを眺めていたら、

印刷が濃くなって
台詞のフォントが大きくなってる

そういう変化で
随分と印象が変わるものなんですねconfident

TVアニメのキャストに
私の大好きなリャナン・シーが載っていないcoldsweats02
楽しみにしてたのにweep

 

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村

2017年9月10日 (日)

子育てあるある大全! 吉川景都さん「子育てビフォアアフター」


Twitterでいつも楽しませていただいている、

吉川景都さんの「子育てビフォアアフター」

が単行本になりましたgood

Pict10


吉川景都さんが
えっちゃんを産んでから2年半の間、
産前と産後、
赤ちゃんから2歳半の子供へと、
そのビフォア・アフターの心境や心情、
行動や環境の変化を描いた作品。
笑いあり、涙あり、
そして子育てした身として、
本当に”あるある”な感じでhappy01

吉川さんが書かれた、

劇的な変化ではなく、
ゆっくりと変わった日々が
気づけば違う景色になっていた

ほんと、自分自身も思う返すとそんな感じだし、
多分、これからも
子供と見る景色が少しづつ変わっていくのだとconfident

吉川景都さんの「猫とふたりの鎌倉手帖」も
大好きですが、
同じ作家さんが書かれた作品と思えないくらい
雰囲気も描画も全然違ってて、
この描き分けはすごいです!


にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村


2017年9月 4日 (月)

丸紅茜さん「上海は月の影」 : ひとり旅の素敵が溢れる本


8月のコミティア行けなくて、
でもどうしても読みたくて、
先日ようやく池袋のジュンク堂で入手!

丸紅茜さんの「上海は月の影」

ありがとうジュンク堂weep

Pict1_2


今回は、
皆既日食を見るための上海一人旅のお話。
皆既日食、2009年でしたね。
読んでいて思い出しました、
何処も結構天気悪くて見えなかったんですよね。。。

丸紅さんの絵もお話も大好き。
優しく、心に沁みてくる。
自分は、今はもう
ひとり旅する機会は無くなってしまったけど、
ああ、ひとり旅って
不安もいっぱいあるけど、
身軽でワクワクもいっぱいあったなぁconfident
って懐かしさが蘇ってくる、
そんな素敵な作品でした。

次回作の予告イラスト?も超絶可愛くて、
次こそは何としてもコミティアへ行こうrock


あ、「上海は月の影」は
今alice booksでも通販してるそうです。
ジュンク堂池袋本店のコミティア委託本コーナーにも
まだ在庫ありました♪

 

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村


«最近のコミックスの買い方

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ