2017年12月10日 (日)

「たとえとどかぬ糸だとしても」2巻★好きな人に必要とされる事


最近めっきり寒くなって、
朝起きるのが辛いですが、
冬は色々重ね着したりアレンジしやすくて、
街の女の子たちの服装も、
冬の方が個性が出てる感じがして私は好きheart

今夜も暖かい部屋で
のんびり好きな漫画を。

tMnRさんの「たとえとどかぬ糸だとしても」2巻

半年ぶりの新刊ようやく読めた。

Pict11


高校生のウタちゃんが好きになったのは
幼馴染で、実の兄のお嫁さんの瑠璃さん。
というGL本ですが、
決して届くことにない糸に絡みとられ、
本心を表に出せなくなってしまったウタちゃんに
転機が訪れ、な2巻ですが、
とにかく今回もカバーイラストがとっても美しかった。
川谷康久さんのデザインも相変わらずな素晴らしさshine

人を好きになるという事は、
その人が自分の人生に必要となる事。
そして、
好きな人に必要とされる事は、
人生に輝きをもたらしてくれる。

それは、恋人でも、家族でも
友人でも、
きっとクリエーターとファンでも、
同じなんだろうなぁ、と
思ってみたりした2巻でしたconfident

 

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村


2017年12月 7日 (木)

田村茜さん「モブ子の恋」★人生は誰もが主役


モブキャラ
mob character
英語にすると、あまり良い響きではないですね。

背景に描かれる、名もなき人々。
そんな目立たない一人の女の子に焦点を当て
彼女の恋を描いた

田村茜さんの「モブ子の恋」

優しい、優しいお話です。

Pict14


地味で大人しく目立つのが大の苦手な
大学生の女の子・田中信子さん。
自らをモブキャラ認定している彼女が恋したのは、
バイト仲間の入江くん。
周囲の目を過剰に気にして、
何事も消極的にネガティブに考えてしまう彼女は、
入江くんと、
他のバイト仲間たちに支えられて、
”脇役”から”主役”へと少しづつ変わっていく。

当たり前のことだけど、
どんな人でも、
その人の人生の中では自分が主役。
他人がどう思おうと自分が主役。
そしてそれを認めてくれる人が必ず居る。

「モブ子の恋」は、
信子ちゃんだけでなく、
彼女の周囲の人が、
信子ちゃんの考えをとても尊重していて
優しい、優しい気持ちになれる。


前作「たそがれメモランダム」から
だいぶ時間が空いてしまったけど
やはり田村茜さんの作品は、温かくていいなぁconfident

 

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村


2017年12月 5日 (火)

市川春子イラストレーションブック「愛の仮晶」★溜息出るほど全てが美しい


昨晩はスーパームーン。
大きさはいつもとあまり変わらない感じでしたが、
とにかく明るかった。
あんな明るい月、初めてかも。


で、今宵は、

市川春子イラストレーションブック「愛の仮晶」

を堪能。
ページをめくる度に溜息が出るほど、
どれも美しい。
カバーイラストはキラキラですshine

Pict10


今回も、市川春子さんが、
装丁/構成/デザインの全てを自ら行われ、
細部まで凝りまくり。
カバーを外すと出てくる絵も、
ああ、なるほど、、、と♪

宝石の国だけでなく、
昔の作品も満載。
そして、何と、
全ての作品に市川春子さんのコメントがhappy01
「読まなくても一向に構わない」
とクールに書かれてましたが、
もちろん全て熟読ですheart

フォス、可愛いなぁconfident

 

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村


2017年12月 3日 (日)

「大上さん、だだ漏れです。」★大上さんの可愛らしさが大好き!


すっごく久しぶりの
コミックの感想。
最近一番楽しめた作品、


吉田丸 悠さんの「大上さん、だだ漏れです。」2巻

この本、大好きなんですよ。
大上さんの可愛らしさが、
ほんと凄いheart

Pict10


触れた相手が、つい本音を話してしまう
特異体質の高校生、柳沼くん。
そんな彼を好きになってしまった
同級生の妄想少女、大上さん。
普通に健全(ちょっと妄想過多)な
大上さんのリビドーは、
今日もうっかり柳沼くんに漏れてしまい。。。


オビのコピーやカバー裏面の解説が、
めっちゃエッチな漫画に煽ってますが、
内容はいたって健全な青春コメディ。
(エッチなシーンなど全く出てこないcoldsweats01


純粋な故に妄想に走ってしまい、
挙げ句の果てに、
アクシデントで柳沼くんに触れて
過剰妄想を口にしてしまう大上さんと、
パニくる大上さんを全て受け流す柳沼くんの
二人がとっても爽やかで可愛いんですよhappy01
そして、柳沼くんの無実を晴らすため、
自ら彼を掴んで、
心の内をだだ漏れさせる大上さんが
とってもいい子なんですよconfident


3巻は来年4月発売。
楽しみです!


にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村


2017年12月 2日 (土)

国立新美術館の「新海誠展」へ


国立新美術館で開催中の

「新海誠展」

へ行ってきました。
昨年までメディア芸術祭受賞作品展が
ここで開催されたり、
「君の名は。」にも
国立新美術館のカフェが登場したりと、
新海誠さんにとって何かと縁の深い場所。

Pict11


デビュー作の「ほしのこえ」から
「君の名は。」まで、
全作品(CM作品も含む)の
絵コンテや美術や作品映像が展示されていて、
「新海誠展」というより
「新海誠作品展」と行った感じ。


新海さんが手書きされた
「君の名は。」の企画書も展示されてますが、
印象的な作中の鍵となる設定は
最初の構想段階からもう出来上がってたんだなぁ、って
感動ですshine

パンフレットのデザインも、
入場カードも(カフェにさりげなく瀧くんと奥寺先輩♪)
図録も、みんな素敵good
なのですが、図録のサイズが横長の変形サイズで
これはどうやって保存したらいいのだろうcoldsweats01

Pict10


懐かしい美術館の”糸守”の展示シーンも再現。

Pict12


「君の名は。」も
「言の葉の庭」も
「秒速5センチメートル」も
全部見返したくなってきたconfident

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村


2017年11月26日 (日)

山下公園通りのイチョウ並木


気が付けばもう12月も間近。
山下公園通りのイチョウも
見頃を過ぎてだいぶ散り始めていました。

Pict11


日本大通りの神奈川県庁前のイチョウは
ちょうど良い感じ♪

Pict10


紅葉の時期って、
毎年見当付けるのが難しいですね。。。
特にイチョウはすぐ散ってしまうし。

街のイルミネーションが始まって、
Xmas気分が段々と漂い始め。
ああ、あっという間に年賀状書く時期だcoldsweats02

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村

2017年11月12日 (日)

コマツシンヤさん「午后のあくび」★大切な人に贈りたくなる本


街の木々も紅葉し始め
すっかり晩秋という感じになってきましたね。


体調まだ万全ではないけど、
ようやく本を読めるようになってきて、
まずは待ち焦がれたこの本を。

コマツシンヤさんの「午后のあくび」

いかにもコマツシンヤさん、な
透き通る青のカバーイラストが素敵shine

Pict10


白玉町という小さな街に住む、
ひび野あわこさん。
彼女の穏やかで、
でもちょっと不思議だったりワクワクする日常が
詰め込まれた短編集。
ゆったりとした心地よい時間に
思わずあくびが出てしまうような、
そんなお話。


コマツシンヤさんのお話は、
いつも優しい気持ちにさせてくれます。
そして少しノスタルジックな気持ちにも。

大切な人に贈りたくなる、
そんな素敵な一冊ですconfident

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村


2017年9月29日 (金)

冬川智子さん「深夜0時にこんばんは」 : 人生にはいつもラジオがいる


今日はすっきり晴れて、
月がきれいに見える。
秋の夜長、って感じになってきましたね。


さてラジオにまつわる話が続いたので、
もう一つ漫画のご紹介。

冬川智子さんの「深夜0時にこんばんは」

です。

Radio



「波よ聞いてくれ」や「満ちても欠けても」は
ラジオの作り手側のお話ですが、
「深夜0時にこんばんは」は、
ラジオのリスナーのお話。


深夜0時から始まる、
御手洗真の「ミネラルラジオ」
その番組の三人のリスナーを描いた作品。

好きな人を想い涙するイラストレーターの女の子だったり、
クラスメイトの女子に夢中な中学生の男の子だったり、
自分の存在意義に悩みため息をつく主婦だったり、

色々な場所で、
色々な事情を抱えた、
色々な人が、
同じ深夜ラジオに、
癒されたり、背中を押されたり、
悲しい現実を突きつけられたり。


今の季節の深夜に
ちょうど良い、雰囲気のある作品。

ラジオって、
特に深夜に流れる番組って、
ながら聴きしながらでも、
不思議と心に入ってくる瞬間がある。
ましてやそれが生放送であれば、
目の前で語りかけてくれているような感覚になる時がある。
深夜のファミレスで友達とたわいない話をしているような。
それは大人になった今でも、
私の中では変わっていない気がします。
どうしても寝付けない夜は、
スマホやテレビではなく、
私はやっぱりラジオを最初につけてしまうものconfident

 

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村


2017年9月27日 (水)

水谷フーカさん「満ちても欠けても」 : ラジオを愛する人へ


沙村広明さんの「波よ聞いてくれ」を読んでて
ラジオを舞台にした漫画を思い浮かべたら、
最初に浮かんだのが、

水谷フーカさんの「満ちても欠けても」

こちらは、東京にある
AMラジオのラジオ雛菊を舞台にした作品。

Pict10


表紙を飾るMidnight MoonのDJ、
局アナの天羽日向さんをはじめ、
ディレクターの伊庭さん、
ADの蒲田くん、
放送作家の中村くん、
ミキサーの牛塚さん
局長の綾部さん、、、

ラジオに関わり、ラジオを愛する人たちの
想いを綴った物語。
水谷フーカさんの多くの作品の中で、
私が最も水谷フーカさんらしさを感じる物語heart
私もラジオで育った子なので、
いっぱい聞いたAMの深夜番組を思い出しましたhappy01

「波よ聞いてくれ」の
刹那的な生々しさも好きですが、
「満ちても欠けても」 の
ふわっとした優しさも大好きですconfident

各話の最後に、登場人物が
「ラジオ、好きですか?」
という問いかけに答えますが、
私がもし聞かれたら、
「はい、一生の親友です!」
って答えたいな。

 

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村


2017年9月24日 (日)

「私の少年」17話「ラジオ」 : 真修と菜緒ちゃんの青春も


毎月25日発売の月刊アクション、
明日だー!って思い込んでたら、
昨日の土曜日発売。
危なかったぁcoldsweats02
高野さん、ツイートしてくれてありがとうshine

というわけで、
無事入手した月刊アクション11月号、

高野ひと深さんの
「私の少年」17話 ”ラジオ”

お、私の少年もラジオだhappy01
やっぱり秋の夜長は深夜ラジオですよね。

Pict10


真修と聡子さんのやり取りも大好きですが、
真修と菜緒ちゃんの会話も、
中学生らしくてとってもカワイイheart
思わずはにかんでしまうような17話confident

それにしても、
高野ひと深さんの、
真修の表情の気合の入り方、
今回も必見だわ。
あ、これもH澤さんの厳しいチェック入りか!?

 

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村


«「波よ聞いてくれ」4巻 : 釧路のスパカツって?

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ